*All archives* |  *Admin*

12/28 貴重な体験
ポジポジ病、イップス、オーバートレード、大抵の失敗をやらかしてきた私ですが、ロスカットを躊躇したりナンピンするといった失敗が偶然にもありませんでした。
用心深い性格が功を奏したのか「損切りしなかったら破産するかも」という思いが相場を始めて間もない頃にあったのでロスカットは常に逆指値で勝手に執行するようにしています。
ポジポジ病やイップスに苦しむ人の気持ちは痛いほど理解しているので立場に立って考え記事を書くことができますが、損切りができないという心理があまりわからないので記事では推測の元で書いています(笑)

ポジションが逆行しているのにナンピンするという心理もあまりよくわかりません。
ですが、先日貴重な(?)体験をしました。
土曜日だったでしょうか。午前中スーパーに買い出しに行ったら鯛のアラが売っていたので今晩は鯛飯にしようとしたのですよ。
鯛のアラを430円くらいで買ったわけです。
しかし買い忘れた調味料があったので、夕方もう一度スーパーに行きました。
すると同じ鯛のアラが80円引きくらいに値引きされていたんですね。
賞味期限も朝買ったのと同じなのに値引きされてなんか損した気分になりました。
そして私の取った行動がその値引きされたアラを買ってしまったんですよ。
冷凍してまた来週あたり鯛のアラで料理しようと思ったんですね。
値引きされているもんだから平均取得単価を安くしようと…
その時「あっ、これがナンピンしてしまう心理か!!」と思ったわけです(笑)
通貨や株式とスーパーの魚を同じ次元で考えるな!と思われそうですが、それでもトレードの失敗で苦しむ人の立場に立って記事を書こうとするとそれも貴重な経験かもしれません。

相場はもうすっかり年末モードですね。
もう動きが少ないだろうと思いつつもルールなので淡々と売買をこなしていたら昨日の朝チャートを見てみるとちょっとずつ買いの積み増しをしていた原油が高騰していました。
年末だからと言って見送っていたら逃していましたね。
というのも私のルールの統計は年末も含めて取っているので特にトレードできない理由がない限りトレードするようにしています。
ただこういう時期は流動性リスクが増える可能性があるので大きいポジションは持たないようにしないといけませんね。

今年の相場を振り返ると一番は米国株の圧倒的な強さでした。
こういうトレンドにしっかり乗るために日々細々とロスカットを繰り返しているといっても過言ではありません。
トレイリングストップになかなかかからない強さなので今も持ち続けています。
トレンドが崩れるまでは買い続ける単純な相場です。

優位性のある手法でも連敗が続くと大抵の人は投げ出してしまい別の手法を求めます。
連敗しようが悔しいトレードが続こうが手法を信頼し何事もなかったように淡々と継続する。これが手法をコロコロ変え相場に確実を求めるトレーダーと、自身の手法を構築したトレーダーの差の1つであると言えます。
以前の負けトレードを避けようとしていた私ならこんな単純な相場にも乗れなかったことでしょう。
ですが今年もしっかりトレンドを逃さぬよう淡々と仕掛けができたと思います。
もちろん反省すべき点のあるトレードもいくつか見受けられたので来年の糧としたいともいます。

明日で今年の相場も終了ですね。
年内のブログは終了します。
皆さま、良い年をお迎えください。


スポンサーリンク

12/26 些細な疑問は本当にどうでもいい事だったりする
業者によって為替のチャートは若干違ってきます。
例えばクリスマスの日に半日動いているのか、それとも1日中動かないのか。
それによって微妙にテクニカル指標のパラメーターも違ってきます。
また、グリニッジ標準時から何時間離れたチャートなのかでも差異が生じます。
これらはまだ微妙な差異ですが、例えば日経先物だと日中足を見るのか、ナイトも含めた日通しを見るのか、更に長い祝日も含めたCFDを見るのか。それによってチャートが変わってきます。

以前私はこのような微妙な違いが気になり「どれを見たらよいのか?」と考えていました。
しかし今となっては愚問だったと思います。
そんな細かいことはどうでもいい。
答えは単純であり、「統計を取った時のチャート」を見ればいいだけの話だからです。
日中足で統計を取ったのなら日中足を見ればいい。祝日も含めたCFDで統計を取ったのならそれを見ればいい。もっと言うとこのチャートでは利益になるが他のチャートでは全く通用しないというのは売買のロジックが何かおかしい可能性もあります。

期待値が正のルールを持たず裁量でうまくやること前提の売買ルールだった私はいつの間にか相場に確実を求め始め、様々な複雑な要素を取り入れていました。
あれもこれもと考えだすとトレードは複雑化し迷いが生じます。

時間軸もそうです。
どの時間軸が一番機能するだろうかと考えだしますが、答えはありません。
ある時は4時間足が機能しているし、ある時は1時間足が機能している。30分足がしっかり機能しているときもある。
どれが一番ということは無いのです。
それを、損失を少しでも減らすために臨機応変に複数の時間軸を複雑に分析しながらトレードしようとするとおかしくなってきます。
どんなに複雑化しても確実という事はありません。
それどころか複雑化して完璧に条件がそろったときに入ろうとしてもどこもエントリーできなくなり試行回数が激減します。
複数時間軸を見てトレードするにしても私は1つのルールにおいて2つ、どんなに多くても3つ見ておけば良いと考えています。
経験上4つも5つも見てもトレードを躊躇する原因を作ってしまうだけでメリットがないと考えているからです。

様々な要素を総合的に見て判断する。一見まともな考えに思えますが、相場というのは口座残高の増減が精神を激しく揺さぶるため、様々な要素を持ち出しても冷静に判断することができず自分の都合で考えだしてしまいます。
だからまずは単純にシステム通りきっちり売買できるようにすることが必要です。
様々な要素を複合的に考えるのは熟練者の域なのです。
私はまだトレード歴5~6年程度なのでお世辞にも熟練者とは言い難く、自分は冷静に判断することができないと自覚しているので今も非常にシンプルなルールで売買しており、裁量を持ち出すのも2~3割くらいといった感覚です。
それでも自分の感覚に合った売買ルールを構築できているので無理なく続けることができています。

シンプルに考え、損失は避けようとせずに積極的に受け入れる。
利を伸ばし損を小さくすればトータルで勝てる。
こんな単純な発想で勝つことができるのですが、散々難しく複雑にやってきてダメだった経験があるから行き着くことができました。
「技術がつけばうまく立ち回るやり方ができるはずだ」という幻想を抱いていたからです。
人間やはり痛い目を見ないと心底理解することができないのだなあと感じます。


スポンサーリンク

12/21 大きな影響を与えたバイブル
負けるたび、連敗するたびに反省し、次は同じことを繰り返さないようにする。
一見正しくみえるこのような思考回路は相場においては間違いです。
ルール違反は例外ですが、ルールに従っているのに負けたからと反省し次からは同じミスをしないようにと考えだすとしまいにはどこもエントリーできなくなります。
ミス=負けトレードと考えるからダメなのです。
値動きの未来がわからない以上、ミス=ルール違反であり、決して負けではないのです。
負けは避けようがないのですから。
連敗は確率的に必ず起こるものであり気にするものではありません。
気にせず次、次、と考えるだけの話です。

確率を理解し、自分のルールの期待値をはじめて客観的に算出し、ようやく負けるたびにどうにもならない反省をし続けるという地獄から抜け出した後私に待ち構えていたのは、ついルールよりもトレイリングストップを早く引き上げ(売りの場合は引き下げ)てしまうという癖です。
相場観が邪魔するのですね。
確率的にそろそろ天井を打つだろうと決めつけ手仕舞いを、利確を早まろうとするのです。
確率的にどうなのかではなく期待値が重要なのです。
例え8割が「1」の損失を出すとしても、残り2割が「10」取れるのならば期待値はプラスです。
しかし目先にとらわれてしまうというのは私も例外ではありませんでした。

強いトレンド相場で軽はずみにルールよりも早くトレイリングストップを引きあげてしまい、結果持っていれば損益比率10倍、20倍のポジションを逃してしまう。
トレンドフォロァーにとってトレンド相場の機会損失はでかいです。
ルールに従った結果波を取り逃す機械損失は仕方ありませんし気にする必要は無いのですが、ルールに従えなかったことが問題です。
そんなミスをやらかした時は私にとってのバイブルであるタートルズの本を読み返すことにしています。



61ページあたりから書いてあります。
「トレンドをつかみそこねるな」「一時的な下落に見舞われ、利益に逃げられてもじたばたせずにそれに耐えろ」
タートルの中でその時限度額いっぱいに持ち高を維持しているのはわたしひとりだけだった。
わたしたちはみんなまったく同じことを教わったのにわたしのリターンは他のタートルたちの3倍かそれ以上になっていた。
取引で成功するには感情的、心理的な強さが必要だ。


…ルール通りにやっておけば大きく取れたのに勝手に自分で収益を下げる判断をしてしまう。私も嫌になるほど経験しました。
感情的・心理的強さをつけるには経験も必要ですし、自身で検証したという裏付けが必要です。
決して根性でどうにかなるものではありません。

単純な事をやるだけのものが本人の感情により勝手に難しくしてしまう。
本当に相場とは難しいゲームだと思います。


スポンサーリンク

12/18 うまくやろうとしないことが勝ちへの道
利確せず持っていれば大きい利益になったのに…なんて事はザラにあります。
損切りさえしておけば大損しなかったのに…なんて事も多くのトレーダーは経験しているのでしょう。

これを逆にする。すなわち順行したポジションは持ち続ける。逆指値でストップ注文を出し損は小さく切る。
こうすれば勝てるという事です。
勝つための極意とは本当に単純です。

問題は、順行したポジションを持ち続けると結果的に含み益がトントン、ロスカットした途端思惑方向に飛んでいくという事などが頻発し、それに対応しようとすることです。
含み益は毎回持ち帰りたい。ロスカットはできるかぎり避けたい。こう考えてしまうので、単純な極意だったのが難しく複雑になり、トレードを超絶難易度の高いゲームにしてしまうのです。
勝てないのはうまくやろうとする自分の心です。
なぜうまくやろうとすることがいけないのかというと、値動きの未来は決してわからないからです。
期待値が正の手法ならばトータルで勝つことは可能ですが、個々の場面の意味は薄く決して先の事はわかりません。
それをトータルで考えず個々の場面に一喜一憂し反省し、次こそはうまくやりたいと考える。
こうなってしまうとトレードがブレブレになります。
精神を毎回揺れ動かされます。

含み益を飛ばしたり連敗したりする事のような大衆が嫌がることを受け入れる。
そうすれば攻略不可能なゲームではなくなります。
本当に単純なことなのですが、人間の本能がそれを拒絶するので心底受け入れるには膨大な時間がかかります。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク