*All archives* |  *Admin*

目を背けていたことが突破口
個々のトレードの成否を気にし出すと次から次へ様々な材料を持ち出し、完璧な条件がそろわないと仕掛けることができないといった症状に陥ります。
トレードを始め、最初はポジポジ病やポジションの取りすぎによって痛い目を見て、それから一念発起して知識をつけ資金管理や適切な損切りができるようになった頃にこのような症状になりやすいのではないでしょうか。
私の場合ポジポジ病は早く治すことができたし、ロスカットできないという失敗は慎重で臆病な性格が幸いしたのかありませんでした。
しかし個々のトレードの成否を気にして完璧を求め、試行回数が著しく減るイップスの克服は膨大な時間を要しました。

なぜかというと、なまじ知識をつけたが故に自分は正しいことをしていると信じ込んでしまっているからでした。
テクニカルの知識をつけ、チャート分析ができるようになり、適切なポジション量で確実なロスカットをこなし、相場を予測する精度が高まれば勝てるようになるのではないかと。
確かに知識をつけチャートを分析することは必要です。
資金管理も必須項目です。
ですが相場を読む精度を高める…これが誤りでした。
どれだけ分析できようが未来の事は決してわからないのです。
わからないことをわかろうとするのでドツボにはまります。
負けを避けようとします。
ダマシを避けようとします。
ですがそんなことは決してわかりません。

負けトレードを限りなく無くそうとか、ダマシを避けようとしていたことがそもそもの大きな間違いでした。
これにより大きな利益に結び付くトレードも逃し機会損失がかさみます。
機会損失は気にせず損失を回避することが優先だと考えていましたがこれも大きな間違い。
機会損失がかさめば確率に収束しません。
それ以前にもっと悪かったのが、確率の話云々よりルールの期待値が不明だったという事。
そのルールを機械的にこなして期待値が正でなくてはなりません。
ですが裁量で都合よく勝ちを拾い、はじめて収益がプラスになるという再現性のないルールでした。

過去のチャートで裁量判断の練習をどれだけしても再現し続けれる保証はありません。
売買システムの厳密な統計を取っておらず期待値が不明。
だから裁量で都合よく勝ちを拾い負けをできるだけ避けないと勝てない。
相場観に頼った勝率を追求する。
トレードに完璧を求める。
負けると何が悪かったのか意味のない反省を繰りかえす。(個々の結果はたまたま)
負けを避けようと仕掛けることができなくなり試行回数が激減する。
自分は正しい事をしているはずなのにいつまで経っても勝てず何がダメなのかわからない。


こうなってしまっていては根本的な問題を解決しない限り10年経っても勝てるようにはならないでしょう。
原因はいつも書いているようにそのトレーダー自身の心にあります。
大衆がやりたくないことを実行してこそ優位性があるのに、やりたくないことを避け自分の都合しか考えないのです。
しかしトレードは自分の都合よく事が進むゲームではありません。
今まで目を背けてきたことをもう1回見直す。これが突破口になります。
私の場合は「負けたくない」という感情を捨てて損失を真に受け入れることでした。
システムを作る。負けトレードを避けようとせずしっかり負ける。その代わり勝ちもしっかり拾う。利は伸ばす。これができるようになると酷いトレードだらけでも気が付くと勝っているといった状態になります。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク