*All archives* |  *Admin*

10/2 知識が邪魔をする
なまじ相場の知識があると余計な相場観がトレードの邪魔をしてしまいます。
かくいう私も期待値が正のルールを作った当初、余計な相場観でサインの箇所を見送り、それが大きな機会損失となり悔んだりしたものです。
他にもついトレイリングストップをはやめに引き上げたりと余計な事をしてしまいました。
ルールをただ単純にやるだけがいかに難しいか思い知りました。
ルール通りやっとけばいいのに、できることなら少しでも損失を減らした方がいいと無意識に考えてしまうからです。
経験を積むことによってはじめから余計な事せずルール通りやっときゃいいんだと徐々に骨身に染みてきました。
ルールを淡々と実行し続けるためには余計な事をして痛い目を見るというのも重要な経験だと思います。
ただいつまで経っても同じミスを繰り返すようでは他に根本的な問題がある可能性もあります。
とはいえトレードはデモでなく実践でしか得られない教訓が多々あるので、ルールをしっかり作ったのなら少額でいいので実践すべきです。

余談ですがつい先日もつくづく相場観というのは当てにならないなとしみじみ思いました。
4時間足メインで売買している金CFDの売りポジを持っていて、戻しに入ったので追加の戻り売りを待ち構えていたのですが、それが急激な戻し(9月25日)でかつ日足もそろそろ日柄的にも値幅的にも目先底打ちそうな雰囲気だったのです。
ですがルールなので4時間足の戻して高値を付けたローソク足を下抜けたところに逆指値を置いておき翌日約定したので「こりゃどうせロスカットだな」と思っていたらその後ぐんぐん下がる下がる。
その後もう一度浅い戻しをつけたので更に追加売りしました。
以前なら戻しが急だし日足は底打ちしそうでリスクが高いから見送ろうとか考えていたのだなと思いました。
今では勝率よりも期待値に焦点を当てています。
そしてリスクが高いから見送るのではなく日足の底打ちを意識して買った買い方が投げる下落を取ってやるという逆の発想です。
別にはずれでも構わない。負けトレードを避けるのではなく負けの中から勝ちを拾うのです。
そこに余計な相場観を挟むとつい負けを避けようとしてしまうのです。
相場を当て続けるという事はできません。
だったら余計なことせず粛々とルール通りに注文を執行し続ける方が結果は良いと今までの経験から思い知ったのです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク