*All archives* |  *Admin*

8/30
USD/JPYの売りポジ複数とEUR/USDの買いポジを持っていましたが昨日ドル安に傾いたことにより含み益が加速していました。
しかし今朝起きるとUSD/JPYの売りポジは急騰により全てトレイリングストップ。
途中仕掛けたものは全部トントンです。
統計を取っていなかった頃の自分ならば「なんで含み益が大きいときに利確しておかなかったんだ!」と反省したことでしょう。
しかし統計を取り自分の手仕舞い方はトータルで考えた時収益が大きいと納得しているので含み益がパーになろうと今後も同じことを繰り返します。
酷い、もったいないトレードだらけです。
ですがトータルで考えた時たまに来る大きい波が全てをひっくり返すことを理解しているからです。
毎回手堅く裁量判断で慎重に利益確定してはトータルで勝てないと検証して理解しているからです。
そもそも含み益が一番大きいときなどというのは後にならないとわかりません。
当たり前の事ですが、初心者の頃はわからないことをわかろうとしていました。

裏目ってもいい。間違ってもいい。これを心底理解すると別世界です。
もちろん連敗に耐え、含み益を毎回吹き飛ばし続ける酷いトレードを続けるのは非常に非常にやり難いことです。
自分で統計を取り納得していないと絶対に継続できません。
しかし正解を当てなくても値動きを一切予想しなくてもいいという意味では楽なのです。

ちなみにミサイル発射により円高に傾いたなどと言われていますがそれは後解釈であり本当の事はわかりません。
決算が良い結果でも織り込み済みで下落する株もあるように、本当の事は決してわからないのです。
ニュース等見なくても事象は全て即座にチャートに反映されますのでチャートさえ見ていれば十分であると私は考えています。
我々にニュースが届くよりも先にプロはそれを知ると思われますのでニュースを見てから対応しても間に合いません。
むしろニュースに振り回されると正常な判断ができなくなると考えています。
私のような弱小トレーダーにできることは資金管理ルールに則り余計な情報に振り回されず統計に従い粛々とルール通りのトレードを執行し続けることだけです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
8/28
トレードを上達させよう。
こう考えていた時期がありましたが、上達というものを勘違いしていました。
チャートを分析する目を養うとか、なるべく良い位置で入れるようにしたりとか、良い位置で利食いや撤退ができるようにするとか、このようなことができれば上達したと言えると考えていましたが、今思えば見当はずれです。
相場という不確実なものに対して正解を求めようとしているからです。

チャートをいくら分析できても直接利益には繋がりません。
以前私はチャート分析の力は確実についているという実感がありましたがどうも利益に結び付かない。
分析し、上昇相場だと判断して買う、下落相場だと判断して売る。これを繰り返しているのにどうも結果が思わしくない。
なぜならばせっかくのトレンド相場なのに玉の大半を薄利で利食いしているからです。
利益>損失の構図にならないのです。
ならば勝率を高めれば勝てると考えフィルターをあれこれ考えましたが、結局勝ちも逃すことになり結果は思わしくないままです。
勝ちを都合よく拾いロスカットを極力避ける、このように考えましたが何をどうしようと不可能でした。

良い位置で仕掛け、利食い、撤退なんていうものも、たまたまできることはあっても狙ってやるものではありません。
なぜならば事前に値動きはわからないからです。
もしうまくいってもそれはたまたまです。
それを再現し続けることは不可能です。

このように不確実な相場において正解を当てる精度を高めることがトレードの上達だと勘違いしていました。
実はそうではなかったのです。
正解を当てる必要もないしそんな技術もいりません。
必要なのは資金管理しながら、自分で検証した統計から導かれた売買ルールを忠実に繰り返す行動を取ることができるかという事です。
値動きを読む必要は全くありません。というか不可能です。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
リスクから逃れようとする見送り癖
「儲けることより損をしない事が重要である」と言われますが、私が解釈するにこれは「大損をしないこと」という意味であると今は考えています。
要するに資金さえあればトレードは継続できるのだから資金の大半を失うようなリスクは取るなという事です。
しかし、それを変にねじ曲げ「出来る限りリスクを取るな」という意味に解釈してしまうと見送り癖がついてしまいます。
見送り癖は一見慎重で手堅く見えますが、私の経験上これはポジポジ病と同じくらい厄介なものです。
「トレードしなければ損はしない」と自分に言い聞かせ、サインが出ても入らないのです。
実は単に損失に怯え、避けようとしているのを「トレードしなければ損をしない」と自分に言い聞かせサインが出ても見送ってしまうのは問題です。
これを繰り返すと期待値に収束されない可能性が高まります。
試行回数が減ると確率が働くのに余計に時間がかかってしまうという問題もあります。

大損を防ぐために逆指値できっちりロスカット注文を出しておくことは必須です。
しかしリターンを得るためにはリスクを取らなくてはいけません。
これをはき違えるとリスクなしにリターンを得ようとし、気が付けばトレードに確実を求めるようになります。
私は見送り癖をなくすのにはポジポジ病を治すよりも数十倍の時間がかかりました。
確率を働かせるには数多くのトレードをこなし回転数を上げなくてはなりませんが、見送り癖ゆえに確率が働かず、少数の結果に固執し一喜一憂したり毎回手法をいじったり散々でした。
リスクを取るからリターンが生まれるのです。
大きすぎるリスクを取るのは論外ですが、小さいリスクは確実に取り続ける必要があり逃れようとしてはなりません。
トレードとは常にリスクと向き合う行動です。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
8/23
勝てないと嘆く前にまずそもそも自分のルールが利益を出せるルールなのか。
これが非常に重要です。
勝てないと言っているトレーダーの大半は“正解を当てなくてはならないルール”でトレードしていると思います。
私も以前はそうでした。
そのままルール通りにやっても勝てないからテクニカル指標や支持抵抗線や日柄など様々な根拠を持ち出し、ロスカットを首尾良く避け、できるだけ勝ちを拾わなくてはトータルで勝てないのです。

しかし正解を当て続けるという事は不可能です。
テクニカル指標は所詮価格から算出された後付けのデータに過ぎず未来を予測することは絶対に不可能です。
支持抵抗線も価格が跳ね返った後にそこが支持抵抗線だったとわかりますが、事前にピンポイントで当てることはできません。
私もなんとかどこで反発するか支持抵抗線を当てる膨大な練習をしましたが結局不可能で、どこかを当てずにある程度価格の反発が確認できてから入ればいいと今では思っています。

当てなくては勝てないというのならばそもそもそのルールの期待値はマイナスなのです。
このまま正解を当てる途方もない訓練をし続けたいというのなら止めませんが、そのようなことが不可能だと気付いたのならば統計を取り期待値がプラスのルールを構築すべきです。
そんな魔法のような法則があるのか?と思うかもしれませんが、コツコツドカンの逆で絶え間なく退場し続けるトレーダーの逆の行動パターンをすればいいというシンプルなことです。

統計を取るときもいきなり勝てるルールを作ろうと考えだすとすぐ条件をあれこれ変えてしまいちっともまとまらないので、まずは期待値はどうでもいいと割り切ってデータを集めることです。
データを集めた後で仮に期待値がマイナスならばその逆の条件で検証してみるとか、イグジットでひたすら利益を伸ばす条件を付けくわえたらどうなるかなど様々いじくりまわせばよいのです。
確率が働くには最低でも数百回の試行回数が必要で、それとレンジ相場やトレンド相場などあらゆる相場環境を含めた期間で検証する必要があります。
1つの条件につき最低数百回。検証は超が何十回もつくほど退屈で面倒な作業です。
殆どのトレーダーは検証してたかが数十回の結果が悪かっただけで次の条件を探そうと目移りしてしまうと思うので、少数派に加わるには根気が必要です。


応援クリック数が下降気味です…
記事を更新するモチベーションになりますので下のバナー2つの応援クリックをお願いします。



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
8/21
以前は後からチャートを振り返って「ここは仕掛けなくてはならなかった」などと反省したりしていました。
なんで見送ったんだろう…勇気を出してクリックするべきだった…などと。
しかしそれは仕掛けていれば利益になるという事がわかっているから言える話です。
完全に後付けの反省です。
もし利益になっていなかったらそんな反省は思い浮かばなかったはずです。

こういう後付けの反省はトレードの害悪となるばかりです。
個々の結果論に振り回されているからです。
次からは仕掛けようと勇気を振り絞って次回仕掛けた時に限ってロスカットとなり、「何がいけなかったんだ?」などと更に不毛な反省を繰り返します。

何度も言うように個々のトレードの結果はランダムに等しいのです。
数百数千と試行回数が積もり重なって初めて確率と言うものが働きます。
数少ない標本のランダムな結果に振り回されて次からはああするべきこうするべきだのとトレード手法をいじくる。冷静に考えればいかに愚行であるかがわかると思いますが、身銭がかかっていると口座残高の減少に耐えられずどうしても短期的なスパンの視野しか持てず、個々の結果にとらわれてしまいます。
確率が働く前に手法をいじくったり諦めてしまったりするわけです。

個々のトレードで損失を出したり利益を逃したりしたから反省し手法を調整というのは確率論に基づきトレードするにあたっては大間違いであり、当て物としてトレードを捉えてしまっています。
値動きの先を当てる才能があればそれでよいのですけど、私はそれが不可能だと悟りました。
ですから先の値動きを一切予測せずに利益になるやり方が必要でした。
期待値が正のシステムというわけです。
土台となるシステムなしに直感で利益を出せる技術を身に着けようと日々不毛な反省をずっと繰り返してきたからこそ、そのような結論に行き着いたと言えます。
結果論に振り回されるトレードは本当に悲惨でした。
どうにもならないことをどうにかしようとするからです。
1か月後に身長を20㎝伸ばせというくらい無茶な事です。
そんな悲惨な私をどうにかなるようにしてくれたのがシステムというわけです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
負け・連敗=下手・技術がない…という先入観は捨てる
連敗というものは確率上どうしても起こるものであり、想定しておかなくてはなりません。
ところがそんな想定をせず勝つことしか考えていない。
だからいざ連敗するとメンタルを砕かれ手法を変更してしまいます。
連敗=下手という先入観は捨てる。これが私の転機となったきっかけの1つです。

ちなみに私は日々連敗まみれです。
以前は負け・連敗を避けるためにありとあらゆるフィルターをかけ分析マヒしていました。
とにかく負けを避けようと、負けるたびに次からこのような時は仕掛けをしないほうがいいんじゃないかなどと不毛な反省を繰り返し、結局週に1~2回トレードできればいいほど試行回数は激減しました。
週に1~2回のトレードで確実に勝ちを拾いたい。このように考えていましたが結局確実というものはありません。
とことん高確率を求め連敗しようものなら更に失望し、再び手法を練り直す有様です。
確率というものは数百数千と大量の数をこなさないと働かず、少ない数では意味を成しません。
ですが試行回数が少ないことにより少ない数の標本の結果に固執し、絶望するという悪循環です。

行き着いた結論は条件がそろえば構わず全部仕掛けをし、大半が負けようと残りを徹底的に伸ばせば結果は断然良いということです。
以前はどこで仕掛けるかにとことんこだわっていたのですが、大切なことはどこで手仕舞いするかということだったのです。
以前はトレンドフォロァーなのに手堅く利食いしてしまっていましたが、極端に言うとトレンドフォロァーの真髄は利食いしないことです。
損切りせずにナンピンし、壊滅的なダメージを被る行動の逆をすれば大半が負けようとトータルで浮くのです。

3連敗した、4連敗したというのは数多くの集団のほんの僅かにすぎず、限りなくどうでもいいことなのです。
期待値が正の行動を取り続けているのであれば連敗しても反省したり落ち込んだりする必要は全くなく、正しいトレードをした当然の結果です。
負け・連敗=下手・技術がない…というのは全くの誤りで、このような思い込みをしていると害悪になりかねません。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
8/17
ポジションを持ってからあれこれ考えることは害悪です。
ルールで決められたとおりに手仕舞いすればよいだけの話であり、それすら決まってないというのは論外です。
どうなったら損切りするのか、どうなったら利確するのか。
それはあらかじめ決められていることであり、他人が聞いても容易に理解できるものでなくてはなりません。
それを臨機応変にやろうとするから感情に振り回されトレードは難しくなるのです。
繰り返しますがポジションを持った後どうしようかあれこれ考えたり一喜一憂することは無意味どころか害悪なのです。

損切りの逆指値を入れずに手動で行うというのは論外です。
もしその時急変動が起きたらどうするのか全く危機意識がありません。
利確もうまく天井で利確してやろう、底で買い戻そうなどと考えるので難しくなります。
期待値が正の行動を淡々と続ければいい話であって、変にうまくやろうとするから裏目った時失望し、自分の判断が間違っていただのと反省します。
そして次からは繰り返さないようにしようと逆の行動をした結果、今度は更にそれが裏目り失望の連続です。

いつも書いていますが反省すべきなのはルール違反をしたとき。
損切りになろうと含み益を飛ばしてしまおうとルール通りならば正解のトレードであり、今後も同じことを続けるべきです。
損切りになったから、せっかくの含み益を飛ばしてしまったから自分がダメだっただのと振り返るのは典型的な泥沼パターンです。

統計を取り期待値が正のルールを作ること、資金管理しながらそれを感情に振り回されず淡々と行う。
重要なことはこの一言に尽きるのですが、統計を取らずに感覚や直感でどうにかなる、技術を身につければ勝てるようになると勘違いするので永遠に勝てるようにならず泥沼に嵌るのです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
2017年 夏の旅
8/3~8/5までは嫁さんの実家の母親、祖母、更に嫁さんの妹と旦那さんと合同で日高旅行に行っていました。
更に8/6~8/9は大学時代の仲間と旅行。
これは以前積丹半島でウニを食べたりしていた恒例の夏の豪遊ツアーです。
たまたま旅行が連チャンとなってしまいました。

今年はラーメンめぐりと行きました。(牡蠣も食べましたけど)

IMG_20170806_180518.jpg

IMG_20170806_185120.jpg

IMG_20170807_110658.jpg

IMG_20170807_133506.jpg
IMG_20170807_140229.jpg

IMG_20170809_110811.jpg

ストレス発散、リフレッシュできました。
しばらくブログ更新を休んでいましたがお盆を過ぎたらまたボチボチ更新していきます。
ブログを休んでいる最中にも関わらず応援クリックをしていただきました読者の皆様、ありがとうございます。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
8/2
トレードルールそのものは簡単で誰でも理解できるものが良い。
しかしそれを一貫して継続し続けることは非常に難しいです。
優位性のある手法とは精神的に非常にやり難く、途中で「もっと効率よいやり方が他にないだろうか?」と考えあれこれ試してしまいます。
連敗に耐えられず「もっとうまい方法は無いものか?」とか「ロスカットをできるだけ避ける方法はないか?」とか、誘惑が次々に降りかかります。
ですが損を排除しようとすると結局利益も同時に逃してしまいます。
リスクなしにリターンは無いのです。
予知能力でもない限り値動きの未来はわからず、ロスカットをできるだけ都合よく避け勝ちだけを拾うなんてことは不可能なのです。

トレードを継続することは難しいが乗り越えなくては土台に立てません。
だから私は常々最初は精神的に負担にならない小さいポジションでトレードすることを推奨しています。
20連敗しても毛ほどの悔しさも感じない。その程度のポジションでよいのです。
何百回も繰り返し、気が付いたら口座残高が増えている。これを実感し、体に刷り込むまでは小さいポジションで訓練するのです。
いきなり大きいポジションでトレードすると間違いなく継続できなくなります。
数回、数十回で嫌になり「他にもっといいやり方は無いものか?」と考えたり手法を修正したりするようでは話にならないのです。

一貫したトレードを続けるには勝率にもよりますが最低でも500回はトレードをこなしておきたいものです。
そもそもルールの期待値がマイナスなのは論外ですが、ルール通りにやろうとしてもつい余計な相場観で見送ったり衝動的なエントリーをしたりしてしまうと思います。
簡単なルールをただやり続けるということがいかに難しいのかがわかると思います。
しかしやりづらいという事は優位性がある可能性が高いのです。
心地よく儲かるトレードなんてものはありません。
優位性を得るには大衆とは真逆の道を進まねばなりません。




明日から一週間ほど旅行に行きますのでブログをお休みします。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
苗木育成
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク