*All archives* |  *Admin*

ポジポジ病やイップス以前にルールがしっかり定まっているかどうか
常にエントリーしポジションを持っていないと気が済まないポジポジ病
行くべき場面でエントリーを躊躇してしまうイップス
私はどちらも経験したことがありますし大抵のトレーダーが通る道だと思います。

慌てて予定にないのについ何度も飛び乗ってしまう、ロスカットになるかもという恐怖でクリックを押す手が止まる、などは皆さんも経験済みではないでしょうか?
これらは主に「置いてかれたくない」「儲けたい」「負けたくない」「怖い」などの感情に左右されてしまう事も原因です。
しかし、それ以前にまずルール(規律)がしっかりと整っているかどうか?

そもそもポジポジ病はなぜいけないのか??
ルールに無い場面で仕掛けをしてしまう事ですよね。
期待値がプラスのルールがあり、それに従っていたとします。
しかしその決めたルールの範囲外の場面で仕掛けをしてしまうと期待値が狂ってしまいます。
これが収支に影響を与えてしまう事が問題だと思います。
じゃあ期待値がプラスのルール通りの場面だけを仕掛けるのならば極端な言い方をすればポジポジ病でも問題はないわけです。
なぜなら期待値がプラスのルールに従って仕掛けをするほどトータルでは儲かるからです。
こう考えると必ずしも「ポジポジ病=ダメ」というわけではなく、「ルールに無い事をする=ダメ」となるわけです。
期待値がプラスのルール通りの場面なら常にポジションを持っていても構わないわけです。(そうすれば儲かるから)

じゃあイップスがなぜいけないのか?
それはルールでは仕掛けなくてはいけない場面なのに仕掛けを躊躇し見送ってしまうからです。
それに従わないと期待値が狂ってしまうからです。
利益のトレードと損失のトレード両方が組み合わさって期待値が計算されています。
しかしプラスになる場面を逃すと期待値が狂います。
ルールに無い場面はどれだけ大きい動きを逃そうと機会損失を気にしなくてもいいです。
しかしルールで仕掛けなくてはならない場面を逃すと機会損失は実際の損失と同様ということです。
つまり「ルールで仕掛ける場面を見送る=ダメ」ということになります。


ポジポジ病とイップスの何がいけないかを書きました。
ではその根幹となるルール(規律)が定まっているかどうか?
もし以下に当てはまっている場合はポジポジ病やイップスになるのは必然だと思います。

①ルールがそもそも決まっていない
②ルールはあるのだが厳密な統計を取っておらずそのルールの期待値がマイナス
③裁量判断次第で期待値はプラスになる事もあるが裁量判断が当たっていないと途端にマイナスになり、裁量判断次第で大きくぶれる自由度の極めて高いルールでトレードをしている


①や②の場合はパチンコや競馬をやるのと同じでただのギャンブルです。
統計を取り、しっかりルールを定める必要があります・

厄介なのが③です。
私は①の段階でポジポジ病、③の段階でイップスにかかっていました。

私の場合ルールも決めていないド素人の時はポジポジ病だったのですが、これはルールを決めてみると案外早めに克服することが出来ました。
ルールを決め、そこ以外は狙わないように意識することによりチャンスを待とうという姿勢に行きつきました。
しかしある程度知識がついてきて経験を積んできてから③の状態となり、ここが大きな壁でした。

ルールは決まっていて過去のシミュレーションでも勝てることがあるのですが、それは全て裁量判断が多く当たっていればトータルで勝ち、当てることが少ないとトータルで負けるという、その日その日の運次第のトレードでした。
当てれば勝ち、当てなければ負けということがわかってくるとどうなるか?
当然次の動きを当てなければならないという発想に行きつき、負けるトレードだけをなるべく見送り勝ちトレードだけをうまく拾えないか?という発想となるわけです。

するとルールはあるもののそれに従うかどうかは裁量判断次第で自由。
勝てばOK、負ければ反省というスタイルになります。
行くか見送るかの自由度が高すぎ、なんとなく負けそうなトレードはなるべく見送ろうとして結果勝ちトレードも見送ってしまい反省、しかし行った時に限ってロスカットとなりまた反省、というサイクルに陥るわけです。
次第にロスカットを恐れ、エントリーを躊躇するようになりイップスというわけです。
大きい勝ちを逃すとその時の悔しさの残像が強く残りポジポジ病に逆戻りというおまけもついてきます。


よく書いているように裁量判断というのは応用力が試され、経験を積まないとまず間違いなく感情判断になってしまいます。
厳密なルールがしっかり定まっていない限りポジポジ病やイップスから抜け出すことは困難でしょう。

自分のルールを賢明な中学生が読んでも理解可能なものであるかどうか確かめてみてください。
もし他者が全くわからないようなルールならばそれは全くまとまっていないのか、それとも複雑すぎるという可能性があります。

また、もし自分のルールに一切裁量判断を挟まずサインが出たら全てエントリーしたらどうなるかシミュレーションしてみてください。
それで途方もない数のエントリーが出来てしまうならばルールの自由度が高すぎ、非常に困難なトレード(次を当てないとダメなトレード)になってしまいます。
「ただ機械的にエントリーするだけで常に儲かるルールなんて存在しないよ」と思うかもしれません。
確かにマーケットの構造上常に必ず儲かる法則はありませんが、月単位でなく年単位くらいでプラスになるものは損小利大を貫けば可能だと思います。(週単位・月単位で毎回必ずプラスになるというものはまず不可能ですが)
コツコツドカンで必ず負け続ける方法(初心者のやり方)があるのですから、その逆をやれば良いという事ですね。(仮に利益幅<損失幅の損大利小でも期待値がプラスであればいいと思います。私の手法ではないので方法は全くわかりませんが)

ベースが出来上がり経験を積めば自分のルールがどのような相場環境で機能しやすいかしづらいかを感覚的につかめてくるようになり裁量判断を生かすようになります。(※個々のトレードではなくある程度まとまった期間の話)

ポジポジ病、イップスを抜け出すにはメンタル以前にまず規律があり、実行できるかということですね。
結局いつも書いているように、再生ソフトなどを利用し過去のチャートで厳密な統計を取る→期待値がプラスのルールを作る→デモトレや再生ソフトで練習→適正な投下資金量で実践、というプロセスが不可欠という事でしょう。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク