*All archives* |  *Admin*

12/6 いちいちルールをいじくりながらトレードする事は愚行
実際にトレードしながらルールをいじくる。
初心者が陥りがちなケースです。
いや、ルールは一応それっぽいのが決まっているのですが、感覚で正解を当てなくてはトータルで勝てないので正解を当てるため、負けるたびに、大きな動きを取り逃すたびにルールをいじくったり変えた方がいいのではないかと考えたりします。
トレードするたびに個々の場面に固執し、手法を修正しようとします。
ですが得てして修正した途端「以前のままにしときゃ良かった!」となるものです。
正解を求めるので複雑に考え常に迷いが生じ、「本当にこのルールでよいのだろうか?」と自問自答です。

ルールというのはトレードする以前に決まっていなくてはならないもので、決してトレードしながら作るものではありません。
トレードしながら毎回修正すると、どうしても個々の場面にこだわって考えてしまいます。
いつも書いているように確率において個々の場面の価値は薄く、限りなくどうでもいいのです。
数百数千と回数をこなし初めて確率は働きます。
なのに個々の場面で「連敗した。これでいいのだろうか?」「ルールなので見送ったが大きな動きを取り逃した。これでいいのだろうか?」と考えだしルールをいちいち修正する。
そもそも元のルールの期待値がプラスでないのでどうにもならないのですが…

無理に感覚でルールの期待値をプラスにもっていこうと日々鍛錬のつもりでトレードしても天才でもない限り上達することはないでしょう。
確実なことは無い相場で正解を求めることは不可能なのです。
確率はトータルで考えなくてはなりませんが、トレードするのが生身の人間である以上個々の場面に固執し、一喜一憂し、結果論でトレードを振り返ります。
これなら機械に任せた方がまだマシです。

リアルトレードで日々訓練しようとする以前にまず期待値が正のシステムを作るのです。
一番手っ取り早いのが損小利大です。
マーケットで確実に負け続ける素人の逆の行動であり優位性があるからです。
エントリーは適当でも数をこなせばトータルで勝つ可能性が高いのが損小利大です。
最終的にいきつく形がどうであれ、まずは統計を取ってみる。
そして期待値を理解することです。
自分のトレードが1回につきいくらカネが入る見積もりがあるのか、それを客観的なデータ化するのです。
そうすれば個々の場面に固執していちいち手法の根本を見直したりすることの無意味さも理解できます。
期待値を理解し、優位性のある行動とは大衆がやりたがらない方法であるということを心底理解すれば、多少感覚を挟み裁量トレードしてもトータルで勝つことは可能です。
そもそも適当にエントリーしてもイグジット次第で勝てるのですから。
自分の手法の期待値が●●円だとはっきり言えないのならば実弾トレードする以前の段階なのです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク