*All archives* |  *Admin*

当ブログを初訪問された方へ
FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。


※日々の相場についての記事は独り言のようなものですので参考になさらずに(笑)


スポンサーリンク

8/24 お返事を頂きました
昨日記事で紹介したメールの質問者様から回答に対しこのようなお返事を頂きました。




>期待値がプラスのルールというのは優位性を持つルールと言えますが、それは人間の本能に強烈に逆らうものであり、心理的に実行し続ける事が非常に困難なのです。
人間は相場で損しやすい心の構造をしているとも言えます。
わかってはいても早すぎる利食い、遅すぎる損切りをついやってしまうというのがその代表です。
ルールで運用するにあたり一番耐えられないものはドローダウンでしょうかね。

この部分は、機械的にトレードしてトータルでプラスになるような期待値のルールがあればシステムを組んで回せば全員同じ結果になるのではと感じてしまうのですが、

相場の見立て自体が万人違うから同じ結果にはなり得ない、相場の見立て自体が裁量判断になるからそこに優位性があるという事なのでしょうか。

シンプルで誰でも執行できるようなトレード(入口出口の設定、相場認識)で期待値プラスの手法は存在すると考えて良いのでしょうか。





私は裁量判断自体に優位性は無いと考えています。
もしそうならば相場を当てれれば儲かる、当たらなければ儲からないといった事になります。
しかし相場の値動きを当てる事は不可能だと私は考えています。
もしかしたらそういう天才はいるのかもしれませんが、私はどうやっても無理だったので諦めました。
昨日述べたことはシステムで運用する上での話です。

にもかかわらず私が裁量判断をする理由はシステムが機能しやすい相場、機能しにくい相場を、プログラムでは判断が難しい要素で視覚的・感覚的に捉えるといった感じです。
つまりドローダウンを少しでも軽減しようという戦略です。
ですが結果的にはシステム通り機械的に仕掛けをした方が大きな利益になっていることが殆どです。(私が下手くそだというのもあるかもしれませんが)
最大利益を放棄してでも安定性を組み込むといった戦略ですね。
安定性を得るという意味では優位性は少しはあるのかもしれませんが、利益を生むという意味での優位性は冒頭でも述べたように無いのではないでしょうか。

シンプルなルールでも損小利大を用いれば期待値がプラスに持っていくことは可能だと考えています。(ただし勝率は低くなりますしドローダウンによる浮き沈みがあります)
というかシンプルでないと判断が複雑になりすぎて大数の法則を働かせるために必要な試行回数が減ってしまいます。
(年間単位でプラスになるシステムは私も様々な検証したうえで所持していますが、莫大な時間と身銭を切った経験を元にした血と汗のシステムを公開するつもりは今のところありません)


なお、これらの回答は私の個人的見解であり、絶対的な答えではありません。
相場の攻略法において「これが絶対に正しい」というものはありません。
100人のトレーダーがいれば100通りの考え方があり、何が正しいか議論する事は無意味だと考えています。
ご自身で考え判断し役に立ちそうな事だけ取り入れ、役に立たない、間違っていると考えた場合は切り捨てて無視してください。
何か1つ断片的な事だけでもお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

8/23 質問を頂戴しました。
メールで質問を頂戴しました。




私はもともとパチスロの期待値稼ぎ稼働で金を得ていました。
トレードにも期待値が働き、期待値を積むことで利益を得ているトレーダーがいることを知りトレードの世界に足を踏み入れました。

トレードにおける期待値プラスの取引ルールをFT3を回しながら検証、最小ロットで実践を繰り返しトータル期間が3年を越えようとしています。

未だに検証でも実践でも納得のいく結果が出ません。

期待値プラスのルールとはいわゆる自分にとっての聖杯になると思うのですが、
これは聖杯探しになるのではないかと疑問が湧いてきました。
機械的に仕掛けて期待値がプラス=システムトレードで勝ち続けられるようなルールを自分で作ること?
それがあるなら世界中の誰もが勝てるんじゃないのか?

ルールづくり、期待値プラスを考えると心の底に必ずかの考えが浮かんでしまいます。

考えをお聞かせ願えればと思います。

ブログ記事印刷して何度も読み返し学ばせていただいております。





まず誤解のないようにしていただきたいのが、“期待値がプラスのルール”というのは“過去の相場ではそうであった”と言えるだけです。
今後絶対にプラスになる保証は何もないけど、人間の心理が過去と同じようにチャートに反映され続ける以上今後も機能する可能性が高いだろう。だからそのルールで運用しようといった考え方となります。
そう考えると聖杯ではありませんね。


>機械的に仕掛けて期待値がプラス=システムトレードで勝ち続けられるようなルールを自分で作ること?
それがあるなら世界中の誰もが勝てるんじゃないのか?

これは一見その通りに思えるかもしれませんが実際そうではありません。
期待値がプラスのルールというのは優位性を持つルールと言えますが、それは人間の本能に強烈に逆らうものであり、心理的に実行し続ける事が非常に困難なのです。
人間は相場で損しやすい心の構造をしているとも言えます。
わかってはいても早すぎる利食い、遅すぎる損切りをついやってしまうというのがその代表です。
ルールで運用するにあたり一番耐えられないものはドローダウンでしょうかね。
連敗して資金が減り続けると嫌になって投げ出してしまうのが人間です。
そのルールで運用し続けるのは自分で検証した手法への信頼と強い忍耐力・精神力も必要でしょう。
例えば私が検証したとあるルールはどの年でも機械的にやり続けるだけでプラスになっても、中には9か月連続マイナス、残りの3か月で一気に大幅プラスに浮上という年がありましたが、手法を信頼していなければ9か月もマイナスのトレードをやり続けるなんてことは到底できません。
トレードで儲けるというのは人が嫌がることをやり続けるということです。
確かに勝ち続ける事のできる手法というのは存在します。
相場の参加者の9割以上は損しているので、その逆をシンプルにやればいいだけの事ですから。
しかしそれを実行し続けるのはそのトレーダー次第です。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: