*All archives* |  *Admin*

7/7 捉え方
本州に比べたら圧倒的に涼しい時期が長い北海道も昨日より暑くなってきました。
カラっと暑いのは良いのですが本日なんかは雨も降っており非常に蒸し暑いです。
私のトレードルームに冷房の冷風が届かないのでパソコンは沸騰寸前ですね。
私は2台のノートPCにそれぞれモニターをつけた計4画面でずっとトレードしていますが、2画面でもそれほど困らないと言えば困らないのでチャンスがなさそうな日は休ませないとパソコンがオーバーヒートしそうです。
ちなみに一時期頻繁に切れていたネット回線は今は順調です。

昔私は寒さに滅法強く暑さに滅法弱かったのですが今は逆で暑さにはそこそこ強くなりました。
最初は年齢が上がってきたことによる体質の変化なのかと思っていましたが、実は“体温が高い方が免疫力が上がる”という事を知って暑い事を前向きに捉えることができるようになったという事が大きいかもしれません。
度が過ぎない程度の健康オタクの私ですが、30半ばから免疫力、アンチエイジング、栄養学などについては結構調べましたね。
効果が出ているのかはわかりませんがしばらく風邪を引いた記憶もないです。
体温の上昇は免疫力を高めるので今まで暑い事は嫌で嫌で仕方なかったのに不思議と今はそれほど苦にならないのです。

これと似たような事はトレードにも言えるのではないかと思います。
最初ロスカットになるのが苦痛で苦痛で仕方がないと感じていても、ロスカットすることで損失が拡大する事を防いだり、ロスカットとなる玉が犠牲になることで大きい勝ちも着実に拾う事ができるというようなことを真に理解するとロスカットが苦痛でなくなります。
物事をどう捉えるかで感情に与える影響は異なってくるのです。

トレードとは基本的に人間の本能と逆行する事を継続しなければなりませんので、そこに激しい苦痛を毎回感じていると精神が病んでしまいます。
ですから検証し完全に納得した上でトレードを行う事が重要です。
納得していても苦痛がゼロになるわけではありませんが、最小限の苦痛に収まるでしょう。


スポンサーリンク

6/2 売買記録
高勝率型のデイトレードは取引対象を1つの金融商品に完全に絞ったほうが良いですね。
ただでさえ判断を求められる機会が多いのに複数の対象から選んでいると私にとってはキャパオーバーだと感じました。
低勝率トレンドフォロァー型のトレードはとにかくトレンドのある金融商品を取引する事が重要なので1つに絞ってしまうと不遇の期間があまりにも長すぎます。
複数の中から最強の通貨を買って最弱の通貨を売る必要があります。
それに戦略を立てるスパンもゆったりしているので複数を対象にすることは苦になりませんし、取引も適当で大雑把でもOKな傾向があります。
なんせ年に1~2度の大きい波を捉えられれば他でボロクソに負けようがトータルではプラスになるという統計の結果が出ていますから。
その代わり勝率が低いので玉を増やしづらい、週越えのリスクも考えるとレバレッジを大きく利かせれない、もし用事や体調不良でチャートが見れなかったとかでビッグトレンドに乗り損ねたら今までの苦労が水の泡になるというデメリットがあります。

高勝率型のトレードは緻密な対応が必要ですので1つの金融商品の癖やデータを徹底的に追求した方が良いのだと思います。
今までのスイングのように200pipsも300pipsも取らなくてはならないなんてことはありません。
数十pipsくらいを取るチャンスは週に1~2度はあるでしょう。
ただ週越え可能なスイングよりも時間の制約があるので今までのように数打ちゃ当たる的な取引で闇雲に不要な損失を出すと収益はいつまでも安定しません。
その辺は今までの癖が抜けきらないことが課題であると売買記録が物語っています。

自分のトレードの売買記録がないことには自分はどういう時に余計な事をしやすいのか、癖や傾向をつかむことはできません。
売買記録は永遠に、必ずつけ続ける必要があります。
仮に一時的にうまくいっていても今後もうまく行く保証はないので永遠にです。
私の場合スイングトレードは数年続けて型がほぼ定まっているので今後も継続していきますが、デイトレ寄りの短期売買は色々試行錯誤している段階です。
元々デイトレが苦手、性格にあまり合わないというのもあってスイングをメインにしていましたからね。
一進一退が続いているデモトレ口座ですが、デモならどんなに失敗してもノーリスク(強いて言うなら時間を消費することですか)ですからやはり型が定まっていないのに実弾トレードを行うのは恐ろしいことです。
リアルトレードをしながら試行錯誤なんてことはあってはならないことですね。
失敗できるうちに失敗をし、訓練し、リアルトレードは勝者として参入せねばなりません。
ここが競馬や宝くじと同じ感覚でトレードするのか、それとも勝算があってトレードをするのかの分かれ目です。
トレードは本質的にギャンブルです。
どんな商売、ビジネスも言ってしまえば全てギャンブルです。
例えばラーメン屋を開業したとしても売り続ける事が出来る保証はなく、生き残れずに潰れてしまう店が大半なのでしょう。
一寸先は闇なのです。
ですが勝算があり、逆境が来ても乗り越える労力を惜しまないのならチャレンジする価値のあるギャンブルでしょう。
トレードの場合“確率・統計”という勝算があり、売買記録による自己分析を惜しまないことが必要です。
また、コンピュータでは識別できないような経験則・直感のような職人的なものも必要ですね。


スポンサーリンク

5/26 癖
異なるスタイルのトレードをいざやると想像以上の難しさです。
デイトレードをやっても今までのスイングの癖が頭でわかっていてもなかなか抜けません。
共通していることは順張りであるという事ですが、狙いが違うとスタイルはやはり異なってきます。
低勝率のトレンドフォロァー型のスイングは比較的大きなトレンドに乗らなくては利益になりません。
個々のトレードで負ける事は苦にならず、大きな波を取り逃すことが苦となります。
一方収益の安定性を狙いとするデイトレードは大きい波を逃すことは本来苦になりません。
ですがスイングで大きい波を取れない事を苦とする癖が強く残っているので置いて行かれるとつい余計なことをしがちです。
余計なことをしなければOKだったのに…という事が多すぎます。
判断を求められる頻度が多いのもそういうミスに拍車をかけます。

難しいですね。
私の性格にはやはり低勝率スイングが向いているのだと感じますね。
いや、向いているというか、それで勝つスタイルが身についてしまっているし、検証にもその手法に今まで一番多くの時間をかけています。
…ですが、デイトレードを習得したメリットは計り知れない大きさがあるのでリアルタイムのデモトレで鍛錬していきたいと思います。
リアルタイムのデモトレは時間の流れがモロにリアルなので、FOREX TESTERの過去データでの検証とはまた違った意味でとても有益な経験値を得ることができます。
ハイスピードでピコピコ動くツールを使っての検証は“余計な事をする”というミスが無い事が前提の結果になりますからね。
思えば低勝率スイングを始めた頃も最初は連敗が苦痛で仕方なかった記憶があります。
ですが当時相場を当てなくては勝てないスタイルに限界を感じ「これしか勝つ道はない!」と無我夢中で取り組んでいたら今まで相場観が邪魔してことごとく乗り遅れていたトレンドにもしっかり乗ることができるようになり個々の負けが苦痛でなくなりました。
やはり反復は重要です。


スポンサーリンク

5/13 キレたら負け
ゴールデンウィーク明けから(ゴールデンウィーク中はあまりチャートを見ていませんでしたが)ネット回線が度々切れて困っています。
数分切れて回復するという現象が1日に何十回もあります。
ド田舎に住んでいるのでローカルな業者(そこしかネットを使えない)を使っていますが、ここまで頻繁に切れることは今までありませんでした。
また通信障害か?と思いましたがホームページにはそのような記載はなく問い合わせてみました。
大抵数分で回復するので完全に障害が起きているわけではないのですが。
MT4のボヨヨーンをいう音を聞くたびに「また切れやがったか!」と思います。(1日に100回くらいは聞いているのではないか)

スイングトレードは基本的にIFD、IFDO注文で行うので良いのですがデイトレードは基本スピード注文を使う事が多いのでこれではまともにトレードできませんね。
チャンスが来た瞬間プッツリ切れてしまう事も数回あって「うがぁぁぁぁ…」と叫びそうになりました(笑)
キレたら負けですね…

トレードはキレたら負けなんですよ。
過去を振り返ってもキレたらロクな結果にならないという事はわかっています。
今では初心者の頃の昔に比べると冷静になりましたが、まだ自分の判断が間違っていたのなら許せますが回線が切れてチャンスを逃すという失態を犯すとイラっとしてしまいますよ。
これも試練という事ですね…


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: