*All archives* |  *Admin*

未知な出来事は必ず起こる
私はリーマンショック、1回目のスイスフランショック時はまだ相場を始めていませんでした。
このような急変動時にあれほど急落(急騰)することは多くのトレーダーにとって想定外だったでしょう。
テクニカル指標はあくまで価格が動いた後にパラメータが決定されるものに過ぎませんので、価格そのものに比べたら全く信用できるものではないのです。
例えばボリンジャーバンド3σを超える確率は99.何パーセントだというデータがあったとしても、残りの0.何%の時に相場に参加していて損切りできなければ破産、もしくは大損害です。
私がよく価格の反転する確率や仕掛けの成否の確率が重要ではなく、どこどこで仕掛けてどこどこで手仕舞いした場合の期待値が重要だと書いているのもこのような理由です。
更に、損切りをしないという手法では仮に過去のデータで期待値がプラスだったとしても未知の動きの発生により塗り替えられ破産する可能性もあるのです。
損切りはトレードにおいて破産しないために絶対に必要な行動であり、防御面に関しては確率を度外視する必要があります。

スワップ狙いのキャリートレードが全盛期だったこともあるようです。
スワップ目的でレバを効かせたポジをストップを入れずにホールドするという、今考えれば正気の沙汰でないようなやり方をしている投資家もたくさんいたのではないかと考えられます。
リーマンショック時に今までポジをホールドしているだけで儲かったキャリートレーダーは大打撃を食らったでしょう。
不慮の事故を想定できず損切りしない投資家やトレーダーは、数年に1度起こる急変動に巻き込まれて退場するのです。

現在はこのような破壊的な値動きを過去のチャートでいくつも見ることができますので、ネットや本でもリスク管理の重要性は当たり前のように言われます。
皆がリスクなどお構いなしにイケイケどんどんだったバブル相場の時代もあったわけですから、現在はトレーダーにとってとても良い時代だと思います。(それでも悪徳な情報が飛び交うということは無くなりませんが)
FX業者によってはストップがしっかり約定してくれないという危険性も今だからこそ我が身の事としてわかっていることです。

数年に一度は急激な変動が起こるのが相場です。
100年に一度なんてのも実際には数年に一度起こるのです。
こういう動きを想定しリスク管理を行うことが軸に定まれば、値動きに動揺したり振り回されたりすることもなくなります。
実際に、最近のことだとEU離脱の国民投票の時の暴落やトランプ氏当選の時の乱高下など目の当たりにしても特に何も感じずいつも通りに相場を見ていました。
この程度の上下なら想定の範囲内だからです。
ましてやイベントで事前に急変動の可能性がわかっていたのだから尚更です。
これが何のイベントのない日に突然起きたとしてもやはり何ら感想は抱かないと思います。(たまたまその方向にポジを持っていたらラッキーだったなと思う程度でしょう)

過去の相場を検証し、経験を積むと急激な変動には動じなくなります。
…しかしそれでも、今までを超越する未知の動きは今後必ず起こるものだと確信しています。
私が生きているうちに起こるかどうかはわかりませんが、心の準備が必要です。
相場で「想定外だった」という言い訳は通用せず誰も助けてくれません。
全ては自己責任です。

破産しないためには適切なリスク管理を自分で行い、未知の動きは起こりうるものだと覚悟しておかなければなりません。



スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク