*All archives* |  *Admin*

2/29
数年前の相場日誌を読み返してみると見送ったポイントが利益になったがゆえに「ここはエントリーすべきだった」という反省や、ロスカットになったがゆえに「ここは見送るべきだった」といった反省がなんと多い事でしょうか。

例えばルール上はエントリーしてもいいポイントだが「上昇がかなり長くなっている。いくらなんでもそろそろ調整入りする可能性が高そうなので買わず様子見だ」などと考え見送ったら大きく上昇したので「やっぱり上昇トレンドが実際に転換するまでは転換を恐れず仕掛け続けるべきだった」と反省し、ルール通りのポイントでエントリーしたのにロスカットになったがゆえに「上昇時間が長すぎたのでそろそろ調整する可能性も考えると見送るべきだった」といったチグハグな反省だらけです。

エントリーして順行すれば正解、ロスカットになれば失敗、
見送って順行すれば失敗、逆行すれば正解
このような図式になってしまっています。
しかし未来を予知する能力が無い限り常に正解を選ぶことは不可能です。

頭ではロスカットは避けられない事をわかっているのに実際はいつの間にか損失を避けようと行動しているのです。
こうなると損失=悪という図式が頭にインプットされてしまい常に疑心暗鬼となりトレードがぶれ、正しい位置でエントリーをすることができなくなります。

どうにもならない反省をずっと繰り返し、いつか技術や分析力が上がればかなりの確率で正解を出すことが出来ると思っていたのですが、結局無理だ!・・・ということがわかりました。

「負けをできるだけ避けて勝ちを拾う」という発想から「負けの中から勝ちを拾う」という発想に切り替わってから、トレード日誌には前述したような反省はすっかりなくなりました。

ルール通りならばどんなエントリーも正解。
勝っても負けても正解。
細則に従い見送ったのならばその後どんなに思惑通りの方向に行っても正解。
イグジットの判断が裏目ってもルール通りなら正解。
期待値がプラスのルールならばトータルで利益が残ります。

毎回勝とうとしないで勝ったり負けたりを繰り返しながら取れるとこだけ取れればいいと理解するとトレードに疑心暗鬼になる事もなくなりました。
負けるのが当たり前だから損失を恐れなくても良いからです。
皮肉にも損失を過度に排除しようとしていた時よりも損失を受け入れた状態の方が精神的にも安定するのだから不思議です。


いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


FXトレード日記 ブログランキングへ


スポンサーリンク

聖杯探しは一度しておいた方が良い?
自分のルールを固めている時期に、日々のチャートを印刷しエントリーポイントを書き込むエントリーポイント集を作ると、自分のルールに基づく仕掛けのポイントを一目で再確認できます。
文章だけでルール化したものを図で視覚的に認識できます。
今はチャートを一目見ればポイントがすぐわかるのでエントリーポイント集は作っていませんが、以前は分厚い冊子になるまでチャートを印刷し、徹底的にチャートにポイントや相場状況のメモなど書き込みまくっていました。
こういう時期に行った作業も今の糧となっていると思います。

しかし間違った作り方、活用の仕方をしていた時期があったので、私の失敗談を交えて記事を書いてみたいと思います。

まだろくに統計取りをしていなかった時期にこれを作っていた頃は、“利益になる理想的なエントリーポイント”のみを書き込んでいたのです。
“エントリーの条件を満たしているが損失になるポイント”は、背景の相場環境をメモし、そのようなポイントではエントリーするのは注意すべきであると考えていたのです。

しかし相場環境はどうであろうと勝つ時は勝つ、負ける時は負けるのです。
相場環境がいかにどちらかに有利であろうと利益を多く求めるほど負ける確率は上がるのです。
リターンと勝率は反比例するのですね。

さすがに100%勝つことはできないと理解はしていましたが、80%くらいは勝ちたい、あるいは引き分けかちょい勝ちにしたいと考えていました。
つまりマイナスになるトレードは20%以下にしようとしていたのです。
損を大きく、利を小さくするのならそれでいいのですが、小さな損で利益を大きく取りたいのに80%勝ちたいと思っていたことが大間違いでした。

結果、常に理想的なエントリーポイントを目指してエントリーするのですが、とても勝率8割に届きません。
当たり前です。
損小利大で勝率を80%以上に持っていくには予め損失になる場面を予知し回避できなければ不可能だからです。
そしてエントリーポイント集も負けを回避することを前提に作ってあるのですから無理もありません。

負けた場面を徹底的に反省し、次は同じような場面ではエントリーしないと考えます。
しかし今度は見送った時に限って順行するようになり「くそっ!なんでエントリーしなかったんだ!」と苦痛を伴います。
焦燥、怒りなど負の感情も湧いてきて負のスパイラルです。

しかし、今は無理でも技術が身につけば殆ど勝ちトレードのみを選定できるのではないか?と信じていました。
100%は無理でも8割方勝つポイントを選定できるようになるのでは?と考えていました。

今思えば相当ドツボに嵌っているのですが、こういう経験があったからこそ「聖杯は無い!マジで無理!!」と心の底から受け入れることができました。
それ以降、ただマシーンのように自分のルールに淡々と従うだけ、1回1回の結果はどうでもいいと考えるようになりました。

エントリーポイント集を作る時は勝ち負け含めて全部記載する必要があります。
理想的なエントリーポイント集を作ってはいけません。
理想的なトレードを求めるといつの間にか聖杯探しをしています。

しかし、トレードで“聖杯探しはしてはいけない”と言われますが、私は“絶対に聖杯はない!”ということを徹底的に思い知らされ、心の底から受け入れるためには必要なプロセスだと考えています
こういうプロセスを歩んでいないと、いずれ躓いた時に聖杯探しをしてしまいかねません。

何回か挫折を味わった方が成長できると思いますし、私自身もこういう無駄な努力をしていたことも貴重な経験だったと今では思います。
トレードを学習しておく上において無駄と思えることも決して無駄にはなりません。


スポンサーリンク

灯台下暗し?答えは既に知っている
様々な手法に乗り換えてはあれもダメ、これもダメ。
絶対に勝てる方法を探し回っているうちはこのような事を繰り返します。
ノウハウジプシーとなり、気がついたら手法の評論家になっています。
あれはダメだとか使えないとか、そのようなことばかり言うようになります。

しかし・・・実は答えはそこら中に転がっています。
書籍どころか無料で閲覧できるネットにもそこら中に書いてあります。

「損は小さく、利は伸ばせ」
「ロスカットは必要経費」


こんなに重大なヒントが最初からそこら中に書いてあったと気づくのは、どうやっても“毎回勝てる方法”、“負けない方法”、“精神的に楽で安全な方法”というのは見つからないし探しても無駄だという事を徹底的に思い知らされた時です。

「なんてこった・・・答えは最初から知っていた・・・」
・・・ということになります。

「ロスカットを受け入れ、利益>損失の構図になりさえすればいいんだ・・・」
・・・と至極単純な事にも気づきます。
結局「毎回勝ちたい。できるだけ負けたくない」「できるだけ精神的に楽なトレードがしたい」といったような自分の心の問題だったのです。

頭で理解していることと心の底から受け入れ実践できるという事は雲泥の差があります。
人間はある程度実際に痛い目に合わないと理解できないのです。

初心者向けの株の本に書いてあるようなメチャクチャ単純なノウハウや、「使えねえ・・・」と思っていた詐欺同然の商材の手法も「損小利大」の要素を加え改良するだけで、トータルで利益が残る手法となる可能性だって大いにあります。

ただ損小利大は精神的に実行するのが難しいのですね。
含み益を削ることが半端なく多く、利を伸ばそうとするほど勝率も低くなります。
ロスカットも普通の人にとっては苦痛となるのでなるべく避けようとします。
しかし普通の人に実行が難しいことほど優位性が大きかったりするのです。

トータルで負けるのは多くの場合、「持っていれば伸びた玉を早めに利確してしまう」、「損切りの価格に到達したのに損切り出来ない」などと、勝手にトレーダーが原因を作っていることが多いのです。
マーケットがトレーダーに悪さをしようとしているのではありません。
確かにマーケットは参加者皆が他者からお金を奪おうとしている戦場ですが、マーケットそのものはいたって気まぐれに動いているだけです。
上がるか下がるかだけの世界ですので手数料やスプレッドを別とすれば極めて中立です。

ネット、書籍、商材など様々な情報が玉石混合で存在しているとはいえ、重要なヒント、答えも実はそこら中に転がっています。
「毎月必ず勝てる必勝法!」「勝率90%以上!」「片手間に楽にトレードできる方法!」・・・というような甘く囁くような情報もあるのですが、しかし本当に大切な情報も実はそこら中にあったりするのです。
トレードがうまくいかないのならば何に問題があるのか?
それは意外にシンプルな答えです。


スポンサーリンク

トレードでドツボに嵌ってしまう状況と、それを抜け出したきっかけ
利食いに一歩届かず元の価格に戻ってしまったが故に、
「欲張り過ぎた。もう少し下の抵抗で利食いしておくべきだった」とか、
利食いしてから急激に更に思惑通りの方向に飛んだので、
「利食いが早すぎた。我慢してもっと伸ばすべきだった」とか、
ロスカットになった後に思惑通りの方向に行ったので、
「ストップをもっと広くしておくべきだった」とか、
見送ったポイントが思惑通りに進んだので、
「やっぱりここはエントリーするべきポイントだった」とか、
横這いや含み損に我慢できずに撤退した後思惑通りの方向に順行した時に、
「やっぱりここは撤退するべきじゃなかった」とか、
エントリー後に損切りになったがゆえに、
「ここはやはり見送るべきだった。あるいは早めに逃げておくべきだった」とか、
このような反省はしたことはないでしょうか?

確率論を受け入れていなかった頃、どうやっても完璧なトレードをすることなど不可能であるという摂理を心の底から受け入れていなかった頃、私はしょっちゅうこのような反省をしていました。
こういう時期は自分ではルールを定めてトレードしているつもりでも、実はしっかり定まってなかったりするのです。
さすがに損切りや仕掛ける相場環境のルールは決まっていましたが、実際のところエントリーは殆ど感覚、イグジットも殆ど感覚・・・
そして毎回このような未来を予知することでしか改善することができない反省をしながら、完璧なトレードルールを作り上げようとしています。
ルールに従ってトレードしているのではなく、トレードしながら完璧に機能するルールを作ろうとしているのですが、これはプロセスが逆ですし、そもそも完璧なルールなどありません。

以前は「裁量トレードなんだからシステムトレードのようにプログラム化できず売買の統計・データを取るのは無理だし意味はない。それよりも感覚や相場観を身につけることで利益を出すことができるようになるんだ」と考えていました。
この考えは確かに正しい側面もあるのですが、それでは感覚や相場観で、常に高確率で正解を出すことができるのでしょうか?
よく書いていますが、株価は常に参加者を惑わす動きをし、金銭の上下が感情をトレードにとって悪い方向へと揺さぶります
トレードなんて上がるか下がるかの非常に単純なゲームなのにもかかわらず参加者の9割が負けるようにできているのは感情・本能に影響されるからであり、感情・本能を根性や努力で克服することはできないと以前の記事でも述べました。
それに、そもそも事前に株価の未来を知る方法はありません。

毎回良い位置でエントリー、イグジットすることは出来ません。
しかし技術がつき相場を見る目を養えば大半のトレードを裁量判断でうまくこなすことができるのではないかと考えていました。
熟練者は裁量で見事なポイントでエントリーし、適切なポイントでイグジットしていくものだと思っていました。
自分も限りなくそうなることを、高みを目指そうと思っていました。
常に正解を探しており、100点満点は無理でも80点~90点くらいの高得点は目指さなければならないと。

しかし、これは完全にドツボに嵌ってしまっています。
本人は技術を身につけよう、相場を見る目を養おうと、正しい努力をしているつもりですので、なおさら誤りに気づきにくいのです。

最終的に思い知らされることは、どんなに足掻いても株価の先はわからない。
毎回適切な位置で入り、適切な手仕舞いすることなど絶対にできないと気づいてからは、ただ確率を味方につけ期待値の高いルールで淡々とこなしていくしかないのだと理解しました。

ドツボに嵌っていた時期は殆どを裁量判断、つまり感覚に頼ったトレードをしており、自分のトレードの期待値を理解していませんでした。
むしろ技術・感覚で期待値をプラスにさせなければならないと勘違いしていました。
しかし期待値は実際にトレードをする前に知っておかなければならない事なのです。

自分のトレードの期待値を把握できていないから完璧を求めようとしてしまう。
1回1回のトレード結果に固執する。
どうにもならないような反省を繰り返す。

技術や感覚でどうにか高確率で正解を出すことができるようにしなければならないと勘違いしていましたが、そうではなかったのです。
もう一度一からルールを再考し、期待値がプラスになりそうなルールを予め考えておき、統計を取ってみれば、毎回正解しなくても、間違えが多々あっても利益が残るのだと納得しました。
間違いを避けるために散々どうにもならない反省を繰り返すくらいなら「こんなもんでいい」と割り切り、多くを求めなくなります。
取れるとこだけ取れればいいと考えます。

条件が揃えば淡々と仕掛け、根拠なくスルーしない。
手が合わなければ何もせず、1週間でも1か月でも見送りで構わない。
1回1回の結果に意味はなく気にしない。

こうなればトレードは単なる確率のゲーム、作業に過ぎなくなります。

過去に、熟練のトレーダーは正解を選ぶ能力に長けていると思っていました。
中にはそのような天才的なトレーダーも存在するのかもしれませんが、そんな特異な才能は自分には無いしどうやっても身につけることはできない・・・と開き直った自分は、ただ確率を味方につけトレードプランとルールに従い淡々とこなしていくだけです。
これを心の底から受け入れた時、出口のない迷路からやっと抜け出せたと思ってます。
ただし、知識・チャート分析力を身につけ、経験を積んだからこそ受け入れることが出来たのだと思います。
「技術や経験がなくてもルール通りにやっときゃOK!」というような単純な話ではありませんので、そこは誤解しないようにしてください。



スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク