*All archives* |  *Admin*

手法を確立していないと裁量トレードはただの感情トレードとなる
裁量トレードは裁量判断を取り入れながらトレードを行いますが、ここに罠があります。
下手すれば裁量トレードは自由すぎるトレードとなってしまい、規律も何もあったものではなくなります。
また、複雑すぎるルールは迷いを生んだり見落としを多くしたりしてしまいます。
私のトレードルールは文章だとワード1ページに収まるくらいシンプルなものを使っています。

エントリーはどこで行うのか?
どうなったら利食いするのか?
ロスカットの基準はどこか?


まずは自分以外の誰が見ても明らかな基準を作り上げ、その通りにトレードを執行する訓練が必要です。
例えば押し目買いをするにしても、どれくらいの範囲の押しを買うのか、押し目からの反発は具体的にどういう価格の動きなのかなどを明確に定めなくてはなりません。
これを定めないとどこで買っても正解という事となってしまいます。
利食いもそうです。
特に利食いはポジションをホールドしている時の感情がマイナスに作用してしまいますので、予め誰がやっても実行可能な基準を持っていた方が良いのです。

こういう基準もなく自由すぎるトレードをしていると、“うまくいったトレードは正解”、“損失となったトレードは失敗”といった図式でトレードを評価してしまうようになります。
そしてロスカットを避けようとエントリーすべき場面を見送るようになり、正しい位置のみを選択できるようにならないかと考えだします。
しかし見送った時に限って順行し、エントリーした時に限りロスカット・・・というようにどうにもならなくなります。

気が付いたら裁量判断は“連敗が怖いので見送る”、“利確した方が楽になるので利確する”、“置いてかれたくないので飛びつく”というようにただ感情任せの判断となっているのです。
これならば厳密にシステムトレードをした方がまだマシな結果になるでしょう。
本来裁量判断とはプログラム化できない要素をトレーダーが判断する事であり、「負けたくない、楽になりたい、置いてかれたくない」といった感情に左右されるものではありません。
しかしドツボに嵌ったトレーダーは裁量トレードを感情任せトレードと履き違え迷路をさまよいます。

まずはなんでも裁量で行おうとせず誰が見ても明らかな規律を作ることが必要です。
他人がそれを見ても実行可能なルールを作り、しっかりと忠実に執行できるようになることが先決です。
その上で経験を積むとどういった時に自分のルールが機能しやすいかしづらいのかが感覚的に少しずつ掴めてくるようになり、そういった事を裁量判断していきます。

最初私は「なんでも型にはめようとしてはうまくいかない。柔軟に考えなくてはダメ」だと考え、その結果ずっと感情任せ、勘任せのトレードを繰り返していました。
裁量判断は応用力が必要であり、土台ができていないとただの感情任せや勘のトレードとなってしまうのです。
その土台とは統計上期待値がプラスであるルールを厳密に執行することだと考えています。
裁量判断で期待値をプラスに持っていこうとするから正解・確実を求めるようになり、トレードは恐ろしく難しいゲームとなります。
そうではなく、期待値がプラスであるという統計の裏付けは実弾トレードを開始する以前の話です。



スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク