*All archives* |  *Admin*

6/8
「ダメだったら小さくロスカットすればいいだけの話」という考えはとても大事です。
これを頭ではわかっていても実行できないトレーダーは多いと思います。
ロスカットを失敗と考え避けようとし、結果試行回数を減らし確率に収束されず機会損失がかさむという負のサイクルを経験してきた私にとってこの発想はどうして盲点だったのか?
単にポジションサイズが大きすぎたのと、利食いが小さすぎたのです。
精神に負荷がかかるようなポジションサイズだと例えいくら優位性のあるルールを持っていても継続することができませんし、利食いが小さいので多くの勝ちを拾い続けないとトータルで勝てないといった理由だったのです。
初心者の頃からロスカットだけは躊躇せず毎回逆指値で確実に実行でき損失は最小限に食い止めることができていた私ですが、そこからの壁はとにかく高かった。
でも解決策は端的に言うと「利を徹底的に伸ばせばいい」という話でした。

自分の売買履歴を見返すと、順行していたトレードをもっと伸ばせればトータルで勝てていたのではないか。
そうすればロスカットを避けるためにエントリーを厳選しようという無駄なことをしなくてもサインが出たら毎回入ればいい。
なぜならば利食いを徹底的に伸ばすことにより7割ロスカット、2割微益でも残りの1割以下が損失をすべて回収しお釣りが来る。
こういうことを統計を取ってみて気づいたのです。
今までは損失を恐れて結果機会損失を積み上げていましたが、サインが出たら構わずしつこく仕掛け続ける習慣がついたことにより今までは逃してしまっていた大きなトレンドにもしっかり乗ることができるという好循環となりました。
更に初心者がナンピンで酷いことになるケースがあるのならその逆であるピラミッティングをすることにより更に期待値が上がることもわかりました。
損小利大を狙うと当然含み益がパーになるトレードも多発しますが、それも必要経費だと考え構わず含み益をパーにし続けると本当に大きなトレンドにしっかりついていくことができます。(含み益を帳消しにせずに利を伸ばす方法がないものかと考えだすとまたトレードがおかしな方向に行ってしまいます)

自分の売買譜をしっかり日誌などにつけていないとこういう発見は困難です。
ですから売買の記録は必ずつけ続けるべきです。
そこからアイデアが浮かび統計を取ることにより活路を見出せることがあります。
私の場合は「利を伸ばそう。そうすればダメなら小さくロスカットすればいいだけなんだからしつこくしつこくルール通りに、作業のように注文を執行し続ける」という姿勢に至りました。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク