*All archives* |  *Admin*

11/11
11月2日から何か月かしばらく休んでいた株式の売買も再開しました。
個人的に株式はボラティリティの大きく流動性のある銘柄を現物買いするのが一番資金効率は良いと考えているので現物買いのみです。(個人的な考えです)
相場の下落局面は早くて大きくおいしい場面ですが、それは別に日経CFDやFXでも取れるので、別に個別株で信用売りしなくてもよいかなといった感覚です。
株式は市場がオープンしている時間帯が短いのでギャップのリスクが大きく、主戦場は市場がオープンしている時間が長いFXやCFDにしたいのです。
私の中で株取引は応用的かつサブ的な位置になりますので、地合いが悪ければやらない時期がちらほらあります。

最近思ったことは以前では絶対に買えない局面でも平気で買うようになったということです。
FXでは基本的に押し目買いと戻り売りがメインの戦略ですが、株式はたくさん銘柄があるので買うならわざわざ深く押している銘柄を選ぶ必要がない、押しの浅い強い銘柄を率先して狙うようにしています。
昔は深く押しているところを狙う方が堅実という気がしていましたが、考えてもみれば深く押すということはそこまで強くないということです。
この考えはFXにも良い影響を与え、浅い押しや戻しでも積極的にリスクを取るようになりました。

以前は精神的に楽するために利食いは小っちゃくだったので勝率が高くないと利益が残らない、だから浅い押しや戻しでは負けるのが怖くて手を出せずにぶっ飛んだら指をくわえて見ているだけということが多かったのですが、利益は伸ばすようにすれば「別にどんだけ負けても構わない。トータルでは利益が残るから」という発想になり積極的にリスクを取るようになりました。
「間違っていても小さくロスカットするだけの話」なのです。
ただ破産リスクは避けなくてはならないのでポジションサイズに関しては非常に慎重です。
いくら負けてもびくともしないように常に小さく勝負し続け、うまくいった仕掛けは利食いせずナンピンの逆である追加仕掛けをすることにより大当たりを引けば大きなリターンが見込めます。
ただし、手法を信頼していないと継続することはできません。
ですから手法というのは本で読んだり誰かに教えてもらうだけでは絶対にダメなのです。
自分で検証し、信頼しなくてはトレードを続けていくことができなくなるのです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク