*All archives* |  *Admin*

トレンドフォロァーでトレードをするのに必要な姿勢
トレンドに従いトレードをする。
なぜそのようにするのが良いかというと、トレンドは転換するより継続しやすいという性質があるのと、トレンド方向への値幅が大きくなるという事が挙げられます。
私はトレードを始めた初期の頃からトレンドに従うトレードを心掛けていましたので一応根っからのトレンドフォロァーです。

トレンドに沿った売買は株やFXの入門書にも書かれている基本的な事柄です。
しかし、知識をつけてから中途半端なトレンドフォロァーになってしまったのです。
値動きは上昇相場だろうと下落相場だろうとレンジ相場だろうと波動を描きながらジグザグを繰り返します。
例えば、その波動に着目すると、だいたい平均でどれくらいの値幅を出して反転するのか、どれくらいの時間で反転するのか、そのような計算もできます。
すると上昇相場だけれど値幅的にも時間的にも平均よりも行き過ぎているからそろそろ反転して調整の下落をするだろうと考えトレードを見送ったほうが負けトレードが少なくなって良いのではないかと考えだしたのです。(反転すると考えても上昇相場では買いのみというのが順張りなのでここでは売りは考えないとします)
ですがこれはある意味逆張り的な姿勢です。

反転(調整)する可能性が高いから見送る(あるいは売る)。こうではなく、値幅も時間も行き過ぎているほど強い上昇相場なのだから買い続けるというのが順張り的な姿勢です。
そもそもトレンド相場とは平均を逸脱するものであり、そういう例外の動きを取らなくてはならないのです。
しかし損失を少しでも減らしたいという感情に流され順張りと逆張りの考えが中途半端に混合した状態になってしまったのです。
こうなると本当に強い時は買えない、本当に弱い時は売れないといった状態になります。
どこで買っても儲かりそうな上昇相場、どこで売っても儲かりそうな下落相場のような非常に強いトレンド相場では指をくわえて見ているだけでとことん置いて行かれ、大きな機会損失になります。

確かに逆張り的な発想を交えトレードを頻繁に見送った方が勝率は高くなりそうです。
しかし期待値はどちらが上か?
統計を取ってみると、私が裁量を交えて見送った結果よりも単に機械的にシステム通りに売買した方が圧倒的に、圧倒的に、天と地ほどの差がありました。
こんなことなら最初からシステム通り売買しとけばよかった…と思ったものですが、ドローダウンがあり浮き沈みのあるシステムは食わず嫌いで検証すらしなかったのです。
裁量でうまくトレードしようとして、結果値動きを当て続け期待値をプラスにもっていこうとすることなど出来ないと痛感したのです。
うまくやろうとするより下手でもいいからシステムに従った方が断然良かったのです。

以前は「上昇相場が崩れない限り買い続ける、下落相場が崩れない限り売り続ける」と決めていたのに逆張り的な考えで弱気になってしまいトレードを躊躇し見送り機会損失がかさむ一方だという状態でしたが、システムを作りやり続けるだけで期待値がプラスなんだという裏付けがある現在ではこの戦略を実行できています。
現在は裁量を交えることもありますがシステムに縛られての裁量トレードですし、自由度はそう高くありません。

トレンドフォロァーでトレードをするならば一貫して「上昇相場が崩れない限り買い続ける、下落相場が崩れない限り売り続ける」を実行し続けなくてはなりません。
真のトレンドフォロァーとはそもそも低勝率になりますので、ここに余計な感情が入り込み損失を躊躇するとトレンドに乗れなくなります。
とはいっても例えばレンジ相場での逆張りの手法の用意が別にあるのならばそれを別に使って運用するのとかは自由です。
それぞれ別に統計を取ってあり期待値が正ならば別にトレンドフォロァーでなくてもオッケーなのです。
ですが損失を避けたいがために余計な感覚を用いて1つの手法がブレブレになる事は避けなくてはなりません。
中途半端になってしまい、相場を当てなくては勝てないという状態になってしまうと迷路にハマってしまいます。


スポンサーリンク

4/6 トレードを絞ろうとする理由
トレードを絞ろうとするとどこもエントリーできなくなり試行回数が激減する。
ある程度経験を積むとやってくる壁です。
大損はしなくても大きな勝ちも逃してしまい、トントンか微損が続き真綿で首を絞められるような状態が続く。私も長い間経験しました。

一見トレードを絞るというのは賢く見えます。
ですが何のために絞るのか。
それが“損失を少しでも避けたいから”という動機なのが問題なのです。
損失を避けるという事はその分利益も削るという事です。
ましてや損小利大の手法は必然的に低勝率になるのでたまに来る大きな勝ちを逃し続けたら目も当てられません。
事前にどのトレードが勝つのかわかればよいのですが、個々のトレードで事前の勝ち負けは決してわかりません。
結果、正解を当てようとしてもがき続けることになるのです。

イップスにかかっているのならばトレードを絞ろうとする理由が損失を避けようとするものでないか振り返る必要があります。
リスクを取るからリターンが得られるのであり、リスクを避けようとする者にリターンはこないのです。
損失を避けよう、逃れようとするトレーダーに勝利はやってきません。
避けなくてはならないのは大きな損失です。
逆を言うと小さい損失は避けずに受け入れなくてはならないという事です。
トレードが負けるごとに次からは避けようと反省文をトレード日誌に書き込んでいるうちは勝てるようになりません。
反省すべきはルール違反であり、利益になったか損失になったかはどうでもいいのです。
ルール通りにトレードしているのにトータルで勝てないのはそれはルール自体の期待値がマイナスという事で、土俵に上がる以前の問題です。


スポンサーリンク

4/3 回数
少数の結果はどうでもいい。
本当にどうでもいい。
トレードをやるにはこのように考えなくてはなりません。
統計から導かれた期待値が正の手法をやる。しかし期待値というのは数多く試行回数をこなさなくては収束されません。
確率論に基づきトレードをするならば大数の法則に従わなくてはならず、これは当然の事です。

しかし現実にはたった数回、数十回のトレード結果で一喜一憂し、この手法は使えないのではないかとか、もっと精神的に楽な方法はないかとノウハウジプシーとなります。
人間は目先の結果に捉われてしまう傾向があるからです。
この本能もトレードを困難にしている理由の1つです。

週間、月間で確実にプラスにしたい?
それは個人の勝手な都合です。
それ以前に一体何回トレードをしているのか?
たった10回のトレードで確実にプラスにしたいなどと考えているのならば大数の法則を無視しています。
数百数千と数をこなさなくては確率が働かないのです。
勝率9割以上とかなら少ない回数でもプラスになる可能性は高いですが、ここまで高勝率のシステムはコツコツドカンで沈む可能性が高いでしょう。
また、相場観や直感が当たっていなくては高勝率を保つことができない裁量トレードでは再現性がありません。
正解を当てれば良し、当てられなくては失敗となってしまい、ドツボにハマります。

勝てないと嘆く前に「その手法は期待値が正のシステムなのか?」、「大数の法則が働く回数をこなせているのか?」
このハードルに達していない状態では土俵に上がる以前の段階なのです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
当サイト管理人のバイブル
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク