*All archives* |  *Admin*

投機と投資
トレードは“投資”ではなく“投機”です。
反対売買を前提としたポジションのホールドは例外なく“投機”です。
つまり先物、FX、信用取引で差益を狙った取引は100%投機行動ですね。
個別株でも買ってから最終的に売ることを目的とした場合は投機であり、その株を持つこと自体が目的ならば投資でしょう。

投機というとギャンブルのように聞こえますが、事実ギャンブルという見方もできますね。
ただ確率論を味方にしていれば優位性のあるギャンブルです。
何の戦略もなくスリルや楽しみを求めるのならただの丁半博打。

このブログは投資でなく投機についての記事を書いていますし、読者も投資でなく投機を勉強しようとしている方が大半だと思います。

私は初心者の頃は投資と投機の区別が曖昧でした。
差益を狙っているのに「この会社は四季報で連続最高益だから」といって下落してもそのまま。
その時は全くの初心者で損切りすらまともに知りませんでした。(その次から株式投資はあっさりやめて損切りを徹底した投機に目覚めましたが)

投機としてトレードをやっている以上、ポジションに愛着を持ってしまってはいけません。
切るべき場面はばっさり切る。見切りをつける。
例えば株なら特定の会社に愛着を持ってはいけませんし、通貨ならスワップの魅力的な通貨に愛着を持ってはいけません。
チャート、つまり現在とこれまでの需給がどうなのかで売買判断せねばならず、目的も唯一利益を出すことのみです。

何年か前に朝のニュース番組を見ていたら、当時上場したばかりのfacebookのIPO後に株価が下落したことに対し投資家が情報開示が不充分だったとして損害賠償を求めたニュースを聞いた大物芸能人の某司会者が「株は企業を応援するために買うもんでしょ。それで利益を出そうなんてとんでもない」と批判しましたが、それこそとんでもない。
配当金目当てだろうが売却益目当てだろうか大多数の投資家・トレーダーにとっては最終的には利益が目的に決まっています。

綺麗事を抜きにして利益の追求のみを目的とし、投機と投資を混同してはいけません。


何か参考になれば応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


日経225先物 ブログランキングへ
トレードとブログ
今はインターネットでブログを簡単に始めることができます。
私も最初今までやったことのない事であるブログにチャレンジしようとした時とても新鮮な気持ちだった記憶がありますが、いざやってみるとトントン拍子で筆が進んだのを覚えています。
もともと文を書くのが嫌いではなくチャートを見るのも好きだったし、ネットで簡単にブログを作成できる環境が整っていたのでサクサク進みました。

トレード日誌はあくまで自分が読むためのものですが、ブログをつけると不特定多数の人に読まれることが前提となるので、トレード日誌よりも他人にも伝わりやすい文章を心がけることになります。
学んだことをアウトプットするためにもブログを書くのは有益だと思います。
トレード記録に限らず、トレードをしていて日々感じたこと、学んだこと、反省、心理状態など書き留めるのもいいでしょう。
トレードとブログの相性は良いと思います。


ここからは話が少し逸れますが、私の場合今でも売買記録を書き続けている理由の1つは、トレーダーが最初一番興味が湧くのは「どこでエントリーしてどんな手仕舞いをしているか」ということなので、私のブログを偶然に見つけた読者が読み続けるきっかけになれば、ということで今でも書いています。
本当に読者に伝えたいことは別なのですけどね。
私も初心者の頃、他のトレーダーのブログ、サイトなどを読んで
「このブログは有益な事がいっぱい書いてあるな~。で、結局あなたはどこでエントリーしてどこで手仕舞いしてどれくらい儲けてるの??」
という疑問が湧いたものです。
しかしそんなことどうでもいいと思う時期が来ます。
私としては売買記録の内容が読者の役に立つとは殆ど思いません。
せいぜいトレードプランから仕掛けまで工程の一例程度となるに過ぎません。

私のブログで最終的に一番読者に伝えたい事は「自分で統計を取り検証する事」です。
他人はどこでエントリーしてるの?どこでイグジットしてるの?利率は?ロットは?上がる銘柄は?一番機能する移動平均線は?テクニカルは?何分足が一番いいの?
そのようなことを気にしている段階では初心者のレベルを永遠に抜け出せません。

そもそもネット上の世界はその気になれば商材などを売るため平気で嘘を書き続けることもできます。
情報を鵜呑みにすること自体非常に危険です。
実際価格が動いた軌跡である過去のチャートという最高の教科書はチャート再生ソフトや多くの証券会社のチャートツールでみんな公平に見ることができるのですから、何が正しいか間違っているのか自分で検証できるようにしなければなりません。

また、自分のやり方をブログで晒してデメリットは無いのか?という疑問が湧きそうですが、私は“他人の裁量トレードは決して完璧に真似できない”と考えています。
仮に“こうやれば儲かる!”という方法が不特定多数の人に流出しても、儲かる方法は通常の人間には実行が非常に難しいため、その情報で損する人>得する人の図式になります。
トレード手法なんて期待値がプラスであればなんでもいいのです。
それを実行する人間のメンタルが非常に大切で、大多数の人間は期待値がプラスの手法を使い続けることは心折れてしまうのです
そもそもトレードの利益は誰かの損で成り立っていますので確実に儲かる方法など存在しないのです。

私のブログは相場に真剣に取り組む人の役に立ちたいと考え記事を書いていますが、実際に役に立つのは100人に1人、いや、1000人に1人かもしれません。
非情に聞こえるかもしれませんが、他のどんな有益な情報もそうだと思います。
生兵法大怪我のもととは言いますが、余所で見た情報を参考にしようと思った99%のトレーダーはこうなるのではないでしょうか?
「ふむふむ、良いこと知ったぜ」→「全然勝てねーな」→「やっぱあんなの読んで真に受けるんじゃなかった」→「もうトレードなんてやめよう。やるんじゃなかった・・・」
・・・残念ながらこれが現実だと思います。

大多数のトレーダーは努力(努力という言葉は好きではありませんが敢えてこう書きます)をせず少しでも楽にてっとり早く儲けようとしていることでしょう。
私のブログの内容は相場に対して真剣に取り組む100人に1人~1000人の1人のトレーダ-の役に立てればよいなと思っています。

何か参考にしていただければ応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


日経225先物 ブログランキングへ
プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
苗木育成
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク