*All archives* |  *Admin*

テクニカルは値動きの先を読むためのものではなく統計を取るための材料にすぎない
私の場合、「事象は全て価格に反映される」という考え方に賛同しておりファンダメンタルはほぼ全く考慮しないトレーダーですので一応テクニカル派のトレーダーと言えます。
しかしテクニカルで価格の先を読もうとする意図はありません。
もしそんな魔法のような法則があればトレードで儲けることは簡単ですが現実はテクニカルで価格の未来を予知することはできないのです。

では何にテクニカルを利用しているかと言えば、それは主に統計を取るためです。
厳密に言うととある指針に基づいて売買した場合の期待値を算出するためです。
価格だけの羅列を見ただけでは何を基準に買うのか売るのかということが決めにくいので、指針としてテクニカルを用います。
ローソク足を表示したチャート、そして移動平均線など多くの指標があります。

例えば移動平均線は一定期間の買い方、売り方の平均コストが含み益なのか、含み損になっているのかを一目で読み取れ、支持抵抗になることもあり多くのトレーダーが見ている指標です。
私も移動平均線を数本表示させています。
ですが移動平均線が絶対に機能するわけではありません。
そもそも時間軸は見ているトレーダーによってバラバラですし、パラメータもバラバラです。
また、トレーダーごとに考えが違うからこそ売買が発生するわけであって、テクニカル指標の使い方や考え方ですらトレーダーによってバラバラであるため、単一のテクニカルだけを見ていても意味がありません。
だからといって数多くの時間軸を見まくったりチャートをテクニカル指標まみれにしたりしても無駄に複雑化するだけで売買できるポイントが全くなくなってしまいます。

ですが、とあるテクニカル指標を基準にしてどこどこで仕掛けどこどこで手仕舞いするというデータを過去の相場を見ながら数多く取ることは可能です。
つまり統計取りに利用し、期待値を算出するのです。
もちろん機械的に売買するシステムではドローダウンは当然発生するのですが、しかし大数の法則が働くまで試行すれば勝ったり負けたりを繰り返しトータルではなんとかプラスになっている、すなわち期待値がプラスである売買システムの作成に利用することは可能です。

私の場合、個々のトレードで勝つためや値動きの未来を読むためにテクニカルを利用するのでなく、トータルで勝つために何を基準にして売買を仕掛けるかという統計取りをするためにテクニカルを利用しているにすぎません。
一貫性のある売買をするための指針とし、そうした場合の期待値を知りたいから利用しています。

個々のトレードにおいてテクニカルはたいして信用していません。
検証しても機能する時期(例えば強いトレンドが発生しボラティリティが高い相場)は嘘みたいに機能しますし、機能しない時期は嫌と言うほど機能しません。
相場環境は時期によってバラバラですし、事前にテクニカルが機能する時期を完璧に予知することはできません。
結局個々のトレードに固執するのではなく長期的にトータルで考えていかなくてはならないということです。

テクニカルを利用し毎回のトレードで勝つための魔法の法則を見つけるのは無駄な行為です。
価格の意味を解き明かし先を読もうとするカギを見つける方法は存在しない。
あれば誰もが大金持ちだから・・・です。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク