*All archives* |  *Admin*

8/31
「負け=ダメという発想を捨てろ」と言われても大多数のトレーダーはそんなことができません。
なぜならば利を伸ばさず早く利食いしてしまうので、負けが多いとトータルでプラスにならないからです。
逆に言えば利を伸ばし損は小さくすれば負けが多くてもトータルで利益が残るのです。

しかし利を伸ばすことは人間の本能に逆らう行動なので普通の思考回路ではやり続けることができません。
なんとかできるだけ精神的に楽にできるような方法を探し求めます。
ですが相場で優位性を持つ方法に楽・安全という言葉はありません。
そんなものがあれば利益を出しているトレーダーは1割以下という構図にはならないはずです。
ちょっと考えればわかる事なのですが、トレードに苦しんでいるとつい目が曇ってしまいこのことに気付かないのです。
そして楽・安全を求めます。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

少ない試行回数の収益結果は気にしない
20~30回のトレードでプラスにしようと思わないで例えば200~300回と数多くのトレードでプラスにしようとする必要があります。
確率は大数の法則が働くまで試行しないと作用しないからです。

しかし多くのトレーダーは週単位や月単位でプラスに持っていこうとします。
試行回数でなく期間でプラスに持っていこうとすると思うようにいかず苦しみます。
例えば週3回のトレードで絶対にプラスに持っていこうとすると“負けられない戦い”となります。
“負けられない”という感情はロスカットをできなくさせる、またはエントリーを躊躇するといった行動につながりトレードに害悪をもたらします。

「月単位でプラスにできればそのトレーダーの実力が本物だ」というのは全くのデタラメです。
私は経験が浅かったとき月単位(回数も15~20回くらい)でプラスになったこともありましたがたまたま相場が良かっただけの話です。
もしそれで実力が本物ならばその後も順調にプラスになるはずですがそうではありませんでした。

「10連敗したらそのトレーダーの実力に問題がある」というのも全く的外れです。
特に低勝率の手法だと連敗が多く続くというのは統計を取ればわかると思いますが長い目で見ると充分起こりうることなのです。
高勝率でも連敗は当然起こります。

期待値がプラスのルールに従ったのなら別に10連敗したって全く構わないのです。
「負け=ダメなもの」という発想は完全に捨てなければなりません。
損失となったトレードに負のイメージを持っているうちは凡庸な思考を脱却できないのです。

確率論に従ってトレードするなら勝率100%でない限り負けは絶対に避けることができません。
そして確率は非常に数多くの試行回数がないと作用しないので個々のトレードに固執してはいけないのです。
数十回単位のトレード結果なんてプラスでもマイナスでもどうでもいいのです。
確率で考えるのなら最低でも数百回単位のトータルで考えるのです。



スポンサーリンク

8/29
トレードの精度を上げるということを勘違いしていた頃がありました。

ロスカットになったらエントリーする精度が悪かった。
良い位置で入れたら精度が良かった。

このように考えているうちは完全にドツボにハマっていました。

いつも書いているように利益になれば正しい、損失になれば悪いというものではありません。
期待値がプラスであるルールの違反さえしていなければ損失になっても全く問題ありません。
むしろ大正解のトレードです。
しかしロスカット=不正解と考えているとなんとかできるだけロスカットにならない位置でエントリーすることが正しいと勘違いします。
それが精度の高いトレードであると思い込むのです。

次の値動きを当てに行くという姿勢になってしまうとトレードは超絶困難なゲームとなります。
なぜならば先を読むということは不可能だからです。
ノイズの動きも考慮すると先なんて読めないのです。

精度の高いトレードとは利益・損失は関係なく、ルールに従い淡々と行うものだと考えています。
ルールに従い淡々とトレードしてもトータルで勝てないのならそもそもそのルールの期待値がマイナスなのでしょう。
勝ったり負けたりを繰り返してトータルで利益にすればそれでよいのですが、できるだけ毎回利食いになれば良いなという意味で精度を上げることを気にしている段階ではトレードは出口のない迷宮入りとなります。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

8/25
一貫性を持つとはうまくいかないトレードを受け入れることでもあります。
というのも、どんな相場環境にも適応できるという万能の手法は存在せず、得意不得意な場面が必ずあるからです。

手法が機能しない時期はどうしてもロスカットが頻発したりチャンスがなかったりしますが、一貫性を持って臨むならばそのようなうまくいかない時期も受け入れなくてはなりません。
どんな場面でも利益を上げたいと思うとあらゆる手法をその場その場で使い分ければよいと考えますが、そうなると非常に複雑となり迷いが頻発し、とてつもなく難易度が上がります。
複雑で難しい事をするよりは数少ないシンプルな戦略を淡々と繰り返した方が迷いはありません。

あらゆる動きを取ろうとせず自分の手法が得意とする場面だけ取れればよいのです。
そして手法が機能しないドローダウン時期はそれも含めてトレードだと受け入れなくてはなりません。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク