*All archives* |  *Admin*

休むも相場とは
まずはシステムで厳格なトレードをこなし、期待値が正のトレードを繰り返し確率に収束されていくことを理解することを常日頃から書いています。
こう書くと私が全く相場観を働かせておらず機械的にトレードをこなしているのかと思われるかもしれませんが、一概にそうでもありません。

検証したときや、日頃運用していて自分のシステムが働かない相場環境がどういう時なのかだいたいわかります。
これはパラメーターで機械的に表すのが非常に難しいです。
プログラム化することが難しいのですが、チャートを見ればわかるだろという話です。
例えば短期移動平均線が長期移動平均線よりも上にあれば上昇相場というように仮定して、こういう時に何かしらの条件が作用してエントリーサインが発生するとします。
しかしいつも書いているように価格の動きが第一であり、短期線>長期線だから上昇相場なのではなく、上昇相場だから結果的に短期線>長期線の並びになっているだけなのです。
他のテクニカル指標にもすべて当てはまります。
価格の動きがあってテクニカル指標は後付けされているだけなのです。
だから短期線>長期線の並びだからといってなんでもかんでも上昇相場だと決めつけると、移動平均の上下を行ったり来たりするレンジ相場では全くトレンドフォロァーの手法は機能しません。

ぐちゃぐちゃしたレンジ相場は無理にパラメーターで定義しなくてもチャートを見ればわかります。
こういう時にサインが出ても休むも相場という戦略を取ることができます。
注意することは、休み癖がつき損失を回避しようとするとイップスとなってしまうことです。
トレードを休む際の注意は、大局で判断しすぎても目先で判断しすぎてもいけないという事です。
4つも5つも時間軸を持ち出して何かとトレードを見送る理由をつけるとどこもエントリーできなくなります。
かといって個々の場面で損失を避けようとしても事前には絶対に勝ち負けはわかりません。
目先の勝ち負けはわからないので、個々のエントリーサインが出るたびに行くか見送るかを迷っていてはやはりどこもエントリーできなくなります。
私の場合朝チャートを見て、今は攻める相場と判断したら節目を割らない限りサインが出たら絶対に全て仕掛けると決めます。
そうしないと個々の場面で損失を回避しようとして見送り癖がついてしまうからです。
システムが機能しそうな相場で見送っていて大きな機会損失を出すと期待値が狂ってしまうからです。
逆に攻めるべきでない相場と判断したら消極的になり、攻めるべき相場が来るまで様子見主体となります。

システムが機能しない場面がチャートを見ればだいたいわかると言っても、問題はいつ機能し出すかがはっきりとはわからないことです。(逆に今機能していてもいつ機能しなくなるのかもわかりません。)
というかわかればトレードは全く苦労しません。
ある程度の兆候が出ればすぐさま切り替えなくてはならないのを、常に消極的にいく癖がついてしまうと攻めるべき局面に足が重くなってしまう可能性があります。
口座残高が減るのはそりゃ嫌なものです。
しかし、リスクを取らねばリターンは無く、口座残高を全く減らさずにリターンを得続けようと考えるのはあまりにも自分勝手な都合です。
損失を避けようとするのはトレードを歪めてしまうのです。
損失を受け入れ始めて土俵に立つことができます。

最初のうちはどうしても損失を拒む感情が働き正常なトレードの邪魔をします。
ですから休むも相場の判断は応用の範囲であり、手法を確立し自分のものにしないうちにそれを実行しようとすると、「最初から機械的にシステム通りやってた方がよっぽどマシだった」という結果になる可能性が高いので注意が必要です。
実際私も常に裁量判断で的確な判断ができるかというとそうではありません。
せいぜいドローダウンをほんの少し減らすといったことろでしょう。
収益も機械的にやっていた方が間違いなく高い事でしょう。
ですが微量でも安定性を高めないと玉数をいつまでも増やせないので苦肉の策として「休むも相場」を取り入れているといったところでしょうか。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク