*All archives* |  *Admin*

トレードを複雑化してしまう原因
昔の相場日誌を読み返してみるとやたら複雑なことを考えながらトレードしていたことがわかります。
場中に考えた事だけでも1日分でワード1~2ページ分ぎっしり書きまくっていました。
今思えばよくここまであれこれ考えながらやっていたものだと思いました。
まあ最初のうちだけはそれが結構楽しかったりしたのですが。

現在はトレード日誌には最低限の書き込みしかありません。
というのも判断の多くを無意識レベルで行えるまでにシンプルにしたということで、朝チャートを見た時点で選んだ通貨ペアは何かということとチャート画像しか貼ってありません。
場中に考えた事は何ひとつ書いていません。
ルールがシンプルすぎて特にあれこれ考えることもないし殆どを一瞬で判断できるからです。
いくらで仕掛けたとかのトレード記録はエクセルにつけているので、むしろ重要なのはエクセルに記録してある数値です。
昔は“文だらけのトレード日誌”だったのが“数値だらけのトレード記録”に移行したという感じです。
文はルール通りに行えなかったときにその時の自分の感情と反省を書く程度です。(今では致命的なルール違反はしませんので仮に反省を書いても微々たる内容ですが)

では過去になぜ複雑なことをしていたかというと、結局のところはロスカットになるトレードをできるだけ排除し勝率を上げたいという思いがあったからです。
様々な材料を駆使しフィルターをかけ、少しでも勝率を上げることにより精神的に楽をしたい。
こういう思いがあったからです。

ですが、いつも書いているように複雑なことは迷いを生みます。
トレードルールの自由度も高すぎたため、押し引きの判断が殆ど感覚任せになります。(そしてリスクを受け入れていないトレーダーの感覚はただの感情による判断です)
一時的にうまくいっている時期があっても一旦うまくいかなくなるとドツボにハマります。
うまくいかないときのことを引きずっているとうまくいく時期が到来しても攻めることができません。
常にロスカットになる恐怖と隣り合わせです。
少しでもロスカットを避けようと更に複雑なことを考えます。
そしてこういう場面では次は見送ろうとどんどんルールを修正し、しまいにはどこも仕掛ける箇所がなくなっていきます

なぜこんなことになってしまったのか、元を辿ると結局はトレードに「確実を求めている」、「楽を求めている」ことに行きつきます。
利益は早く確定した方が楽→勝率が高くないとトータルで勝てない→様々な材料を用い複雑化し、それらを利用し感覚で勝率を上げようとする→感覚が冴えずどうにも勝てない時期があると途端にスランプ→一貫性を保てずポジポジ病やイップスに・・・こんな図式です。

“ロスカット=勝ちを妨げるもの”であると認識してしまうことがトレーダーを出口のない迷路に彷徨わせます。
場中の思考どころかロスカットになるたびに長々と反省を書き、次回ロスカットにならないためにはどうするべきかとあれこれ対策を書くのでトレード日誌はびっしりです。

こうならないためには仕掛けと手仕舞いのルールをシステム化してしまうのです。
例えシステムにそのまま従っていたとしても長期間の期待値はプラス。
裁量トレードをするにしてもそれを作った上で裁量判断を用いる。
私は裁量トレーダーですが仕掛けと手仕舞いはシステム化していますし、裁量判断はプログラム化しにくい要素を視覚的に判断している程度です。
言葉ではニュアンスが伝わりにくいかもしれませんが、個々のトレードで勝つためでなく現在の相場環境が現状ではどうなのかを裁量判断しているのです。

私は最初システムトレードにはドローダウンがあるのでそれが嫌という理由で裁量トレードをしようとしていました。
ドローダウンのない確実な収益をもたらすトレードがしたいと考えていたのです。
ですがその結果ロスカット=悪と考え排除しようとしたことによりどうにもならない無理ゲーとなったのです。
裁量トレードなので様々な材料を駆使し臨機応変に、全部感覚でうまくやらなければならないと考え自爆することとなります。

確実・楽・安定などを求めず勝ったり負けたりを繰り返しトータルでの収益を狙うことを受け入れてからは無理ゲー状態を脱出しました。
“ロスカットは勝ちを拾うための出費”であって、トレードルールを複雑化し排除するものではないのです。
これを真に受け入れるのに時間がかかりました。
ですが受け入れてからはロスカットになったからといって反省を書くこともなくなりました。
うまい位置でイグジットできなくても反省する必要はありませんしロスカットを避けるために場中にあれこれ複雑なことを考えなくてもよくなりました。



スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク