*All archives* |  *Admin*

11/21
トレンドが出ていて非常にやりやすい地合いです。

USD/JPY 1時間足(MT4でトレードを行うと赤いラインと青いラインがポジを仕掛けた価格や利食いやストップ注文の指定価格に自動表示されます)
161121-b.png

綺麗にトレンドが出ているチャートです。
緑の丸で買いを入れています。
小さいオレンジの丸で一旦USD/JPYは全玉トレイリングストップになりましたがその後も押し目買いができるチャートとなっています。
1回の仕掛けごとにIFD注文とIFDO注文の2分割で発注し、半分はストップ注文のみ、もう半分は損切り幅分の利食い指値とストップ注文という具合です。(半分利食い出来れば残りはギャップにならない限りロスカットでもトントン)
11月10日以降押し目買いがポンポン決まっていますが、通常はこんなにうまくいきません。
トレンドフォロァーなので結局トレンドのおかげだという事です。
ルールの勝率が統計上約3割半なのに6割勝つ月もあるし2割しか勝てない月もあります。
相場環境は日によってばらつきがあるので、トレードを短期間で考えると相場環境が変わった途端にうまくいかなくなり絶望します。
常に相場環境は偏りがあるという事を頭に入れ、長期間でトレードを考えなくてはなりません。

「月単位でプラスになれば実力」というのは全く嘘です。
私はド素人の頃でも月単位でプラスになったこともありますが、それ以降勝ち続けることができたわけではありませんでした。
むしろ勝った時のことが頭に残り、そのやり方に固執したり躍起になったりしましたがその後下降線をたどることになります。
それもそのはず。
トレンドとボラティリティがあれば素人でも儲かってしまう期間があるのです。
ですがトレンドとボラティリティがなくなった途端にうまくいかなくなり、ムキになりボロボロになるのです。

トレンド相場、横ばい相場全てを含めた期間で大数の法則が機能するまでトレードをこなし統計上どうなるのかということが大切なのに、「このやり方で月間プラスになったんだ。なんとかこれを再現できれば勝てるはず!」と、たった1か月うまくいったやり方に固執するのは今思えば本当に愚行中の愚行でした。

大数の法則が働くまでの試行回数分の統計を取る、期待値を算出する、適切な投下資金量を守り統計に基づきトレードを継続する。
これらをやって初めて初心者を脱出できたと思っています。
ここで初めて土台に立つことができますが、ここからが本当の戦いです。
優位性のあるルールというものは普通の人間では精神的にやり続けることが難しく、つい余計なことをしてしまうのです。
これを克服するのにも時間がかかります。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク