*All archives* |  *Admin*

3/7 不調こそ実力
麻雀をしている時、悪い配牌、悪いツモが連続してやってきて、なんともやる気の起きない期間が大なり小なり定期的にやってきます。
やっとの思いで手が入り、行けば他からロン、降りれば他からツモの声。
どうにもならない状況に昔はイライラしたものでした。

トレードも同じようにどうにもならない時期が定期的にやってきます。
一貫した手法で行っている以上、相場が噛み合わない時期は必ずあるのです。
そういう時にイライラしてやり方を変えるのか、それとも以前と同じ通り淡々とできるかで大きな差が出てきます。

私は昔麻雀で不調時は不調時なりに打ち方を変えるようにしていました。
両面を拒否して敢えてシャンポン待ちにしたり。
今思えば愚行でした。
不確定な要素を含むゲームをしている以上、不調というものは定期的に必ず起こりうるものであり、たまたまのことです。
たまたま起きることをツキがないとか、流れが悪いとか、何か超常現象のごとく解釈してしまうと一貫性のある行動が取れなくなります。

トレードも連敗しているとき、やっとの思いで思惑通りいったトレードをつい手堅く利食いした直後大きく走って機会損失を出したり、まだロスカットにかかっていないのに不調で不安だといって手早く手仕舞いして逃げた途端思惑方向に大きく走ったりしたことはないでしょうか?
負け続けたからと言ってサインが出ても見送る。取り返そうと無理に仕掛けの理由をつける。
不調だからといってやり方をコロコロ変えてはいけないのです。
トレードは口座残高の減少により容易く精神を打ち砕かれます。
これを乗り切るのは根性でも忍耐力でも精神力でもありません。
そんなもので感情をコントロールできるのならとっくにできています。

根性論でなく自分の手法の統計を理解し、そういった不遇の期間があるという事、繰り返せば期待値が正であるという納得がこれらを克服します。
ただ、完璧に克服することは困難です。
私もたまに魔が差してトレイリングストップを気持ち早めに引き上げてしまうなんてこともあります。
油断すればあっという間に昔のトレードに逆戻りするという危機感、不安が常にあります。
それほどまでに優位性のある行動というのは本能に強烈に逆らうのでしょう。
楽なトレードなんてありません。
自分の手法の期待値を理解しても難しいのに、ましてや自分の手法の期待値を把握せず相場観で当て続けようとトレードを続けていても永遠に感情に流されるだけでしょう。
そのようなことをしていても何十年経っても勝てないと思います。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク