*All archives* |  *Admin*

利益になるポイントをパターン分けしても勝てなかった理由
以前ロスカットを極力避け、勝ちだけを高精度で拾いたいと真剣に考えていた時はどういう局面での仕掛けの確率が高いのかを見極めるべく利益になるポイントを必死に記録しパターン分けしていました。
仕掛ければ利益になっていた箇所で、その時その時のローソク足の波はどうなのか、移動平均線はどうなのか、オシレーターはどうなのか。
常にチャートと睨めっこしていました。

しかし、それで勝てそうなパターンを見つけても実際は勝てませんでした。
なぜならば“利益になるポイント”だけを絞り出そうとしているからです。
じゃあ本当にローソク足がAの時で移動平均線がBの時、オシレーターがCの時という条件で他全て必ず仕掛けをしているのか?
いや、見落としているのです。
なぜならば勝つことが前提であり、勝てそうなポイントしか探していなかったからです。

それならば純粋に最初からローソク足がAの時で移動平均線がBの時、オシレーターがCの時全てを満遍なく仕掛けと手仕舞いをした場合どうなるかを純粋にデータで出せばよかったのです。
しかし「システムトレードじゃないんだから裁量判断で精度を高める技術をつけることができるはず」と裁量判断が当たること前提なのです。
ここで必要なのが“手仕舞い”です。
手仕舞いなしではいくらの収益になるかわかりません。
大切なのは確率が高い箇所ではなく期待値がいくらかなのです。
仮に“確率が高い箇所”を探すのだとしてもそれには“利食いと損切りがどこなのか”という要素が必ず必要です。
ですが手仕舞いを考えず単に終わったチャートを見てここで仕掛けていれば利益になっていたであろう箇所(例えば上昇トレンドでグンと上昇している箇所)だけに目をつけパターン分けしようとしていたのです。
とりあえず仕掛ければ後は何とかなるといった感覚だったのでしょう。
儲かるところだけ狙う事しか頭にありません。
「仮定した様々な条件ごとに期待値を算出し、その中から使えそうな条件を選ぶ」というアプローチではなく、「チャートの形から利益になりそうな箇所を割り出しルール化する」というアプローチだったのです。
再現性があるのはどちらかというのは一目瞭然です。

今考えると「勝てるポイントだけ記録し、このような箇所を高精度で狙い撃ちすることが目的のエントリーポイント帳」なるものを作っていたことは本当にバカバカしい話だと思います。
しかし損失を恐れ、負けを避けようとしていた私の心はそんなバカバカしいことを本気でやらせていたのです。
勝てる場面だけを選ぼうとした、ただそれだけのことが相場は私を蟻地獄に誘い込んだのです。
手仕舞いありきで考えなくてはならないトレードにおいて、手仕舞いは二の次で単に確率が高い箇所を探そうとしていたことも矛盾した行動です。
その条件ごと全てトレードした場合の期待値を出し、トータルで勝とうとすればいいだけなのに、こんな単純な事に気づくのに何年もかかったのは先述したように損失を恐れ、かわそうとする私の心が原因でした。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク