*All archives* |  *Admin*

1回1回のトレードを大事にしてはいけない
私がトレードで転機となったのは1回1回のトレードを大事にしなくなったことです。
それまでは一発必中で狙いすましここぞという時にエントリーしバッチリ利益を取るのが賢いトレードだという幻想を抱いていました。
しかしそれをするには値動きを当てなくてはなりません。
たまたま当たることはあります。
しかし当て続けることは不可能だと気付きました。

とことん高確率の場面を狙いすますということをやりだすとどうなるかというと、フィルターをどんどん重ね掛けし過剰となります。
エントリーしようか?いや、値幅が行き過ぎてるなとか、テクニカル指標は買われすぎてるなとか、日柄がどうだとか、他の足は逆を向いてるなとか、様々な理由をつけてやめておこうとなってしまいます。
試行回数は極端に減り、1回1回のトレードの重みが増します
それなりの収益を狙うにはロットも大きくせねばなりません。
負けを避けようとしトレードを躊躇する癖がつきます。
1回1回を大事に、丁寧に行こうと考えるので踏ん切りがつかなくなるのです。
たかがマウスをクリックするだけのことができなくなってしまいます。

仕掛けを躊躇してしまい利益を逃した時だけ「次からは躊躇しないようしっかり仕掛けなくてはならない」と反省するのですが、反省したところでまた同じことを繰り返し続けます。
高確率の箇所を狙いすましてロスカットになろうものなら重みを増したトレードの負けは精神的にもひどく堪え、「このような場面は次からは見送るべきだ」などとますますルールを厳しくします。
確率論でトレードをするのなら数多くの試行回数が必須なのに、試行回数を減らそうとする矛盾した行動をしてしまいます。

こうならないためには1回1回のトレードを大事に行こうとしないという事が重要です。
もちろん誤発注をしないよう注意を払ったりする上では大事にしなくてはなりません。
私が言いたいのは「個々の結果で勝つことが大事だとは考えるな」ということです。
トレードは数多くのトータルで考えるものであって、1回1回の価値は非常に薄いという事です。

トレードの価値を薄くするには数多くのトレードをこなすことが大切です。
もちろん闇雲にただ数多くのトレードをしても資金をあっという間に減らすだけなので、根本的に試行回数の多いシステムを作らなくてはなりません。
人によって相場を見ることのできる時間は違うので、年単位で勝ちを狙うなら年に400回~500回以上はエントリーできるシステムだとか、月単位で勝ちを狙うのなら月に400回~500回以上はエントリーできるシステムを作ろうだとか、スパンは自分に合ったものを作る必要があります。
ですが根本は同じで、確率がどの程度のスパンで働くのか把握したうえでルールを作るのです。
でないと本来は年単位でしか確率が働かないルールなのにたかが1週間の結果に固執していちいちルールを改正するなどという事になりかねません。
試行回数を考慮せず例えば「週に20pipsだけ確実に取ろう」などと考えるのは現実的ではないのです。
以前私は“トレード回数は少ない方が良い”と勘違いしていましたが、それは確率論でトレードしているつもりになっていただけの“当て物トレード”だったからです。

そもそも大事に行こうとしてしまう理由はいつも記事で書いているように“勝ちを都合よく拾わないとトータルで勝てないルール”で運用していることが原因だと思います。
期待値が正のシステムを構築し、繰り返せばトータルで勝てるルールを作り上げれば1回1回のトレードはどうでもよくなり別世界です。
マシーンのようにトレードの執行を繰り返す習慣がつき実際結果が伴ってくると、それまでのロスカットを恐れビビりマウスをクリックできないといった症状は起きなくなります。
ただし優位性のあるシステムというのは大衆が心理的に非常に実行しにくいものです。
買いたくないところで買わなくてはならない、利食いしたいところで利食いしてはならない、毎回含み益が帳消しになったり連敗で不遇の時期があったりなどでストレスが半端ないなどの理由で、頭でわかっていてもつい余計なことをしてしまうものです。
ですからただ「これを知ってただやるだけで儲かるんだ!」という魔法の法則ではありません。
その“ただやるだけ”が非常に困難なので…
ですが当て物をすることに比べたら圧倒的に再現性がありますし検証と訓練次第で実行できる可能性があるのです。
期待値が正のルールを作り、1回1回のトレードを大事にせずマシーンのように淡々と繰り返す…
この取り組みを始めて初めて土俵に立つことができます。



スポンサーリンク

4/27
米国株価指数CFDに強い動きが出てきました。
こういうチャートは私の手法では絶対に取りに行かなくてはならないチャートです。
例え何度ロスカットになろうがサインが出たらすべて仕掛けをしています。
USD/JPYも日足で見ると戻しの動きですが短期的には強い動きでメインの時間軸が上を向いたので今週の窓明け後は買いに方針転換しています。
株式も先週から持っていた銘柄を今週3度買い増し。
強めのトレンドは滅多に出るものではないのでこういう時にしっかり参加しなくてはいけません。
昔は変に普段見送り癖が付いてこういう時に参加できなかったりしましたが…
怖くて買えない、怖くて売れない時こそがチャンスです。
間違ってたらロスカットすればいいだけの話なので。

しかし長い目で見ると統計を取りルールを決めてもどうにもうまくいかないことが出てきます。
ですが期待値が正のシステムに基づくものならそれで全然OKなのです。
それをなんとかうまくやろうとするからトレードがどんどんおかしくなります。

トレイリングストップだとどうしても含み益がパーになるトレードが頻発する。
ターゲットイグジットだと利食いした後更にぶっ飛ぶことがある。
押し目を狙うと本当に強いときに乗れない。
ブレイクで仕掛けると本当に強いとき以外はロスカットになりまくる。
早い仕掛けだとダマシが多くなる。
遅い仕掛けだと収益が少なくなる。

色々あると思いますが、「そんなことは当たり前である」と肝に銘じておけばよいのです。
うまくいかないトレードが頻発してもトータルでどうなったかが大切なのであって、個々の結果にいちいち固執する必要はないのです。

私も結果を見ればアホとしか言いようのないトレードは山ほどあります。
なんでこんなにもったいないトレードを連発しているのかと思わず首をかしげたくなるトレードばかりです。
しかし長期的にこれを繰り返した方が期待値が高いと統計を取り理解しているのでアホだと思いつつも淡々と執行し続けているだけです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

4/25
昔は終わったチャートを見て「ただ素直に売っとけば儲かったチャートじゃないか!」と悔やむことがありました。
じゃあなぜ素直に売らなかったのか?
損失を恐れ避けようとしていたからです。

なぜ損失を避けようとしたのか?
それは常に素直に全部サイン通りの仕掛けをしたらトータルで勝てないからです。
損失に対する利食いが小さいからです。

だったら利を伸ばせばトータルで勝てるのか?と統計を取ってみました。
損小利大の手仕舞いをすることによりサイン通り機械的にすべて仕掛けをしてもトータルで儲かることがわかりました。

それ以降素直に仕掛けをすることができるようになりました。
仕掛けに躊躇したり不安を感じたり、勝つ場面だけを選定しようとしていたことが今となってはバカバカしいと思いますが、損失を避け確実を求めようとしていたころは深刻な問題でした。
しかしこの壁を乗り越えると仕掛けの前にあれこれ考えることはなくなりました。
マシーンのように淡々と売買することが大切で、余計な感情に流されることは優位性から遠ざかるのです。

終わったチャートを見て「単に勇気を出して前日高値超えで買えば儲かったじゃないか!」、「寄り付きで売るだけで大儲けだったじゃないか!」と不毛な反省を繰り返すのなら、とりあえずその条件で機械的に売買した場合の数百回分の統計を取ってみてください。
損小利大の手仕舞い方だと勝率は低くても大抵トータルで勝てますから。
結局どこで仕掛けをするかよりも手仕舞い方の方が遥かに重要度は高いということがわかります。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

4/24
朝チャートを見てみると売りポジを持っていたUSD/JPYが大きくギャップアップ。
久々にギャップでロスカットになりましたねえ。
一撃で損切り3回分の出費です。
株式は少し買い持ちがあったのでそれは含み益になりましたが為替のポジの方が比重が大きかったです。

ですがこれで「オーバーウィークは危険だ」と考えることもなく淡々と同じことをやり続けるのです。
たまにギャップでやられることもありますが裏を返せば長い目で見ればギャップでおいしい思いをすることもあるからです。
そもそも2015年に起きた急変動のスイスフランショックは仮に「オーバーナイトしない。重要指標発表前はポジションを閉じる」という対策をしていてもスイスフランを取引している限り防ぎようのないものでしたからね。
オーバーナイトやオーバーウィークが危険と考えるならば極端に言うとどこもポジションを持たないほうがいいという事にもなってしまいます。

問題なのは過剰なポジションでトレードを行うことです。
過剰なポジションでトレードしなければ急変動に巻き込まれても生き残れます。
急変動は指標発表時刻や週末以外にも起こる可能性はあるのです。
仮に今回のギャップで痛手となるような損失を出したのならそれは過度なリスクを取っていることが問題です。
利益を増幅させるには時間の経過が必要ですので順行したポジションは長く持っている方が有利です。
利が乗ったポジションは長くホールドし、損は素早く切ることが大切です。
たまにギャップやスリッページで大きくやられてもそれはたまたまであり、長期間トレードが継続できさえすれば期待値に収束されます。
もし雇用統計などの前にポジを閉じたりオーバーウィークしないのならその条件で統計を取り納得した上で判断すべきです。
そして確率を度外視した急変動がいつ何時起こるかわからない相場ですのでトレードが常に継続できるよう適切なポジションサイズでトレードを行うことが大切です。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク