*All archives* |  *Admin*

「買いづらい、売りづらい」は勝手な思い込み
買いづらい、売りづらい。
最初右も左もわからない頃と違い、知識をつけ経験を積むとこのような感情が生じます。
高値圏過ぎて買いづらい、安値圏過ぎて売りづらい。
押しが浅くて買いづらい、逆に押しが深くて買いづらい。
日柄が行き過ぎて仕掛けづらい、値幅が行き過ぎていて仕掛けづらい。

挙げたらきりがありません。

期待値に焦点が行かず目先うまくいくかいかないかに捉われてしまうのでこのような感情が生じます。
例えば高値圏で買うと損切りになりやすい。しかし思惑通りいった少数のケースで利を伸ばしたらどうなるか?
行き過ぎた相場に乗ることができれば例え8割負けても残り2割でその他の損失を上回る利を出すのではないか?
期待値に焦点を当てることで目先に一喜一憂する事がほぼなくなったのです。
もちろん人間ですので感情を完全にコントロールし克服することはできません。
ですから一喜一憂しそうになれば自分でとった統計のデータを見直すことにしています。
そこに書かれている期待値を見て再確認するのです。

一貫したトレードを行っていくには「買いづらい、売りづらい」を排除しなくてはなりません。
それは勝手な思い込みなのです。
勝手な思い込みがトレードを難しくしているのです。
過去チャートなどで自分の手法で売買した検証結果を見て、今まさに仕掛けるタイミング(つまり先が見えない状態)を見た時、利益になったトレードにそれぞれ共通点、また、損切りになったトレードにそれぞれ共通点はあるでしょうか?
膨大な数を見た時、結局ほぼランダムだという気はしませんか?
相場観により「こんなところで仕掛けるのか…?」という箇所でも大きな利益になる事もあります。
全て終わったチャートを見れば強いトレンドが出ていればうまくいくトレードが多発することもわかりますが、先の見えない状態で今まさに仕掛けるタイミングというのは上手く行くかどうかはわからず極めて不明瞭な状態なのです。

先の事は決して“わからない”のです。
ですから、買いづらいとか、売りづらいとかで仕掛けを躊躇するのは無駄なことです。

むしろ機会損失を発生させ手法の期待値が歪む可能性があります。
ましてや手法の確立していないトレーダーがこういった感覚に従うと間違いなく感情に振り回されたぶれぶれのトレードを繰り返すことなるでしょう。
「買いやすい、買いづらい、売りやすい、売りづらい」ではなく、
「買う、買わない、売る、売らない」なのです。
過去の勝てなかった私は前者でしたが、期待値を理解し一貫したトレードができるようになった私は後者の考え方です。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク