*All archives* |  *Admin*

トレードを絞る応用判断
ポジポジ病を脱した後は、トレードを絞らなくてはならない、厳選しなくてはならないと考えだし、次陥るのがイップスです。
リスクを恐怖し、トレード回数が極端に減ってしまうのです。
あれこれ理由をつけてトレードを見送り、非常においしいトレンド相場がやってきてもこれ以上いきそうにないなどと考え見送ってしまい、果たしていつトレードするのだろうか?という状態になります。

一般的にトレード回数が多い=無駄打ちが多いようなイメージがあるようですが、トレード回数というのはとても重要です。
確率を働かせるのには大量の試行回数が必要だからです。(大数の法則)
殆どのトレーダーはたかが数回、数十回の結果で自分のトレードを評価し一喜一憂します。
ルールを作る際も数百の試行回数が達しない状態でこれは使えないなどと投げ出します。
試行回数が少ないという事は確率論に基づきトレードするには致命的なのです。

トレード回数が減ってしまう原因は端的に言うと“損したくない”という感情が働くことです。
口座残高が減るのが精神的に辛いとか、裁量で都合よく勝ちを拾い負けを避けなくてはトータルで勝てない曖昧なルールで運用しているのでそうなります。
まず損失=ミスであるという認識を排除しなくてはなりません。
期待値に収束させるためには損失は仕方のない出費であり、勝ちも確実に拾っていくためにも損失は必要なのです。

これらを理解した上で敢えてトレードを絞るという応用について書いてみます。
試行回数を敢えて減らしてまでトレードを絞るときはどのような時か。
それは自分の手法が現在の相場環境にマッチしない時です。
例えば順張りの手法はボックス圏では威力を発揮しません。
相場環境を把握するには単独のテクニカル指標だけでは限界があります。
ボックス圏はローソク足やテクニカル指標は機械的にどういうパラメータなのか?と問われても難しいでしょう。経験を積めば難しいパラメータなど考えず「見りゃわかる」となりますよね。
テクニカル指標で機械的に現在はどんな相場かと決めつけるのは無理があり、チャートを見てローソク足、移動平均など総合的に見て判断した上で把握する必要があります。
これには経験が必要です。
自分の手法についての理解が深まると、どんな相場環境で利益を出しやすいのか(ただし確実は無い)ということがなんとなくわかってきます。

そこで自分の相場環境にマッチする時はトレードを執行し、そうでない時は見送るか玉数を減らして対応するという判断ができます。
トレードを適切に絞るメリットは最大利益を放棄してでもドローダウンを軽減させることにあるでしょう。
しかし、ここで陥りやすい罠があります。
それは個々のトレードの成否を気にしてしまうという事です。
個々のトレードで事前に勝つか、負けるかという事を見極めるべく相場環境を判断しようとするとまさに冒頭に書いたようなイップスに陥ります。
こうなるとトレードを非常に複雑に考えだし、シンプルな判断ができなくなります。
トレードに複雑な判断は必要ないと私は考えています。
基本は期待値がプラスのルールに素直に従う事であり、複雑に考えだすと一か月に数回しかチャンスが無く確率に収束されるまで何年かかるんだということになりかねません。

大切なことは“現在の相場環境が自分の手法にマッチしているか”ということであり、決して“個々の場面で勝ちやすい相場か“ということではないのです。
負けにくく勝ちやすいかなどと考えだすとトレードに確実を求めだしてしまいます。
事前に勝つか負けるかなどは決してわかりません。
トレードで未来を予知する方法は絶対にありません。
ここを複雑に考えず、大局観で相場環境を判断したらミクロの事は気にせず素直にルールに従い続けるということが重要です。
仮に結果が伴わず損失に終わってもそれはたまたまであり、大量の試行回数をこなし確率に収束されるまでは気にしないことです。
大量の試行回数をこなしてもマイナスならばルール自体の期待値がマイナスか、それか裁量判断で余計な事を考えすぎて素直なトレードができていないという原因が挙げられるでしょう。

相場環境が手法にマッチしていなければ見送るか玉数を落とし、マッチしていれば個々の勝ち負けは気にせずルールに従い続ける。
これが適切なトレードの絞り方であると考えています。
繰り返しますが決して“ここは勝てそうだからトレードしよう。ここは負けそうだから見送ろう”ではないということです。
トレードを絞るというのは確率を働かすための試行回数を減少させる応用であり、期待値が正のルールを作ったばかりはまずは素直に機械的に従い続けるという鍛錬をすべきです。
期待値が正の行動を続ければ勝っている気はしなくても口座はいつの間にか増えているという実感を得るためです。
「こんなにロスカットまみれで含み益を削るもったいない酷いトレードだらけでも勝てるんだ!今までロスカットを避けようとうまくやろうとしていたことがなんて馬鹿だったんだろう!」という実感を得るのが最初の関門でしょう。
手法に習熟していないうちに裁量判断でうまくやろうとしても、欲、不安、恐怖などの感情に流されるだけで最初からシステム通りやっとけばよかったとなるのがオチでしょう。


スポンサーリンク

チャート分析は現在の状況を把握するためのものであり、未来を読むものではない
正しくチャートを分析できれば利益を出せる…。以前はこのように勘違いしていました。
相場を読む力をつけることが利益につながると思い込んでいたのです。
しかし、どれだけチャートを分析できても利益を出すこととは別問題なのです。
チャートを分析するという事は現在の相場環境がどういった状態を把握することです。
現在がこれまでどういった軌跡を辿ったかと知るだけであり、先の事は決してわからないのです。
トレンドは継続しやすいのでトレンドが発生した相場環境でトレンド方向に仕掛ければ確率は高まり相場を当てる可能性が高まるような気がしますが、結局どう手仕舞いするかにより期待値は全く違うものになってしまうのです。
せっかくトレンドに乗っても早く利食いしてしまってはトレンドの恩恵を受けることはできません。
更に一度でも損切りを躊躇しようとするものならそれだけでトータル負けする原因ともなるでしょう。

相場を読もうとしない。これが私のスタンスであり、相場を長くやればやるほど理解することは“結局相場はわからない”という事実です。
ひたすらチャート分析に躍起になっていた頃はどうしてこんなに頑張っているのに勝てないのかと悩んでいましたが、勝てない原因はチャート分析云々でなく、統計を取っておらず期待値が正の行動を取れていない事だったのです。
相場観で、裁量判断で都合よく勝ちを拾い負けを避けること前提のルールだったので相場を当てないと勝てない…しかし結局先の事はわからないという単純なことだったのです。
負けを避けようとせず全て受け入れたうえで、トータルで勝てばいいのだと悟った時、これまで必死に負けを避けようとし試行回数を激減させ、イップスにかかっていたのがなんて馬鹿だったのだろうと身に染みました。
チャート分析しようとすること自体は必須なのですが、どんなチャートで仕掛けをするかという事は統計を取る時点で織り込み済みです。
リアルタイムでチャートから未来を読もうとすることは不毛な作業です。
現在がどういう相場環境で自分の手法とマッチする相場環境なのか。仮にマッチしていても個々のトレードで勝てるか負けるかは決してわからない。勝ったり負けたりを頻繁に繰り返しトータルで勝てさえすればいいのです。
チャートをどれだけ分析しても勝てないと嘆いているのなら、問題はそこではないということに気づかないでしょうか?


スポンサーリンク

仮想売買は絶対に先の見えないチャートで
このブログで述べる仮想売買、バーチャルトレード、検証とは、要するにシステムのバックテストの事です。
過去のチャートを再生ソフトで動かしながらシステムに基づき売買した結果の収益を記録します。
こうすることにより自分の手法の客観的な期待値がわかるわけです。
私はプログラムトレードや専門的なソフトの知識がないので手作業でエクセルに記録して行っています。

最初のうちはルールに機械的に従った集計を取るべきです。
というのも、裁量判断を挟んでも本番でそれを再現し続けることができない可能性が高いからです。
実践では口座残高の増減が激しく精神を揺さぶるので、裁量を加えると負けを取り返そうと無理矢理理由をつけてポジポジ病になったり損失を恐れてトレードを躊躇したりします。
これらを裁量判断で行っているつもりで繰り返すのです。
習熟してくるまでは裁量判断はただの感情判断というわけです。
そもそも裁量判断で当てなくては勝てないというのは手法の期待値がマイナスです。
当てようとするとロクなことにならないということはいつも書いています。
当てなくても、そのままやるだけでもドローダウンを乗り切り長期間繰り返せばプラスになっている。こういうシステムをまず作ってから裁量判断を取り入れても遅くはありません。

注意すべきことは、仮想売買は必ず先の見えないチャートで行うという事です。
先のわかったチャートで仮想売買しようとしても間違いなく都合の良いように解釈してしまうからです。
特に裁量判断を用いる場合は確実に都合よく勝てるポイントだけを選んだりしてしまいます。
システムの機械的な売買すら都合よく判断してしまうかもしれません。
そもそもチャートはボラティリティにより形状が変化し、終わった後のチャートを見たらエントリーしやすそうでも実際はものすごく高値圏で怖い位置だとか、そういったことはザラにあります。
そういうことも心理的な事も含めて検証するにはやはり先のわからないチャートで検証するべきです。

初心者の頃の私は1日中場を見れないので帰宅した後既に出来上がったチャートを見て、「今日はここが仕掛けることのできた箇所だったな」などと”つもり売買”をしていましたが、今思えば論外も甚だしいです。
そんなのをチャートのトレーニングだと思い込んでいましたが、当然いざ先のわからない実践で通用するはずがありません。
こういうやり方だと“勝つ場面を選び取ることが前提”のルールになっていまい、負けトレードを都合よく避けないとトータルで勝てません。
負けトレードを100%受け入れてそれでもトータルで勝てる期待値が正の手法でなくてはならないのです。
終わった後のチャートを見て仕掛けどころなどをあれこれ振り返っても時間の無駄、あるいは非常に非効率的です。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!
記事を更新するモチベーションになります。



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

迷ったら統計を見る
トレードは「これさえ覚えてしまえばOK」というものでしょうか?
半分正解で半分間違っていると私は思います。
確かに期待値が正のシステムを覚えてしまえば、後はそれをやるだけで利益を出せます。
必勝法というものはありませんが、数百数千と確率が働く試行回数をこなすという条件付きで利益を出せる方法というものはあります。
資金管理を徹底し、後は本当にやるだけで、回数をこなせば理論上は儲かるのです。

ですが、優位性のある手法というものは人間の本能に強烈に逆らうものであり、「ただ機械的にやるだけ」すらできなくなってしまうのです
不遇の時期の口座残高の減少、連敗、含み益を帳消しにするトレードなど、そのような事に耐えられず、「他にもっと精神的に楽な方法はないだろうか?」と考えるのです。
間違いなく通る道だと思います。

例え優位性のある手法を学んでも、それを自分のものにするまでに膨大な時間がかかるのです。
長期的なスパンで考えることができず目先の事に気を取られ迷いが生じ、これでいいのだろうかと自問自答を繰り返します。
もちろん私も何度それを繰り返してきたことでしょう。
ただルールに従うだけの事すらできないことが頻繁にありました。
私の場合損切りを躊躇するということはありませんでしたが、ついトレイリングストップをルールよりも早く引き上げて結果ノイズにかかり大きな機会損失をするということが特に多かったです。
ただルール通り機械的にやる事すらできない。余計な感情や相場観が働くからです。
散々迷って色々いじくりまわして、何度もグルグル紆余曲折した後にそれでもやっぱり「これしかない」と自分の型というものが出来上がります。
型が出来上がらずに行う裁量判断は今思えばただの感情判断でした。
だから非常に難易度の高い裁量判断はまずシステムを機械的に行えるようになったから次の段階でよいと私は思います。

迷ったとき私がよくやったことは自分で統計を取ったエクセルデータを振り返ることです。
そこに書かれている期待値を見て、1トレードいくらカネが入る見積もりがあるのかをもう1回見るのです。
すると、「ああ、これがそもそも自分が検証したやり方だ。これでいいんだ」と思い返します。
余計な事をするのならそれは通用するのか統計を取ってから採用するべきですが、つい咄嗟に思いついたことを実践で行ってしまうのは多くのトレーダーが通る道でしょう。

優位性のある手法は生身の人間ではやり辛いからこそ優位性があるのですから、当然やりたくなくなったり他の手法に浮気したり余計な判断を付け加えてしまう事はよくあることです。
迷ったら自分が検証した原点を思い返すのです。
ところがもし検証した客観的かつ具体的な期待値の見積もりすらないというのなら、それはスタートラインにすら立てていないという事です。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!
記事を更新するモチベーションになります。



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: