*All archives* |  *Admin*

トレードを絞る応用判断
ポジポジ病を脱した後は、トレードを絞らなくてはならない、厳選しなくてはならないと考えだし、次陥るのがイップスです。
リスクを恐怖し、トレード回数が極端に減ってしまうのです。
あれこれ理由をつけてトレードを見送り、非常においしいトレンド相場がやってきてもこれ以上いきそうにないなどと考え見送ってしまい、果たしていつトレードするのだろうか?という状態になります。

一般的にトレード回数が多い=無駄打ちが多いようなイメージがあるようですが、トレード回数というのはとても重要です。
確率を働かせるのには大量の試行回数が必要だからです。(大数の法則)
殆どのトレーダーはたかが数回、数十回の結果で自分のトレードを評価し一喜一憂します。
ルールを作る際も数百の試行回数が達しない状態でこれは使えないなどと投げ出します。
試行回数が少ないという事は確率論に基づきトレードするには致命的なのです。

トレード回数が減ってしまう原因は端的に言うと“損したくない”という感情が働くことです。
口座残高が減るのが精神的に辛いとか、裁量で都合よく勝ちを拾い負けを避けなくてはトータルで勝てない曖昧なルールで運用しているのでそうなります。
まず損失=ミスであるという認識を排除しなくてはなりません。
期待値に収束させるためには損失は仕方のない出費であり、勝ちも確実に拾っていくためにも損失は必要なのです。

これらを理解した上で敢えてトレードを絞るという応用について書いてみます。
試行回数を敢えて減らしてまでトレードを絞るときはどのような時か。
それは自分の手法が現在の相場環境にマッチしない時です。
例えば順張りの手法はボックス圏では威力を発揮しません。
相場環境を把握するには単独のテクニカル指標だけでは限界があります。
ボックス圏はローソク足やテクニカル指標は機械的にどういうパラメータなのか?と問われても難しいでしょう。経験を積めば難しいパラメータなど考えず「見りゃわかる」となりますよね。
テクニカル指標で機械的に現在はどんな相場かと決めつけるのは無理があり、チャートを見てローソク足、移動平均など総合的に見て判断した上で把握する必要があります。
これには経験が必要です。
自分の手法についての理解が深まると、どんな相場環境で利益を出しやすいのか(ただし確実は無い)ということがなんとなくわかってきます。

そこで自分の相場環境にマッチする時はトレードを執行し、そうでない時は見送るか玉数を減らして対応するという判断ができます。
トレードを適切に絞るメリットは最大利益を放棄してでもドローダウンを軽減させることにあるでしょう。
しかし、ここで陥りやすい罠があります。
それは個々のトレードの成否を気にしてしまうという事です。
個々のトレードで事前に勝つか、負けるかという事を見極めるべく相場環境を判断しようとするとまさに冒頭に書いたようなイップスに陥ります。
こうなるとトレードを非常に複雑に考えだし、シンプルな判断ができなくなります。
トレードに複雑な判断は必要ないと私は考えています。
基本は期待値がプラスのルールに素直に従う事であり、複雑に考えだすと一か月に数回しかチャンスが無く確率に収束されるまで何年かかるんだということになりかねません。

大切なことは“現在の相場環境が自分の手法にマッチしているか”ということであり、決して“個々の場面で勝ちやすい相場か“ということではないのです。
負けにくく勝ちやすいかなどと考えだすとトレードに確実を求めだしてしまいます。
事前に勝つか負けるかなどは決してわかりません。
トレードで未来を予知する方法は絶対にありません。
ここを複雑に考えず、大局観で相場環境を判断したらミクロの事は気にせず素直にルールに従い続けるということが重要です。
仮に結果が伴わず損失に終わってもそれはたまたまであり、大量の試行回数をこなし確率に収束されるまでは気にしないことです。
大量の試行回数をこなしてもマイナスならばルール自体の期待値がマイナスか、それか裁量判断で余計な事を考えすぎて素直なトレードができていないという原因が挙げられるでしょう。

相場環境が手法にマッチしていなければ見送るか玉数を落とし、マッチしていれば個々の勝ち負けは気にせずルールに従い続ける。
これが適切なトレードの絞り方であると考えています。
繰り返しますが決して“ここは勝てそうだからトレードしよう。ここは負けそうだから見送ろう”ではないということです。
トレードを絞るというのは確率を働かすための試行回数を減少させる応用であり、期待値が正のルールを作ったばかりはまずは素直に機械的に従い続けるという鍛錬をすべきです。
期待値が正の行動を続ければ勝っている気はしなくても口座はいつの間にか増えているという実感を得るためです。
「こんなにロスカットまみれで含み益を削るもったいない酷いトレードだらけでも勝てるんだ!今までロスカットを避けようとうまくやろうとしていたことがなんて馬鹿だったんだろう!」という実感を得るのが最初の関門でしょう。
手法に習熟していないうちに裁量判断でうまくやろうとしても、欲、不安、恐怖などの感情に流されるだけで最初からシステム通りやっとけばよかったとなるのがオチでしょう。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク