*All archives* |  *Admin*

12/14 トレンドがあり流動性の高い相場を選ぶ
金融商品を1つだけと決めてしまうとトレンドのない時期に何もできず、難しい局面を利益にしたいとあれこれこねくり回すととても難しいことになってしまいます。
私がトレンドフォロァーということもありますが、つまるところトレードはトレンドとボラティリティがないと大きく儲からないと考えています。
1つの金融商品だけを集中的に検証すればそれに精通した玄人っぽく感じるかもしれませんが、私は1つの金融商品だけにこだわるのは非常にもったいないと思います。
そもそも手法が「この商品には通用するけど他には全く通用しない」ということがないからです。
流動性の低い株式などは例外ですが、流動性のある人気の高い商品にはボラなどを考慮し多少の修正をすれば手法はどんな商品にも通用します。

私の場合トレンドのある金融商品をトレードするということがカギとなります。
現在では米国株が一番簡単な相場です。

米国株CFD4時間足
171214-b.png


現在もホールドしているポジションを仕掛けた箇所が赤丸の位置。
最初の赤丸は4時間足では逆張りですが日足の調整終了の可能性を考え買っています。
基本的に仕掛けは4時間足と1時間足主体ですが、場をしっかり見れるときは稀に15分足でも仕掛けます。
ポジションが大きくなったので半分は1時間足長期MA、もう半分を4時間足長期MAを割ったところに分割してトレイリングストップを置いたため、青丸の部分で半分は下髭を長くつけた急落に振り落とされましたが残り半分は現在も持っていて、更に買い増しを続けています。
米国株はここ1年間非常に強い相場なので、こういうシステムが機能しやすい相場環境ではあれこれ考えず相場を見れるときは機械的にポジションを取っていく方が期待値は高いです。
勝率は全ての金融商品を含めれば2~3割程度ですが、こういうトレンドの強い金融商品のみを見れば5~6割程度まで跳ね上がることもあります。(それでも6割半を超えることはない)

やりやすい相場環境、システムが機能しやすい相場環境がどのようなものかは経験を積めば徐々にわかります。
終わったチャートを見れば簡単に見えますが、先の見えないチャートでは「いくらなんでももうそろそろ調整するんじゃないか?」などと余計な事を考えたり、調整時からの再出発狙いは不安で怖くなり躊躇したりなど、様々な感情の影響があります。
それに個々のミクロな場面で勝ち負けは事前に決してわかりません。
あくまでトータルで儲かる可能性が高い。それも絶対ではないという事です。

「トレンドが崩れるまでは仕掛け続ける」と考えていても、どうしても個々の場面で「ここは買いだな。でも1つ上の時間軸はもうずいぶん値幅を伴った動きをしているし休憩なしで上がりっぱなしだ…いくらなんでも調整するんじゃないか?」などと悩んでしまうようなら、対策はサインが出たら必ず従う、つまり「見送り禁止」にしてしまえばいいのです。
トレンドフォロァーで強いトレンドが出ているのならば、トレード前にプランを練る段階で「この節目を割らない限り絶対に全部仕掛ける」と決めてしまえばいいです。
もちろんうまくいかないこともありますが、1回1回個々の場面で悩んで機会損失を積み重ねるよりは良い結果になるでしょう。
そもそも見送り禁止にして勝てないのならルール自体の期待値がマイナスなので運用できません。
私はシステムがバッチリ機能する相場環境でさえ半分のトレードはロスカットです。
必ず負けは発生するもので、怯え、避けようとするものではないと理解すれば個々の場面で悩むことはなくなります。
先の事は決してわからないのですからわかろうとしなくて良いのです。

昔はこういう簡単な相場ほど私は利益にできませんでした。
勝手に「もうそろそろ調整やろう…」などと躊躇しまくっていたからです。
しかし本当に強いトレンドは逃して弱いトレンドの時だけモノにするのと、その逆ではどちらが良いのか?
また、押し目買いや戻り売り主体の私は「本当に強いときは押さないし戻さないので全く仕掛けれない」という悩みを抱えていました。
だったら単純に押し戻しの目度に達しないまま走るようなら高値安値のブレイクで仕掛けるという条件を追加してみてはどうかと統計を取ってみましたが、これが案外良かった。
調整が浅いということはブレイクで仕掛けてもロスカット幅はそんなに遠くなく、大きい動きにもしっかり乗れるという利点もあります。

以前トレンドフォロァーでトレードしているつもりなのに後から見れば簡単に思える相場では毎回置いて行かれるのは根本的な心の問題がありました。
結局「上手にトレードしたい」「1回1回のトレードを大切に行きたい」などと考えていたり、トレードに確実を求めていたりしたからです。
今ではトレンドフォロァーなのに多少遅れたからと言って見送りしていたら出番は無いと考えています。
別にロスカットになってもいいんです。
トータルで勝てればそれでよいのです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク