*All archives* |  *Admin*

昔の相場日誌4
昔の相場日誌を見返した時、最初の頃は思い切ったトレードができているのに、知識をつけ負けトレードをできるだけ回避したいと考えだしてから成績が悪化したということは以前の記事でも書きました。
もう1つ成績が悪化する原因がありました。
それは時間軸を長期にしたことです。

例えば最初の頃は1時間足や15分足を見つつも仕掛け自体は5分足を見てトレードする事が多かったです。(当時は先物の夜間を含めない日中足を見ていたので本数的に考えると日中の1時間足はFXの4時間足、日中の15分足はFXの1時間足、日中の5分足はFXの15分足に相当します。)
しかし、次第に短い時間軸はトレンドが継続しにくいのではないか?テクニカル的な信憑性が薄れるのではないか?ダマシが多くなるのではないか?と考えだし、仕掛けの時間軸をもう少し長期で考えることにしたのです。
玄人ほど大きな流れを見てトレードするものだと思ったのでしょう。
大きな流れを意識すること自体は良いのです。
しかし時間軸を長期にシフトする最大のデメリット。
それは試行回数の減少です。

試行回数が減ると確率が働くのに時間がより多くかかってしまいます。
それを理解した上でなら良いのですが、確率というものを理解していなかった頃の私は裁量でうまくトレードして少ない回数で収益を出そうとしていました。
いつも書いているように正解を当て続けようとしてもいつかは無理がたたるのです。
たまたまうまくいくことはあっても、ずっと当て続けることはできません。
更に回数が少なくなることにより1回1回のトレードを大事に、大事に行こうとします。
それにより余計に負けを恐れ、トレードの躊躇を生み余計に試行回数を減らします。
また、回数が少ないことによりロットを多くしないとパフォーマンスが見込めません。
1回1回の勝負が大きくなると精神的なプレッシャーもよりかかり、やはり躊躇を生みます。
まさに負の連鎖でした。

事実として知識をよりつけた後に仕掛けの時間軸を長期にした方が圧倒的に成績は悪化したのです。
時間軸を長期にしても金融商品を多数トレード対象に入れていればカバーできたのかもしれません。
しかし当時、日経先物だと決めて先物だけ一点集中していました。
視野を広げず他は何もやろうとしませんでした。
手法はトレンドフォロァー。
金融商品は1つだけ。
時間軸は長期。
これではそもそも滅多に発生しないトレンドを待っていては年間どれだけ利益を出すチャンスがあるのでしょう?
それでも「うまい人ほど少ないトレード回数で利益を出す」という思い込みがあったので自分を客観的に見ることができませんでした。
大数の法則という意味を頭では理解していても、実際やっていることは真逆の事。
技術がつけばうまいトレードができるという勘違いが私を長い間苦しめたのです。

そもそも本当に短い時間軸は信憑性が薄れるのでしょうか?
それは体感的な話だと思います。
「連敗=技術が無くてダメである」という思い込みも一因であると考えます。
1か月間で10回の負けトレードをくらうより、1時間の間で10回の負けトレードをくらう方が精神的ダメージは大きいと思います。
トレード回数が多いと短い時間で集中的に負けをくらう事もあり、メンタルへの打撃は大きいでしょう。
だからダマシが多いとか、信憑性が薄いと言われるのではないでしょうか。
短期足ほどぐちゃぐちゃでチャートが汚い期間が多そうに見えますが、日足や週足だってそういうぐちゃぐちゃした時期はあります。
また、トレンドが出ても長期の時間軸より短い時間軸の方がトレンドは早く終焉してしまうことは間違いありませんが、一般的に短い時間軸ほどロスカット幅を狭くできますので損益比率でカバーすればいいと思います。(スプレッドは長期にせよ短期にせよ同じなので短期の方が割高になりますが、現在どこの業者も昔に比べてスプレッドや手数料のコストは非常に安くなっています)

ただ短期足ほど難易度が高いという事は私も同意します。
「短い足ほど信憑性が無くダメだ」というのは先述したように誤解だと思いますが、「短い足ほど難易度が高い」というのは間違いないと思います。
それは判断を求められる頻度が多いからです。
例えシステム通りに行おうとしても、体感的に連敗の頻度が多かったりして次のトレードに躊躇を生んだり判断ミスを生んだりなど、メンタルへの揺さぶりは長期のトレードの比ではないと思います。
ですから経験が浅い場合や、場を常に見られないトレーダーは長期の時間軸でトレードした方が良いと思います。

その場合、金融商品を幅広く見てトレンドのあるチャートを選べるようにすることが重要です。
FXでは強い通貨を買い、弱い通貨を売るという組み合わせを選ぶことができます。
日足や週足レベルのトレードでは銘柄が圧倒的に多数ある株式がうってつけだと思います。
長期のトレードで1つの商品一点だけというのは確率が働くのに何年かかってしまうんだ?ということになります。
トレンドのある商品を選べる選択肢があること、確率を働かすのに適切な試行回数が見込めることは必須です。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク