FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXでエントリー恐怖症、イップスを克服するには??
何も知らない初心者の頃はポジポジ病で無駄な取引を連打、またはオーバーロットでの取引で大損するミスが多いという印象です。
しかしある程度知識がついてくるとポジポジ病の逆であるエントリー恐怖症、イップスを経験する方が多いと思います。
なまじ知識があるため様々な不安要素を考えてしまい、リスクを嫌ってしまうのですね。

いざエントリーしようとしてもマウスをクリックできない。

そしてやっぱり思い通りの方向に飛んだので悔しがって逆上し慌ててエントリー。

しかしロスカットとなり、あの時躊躇さえしていなければと後悔。

今度は早くエントリーするぞとエントリーを実行。

しかし躊躇なくエントリーした時に限ってロスカットとなり失望(笑)

次のトレードはそれを引きずりエントリー躊躇の繰り返し。


こんな負のサイクルを経験した方は多いと思います。

私もそうでした。
私はどちらかというと無謀な勝負をするミスよりも、このエントリー恐怖症に悩まされる時期の方が圧倒的に長かったのです。
慎重な性格ゆえ損切りできず口座破壊するような大損をすることは一度も無かった半面、エントリーを渋っていつまでもトントン~ちょい損が続くという負のサイクルで長い事苦しみました。

今ではその悩みを解決していますので、どうやって克服したのかを私の経験を踏まえ書いてみようと思います。

まずエントリーを躊躇する原因。
これの根本的な理由は、“トレードに確実を求めている”という事にあります。

頭ではわかっているのですよ。
毎回のトレードで勝てるわけはない。
勝ったり負けたりを繰り返しトータルで勝てればいい。…ということが。

しかし躊躇するという時点で“損を恐れている”のです。
頭では負ける時もあるという事はわかっているのですが心の底からリスクを受け入れておらず、損したくないという感情が沸き起こっているのです。

損切りになるトレードはしたくない。
出来る限り損切りは避けたい。
なんとか確実に勝てるエントリーポイントはないものか?
ここは確実には勝てないかもしれない。
なのでどうしてもクリックできない。

このような思考となっているわけです。
相場で確実なことなどありませんので確実に勝てるポイントなど事前には絶対にわからないのにも関わらず、ありもしない幻想を抱きトレードに確実を求めるのです。
こういうトレーダーに限って「ロスカットになった。やはり見送るべきだった」、「見送ったら思った方向に飛んだ。やはりエントリーすべきだった」、「見送ったらやっぱり損切りになっていたので命拾いした」などという結果論に捉われた振り返りをしたりします。

損することを心の底から受け入れるにはどうすればいいか?
これは気合や根性だけではどうにもなりません。
メンタル本など何十冊読もうが決して解決しません。
自分のルールの不透明さに原因があるからです。
すなわち自分のルールの客観的な期待値を把握していないことが原因です。

もし10本あるくじでくじ引きをし、そのうち3本は当たりで引くと3万円プレゼント、残り7本のはずれを引くと1万円没収。
これを所持金100万円で400回挑戦できるとどうでしょう??
喜んで引きますよね。
期待値は1本あたり2000円です。
くじを引く前に躊躇したりしないはずです。
はずれを引いていちいち何かを反省したりウジウジ悩んだりすることもないはずです。
つまり個々の結果に捉われることがないという事です。

しかしトレードはチャート分析をしっかりこなし、トレードプランをしっかり立てれば値動きを当てる精度を高める事ができるのでは?という幻想を抱いてしまうゆえ、自分の裁量判断が冴えていなければ期待値がプラスにならない。
つまり“うまく判断する前提のルール”で運用しようとするから損することを恐れエントリー恐怖症となってしまうのです。
うまく判断できない場合は期待値がプラスにならないのでそうなるのも当然です。
ネットや書籍には真偽が定かでない情報、胡散臭い情報が氾濫しているゆえ、本当にそれをしているかわからないような“うますぎるトレード内容”を鵜呑みにして自分もいつかうまい判断ができるはずだという思い込みが起きてしまうのです。

エントリー恐怖症を克服するには“うまい判断をしなくても期待値がプラスである”という裏付けのあるルールが必要です。
つまり期待値がプラスのシステムを作るのです。
そもそもルールというものはシステムの裏付けがあって初めて機能するものです。
例えば「上昇トレンドの時は押し目買いをする。支持線とフィボナッチが重なるところで買う」
このような取り決めは一見もっともらしく聞こえますが、全くルールとしての体を成していません。

何をもって上昇トレンドと定義するのか?
支持線はどう定義するのか?
買うのは指値か?それともローソク足を抜けたところなどにするのか?

他にも様々な厳密な取り決めが必要となります。
そして、機械的にそれを大量に執行した場合の期待値がどうなのかを把握せねばルールとは呼べないものとなります。

勝率が高い方が優れたルールだという幻想を抱いているうちは期待値がプラスのシステムを考え付くのは難しいと思いますが、幻想や常識に捉われずに今まで自分が損し続けてきた行動の逆をルールに組み込んでやると案外期待値がプラスのルールは出来上がるものです。
私もこれができた時は「盲点だったーーー!!!」と驚きました。
勝っているトレーダーはうまい判断をしているはずだという固定観念に捉われすぎていたのです。

ただし期待値がプラスというのはあくまで大量の試行回数をこなした上での話ですよ。
400回、500回と大量にこなした上でプラスとなるので、途中経過でドローダウンが来るのは当たり前です。
ドローダウンが無いようなシステムはありえません。(そんなシステムがあると言う輩がいれば100%詐欺です!)
なので月にエントリー回数が2,3回しかないようなルールでは確率に収束するのに10年以上かかってしまうこととなり現実的ではありませんので注意が必要です。

期待値がプラスという裏付け。
私がエントリー恐怖症を克服できた理由はこれ以外にありません。

うまいトレードをしようと努力しても結局“相場の未来はわからない”という現実を突きつけられ続け、一生勝てるようにはならなかったでしょう。
この記事を書いている時ちょうどトレード歴10年くらいになりますが、未だにうまい判断など出来る気がしません(笑)
信用できるのは自分のシステムだけなのです。


スポンサーリンク

FXトレードルールの執行のみに関心を注げば嫌な値動きにも苛立たなくなる
本日(2022年2月24日)は綺麗な振り落としに遭いました。

GBP/JPY 15分足

2022-0224-b.png

時足は載せていませんが4時間足はペナントの下抜け。
1時間足はMA収縮から拡散開始場面で絶好の売り時。
相場環境的に完全に売り目線でした。
朝から売り場探しで8時過ぎに売りました。

+15pipsで3割利食い出来たのですがその後下落を帳消しにする急騰が起き▲7.8pipsで残りはロスカットとなりました。
朝の高値も超えてきましたのでこういうケースは上も意識され1時間足レベルでの戻しになることは結構あります。
しかし短時間であっさり下落し安値更新。
綺麗に落とされました。

落とされた後ルール上の売りシグナルが出れば売り直せたのですが当てはまる箇所がなく、その後アジア時間が100pipsくらいの下落。
この下落は見ているだけです。

昔はこういう動きとなると苛立っていました。
自分の思惑通りの方向にしっかりポジションを持っていて、結果的に思惑通りに大きく動いたのに嫌らしい振り落としの動きで大きな動きを逃してしまった。
普通なら苛立つことでしょう。

ですが諦めましたよ…
FXってこういうゲームなんです。
そして自分のルールを過去の長期間に当てはめた場合こういう動きは少なからずあるのです。
しかしそういう目に何度も遭っても期待値はプラスという裏付けがある。
検証時は悔しがって追いかけるアクションを起こすという事はありません。
落とされても悔しがることなく淡々と次のチャンスを待つという前提での期待値です。

なので昔は苛立っていたような動きをしても何も感じなくなりました。
これ本当なんです。
正確に言うと“損益の増減に無関心でどうでもいい”
意識は“期待値がプラスのルール通りにトレードを執行し続ける”ことのみ。

損益の増減を意識すると正常なトレードができなくなるのですよ。
私は過去に何度も何度も何度もそれで失敗と反省を繰り返しました。
なのでルール通りに執行するしかないのです。
最低でも400回試行回数をこなすまで途中経過は無関心。
もちろん感情に流された取引は反省すべきですが、ルール通りであれば“仕掛けて秒でロスカットになったような下手なトレード”、“振り落とされた直後に自分の思っていた方向に走るマヌケなトレード”、こういったものも成功トレードなんですよ。
だから個々の結果にいちいち固執する必要はなくなるのです。

このような関門を潜り抜けるのに私は本当に時間がかかりました。
それだけ金銭の増減が人間の感情に与える影響は大きかったということですかね。
なので毎日検証、検証、検証あるのみです。
そして確率で考えるという思考回路を積み上げ、個々の結果に捉われず息をするかのように淡々とトレードを執行するスタイルを構築するのです。
無意識で確率に基づいた行動を取れるようになるまで訓練あるのみです。


スポンサーリンク

うまいトレードをしたい”という願望と幻想がFXで勝てない原因
私が昔トレードで勝てず苦しんでいたのは “うまいトレードをしたい”という願望が根底にあったからです。

勝てているトレーダーはエントリーポイントの精度が高いので勝率が高く、損小利大で、ロスカットになりそうなトレードは首尾よく良い位置で撤退し、利食いも適切な位置で上手で、週単位で必ずプラスである。…このような幻想を抱いてしまっていたのが原因です。

このようなトレーダーはいるのでしょうか?
売買譜で他人のこのような凄腕のトレード内容を見たことはあったのですが、それは文面だけの話であって実際の成績は証明されたものではありませんでした。
今思えばそんな内容を見てしまったがゆえに“うまいトレードをしたい”という願望を抱いてしまったのでしょう。
しかし私はそのような凄腕のトレード内容は大なり小なり盛った内容だと考えます。
真実はわかりませんが、少なくとも再現性はまるで無いものだと断定した方が今後の成長のスピードは遥かに上がると考えます。
と言うより途方もなく長い周り道をせずに済みます。

まず勝率を高めようとするならば必然的に利食い幅は小さく、損切り幅は大きめにという設定となります。
これはもはや自然の摂理…いや、相場の摂理です。
しかし“うまいトレード”をしようとした私は勝率が高く、かつ損小利大を狙いに行こうとしていました。

となるとまずは“損切りになる場面を見送るスキル”が必要となります。
明らかにトレンドがはっきりしない場面はともかく、通常時の場面でこのような取捨選択をしようとすると、同時に勝つトレードも見逃すこととなります。

また、“損失を最小限に食い止める手仕舞い”も必要になってきます。
例えばエントリー後思った方向に行かなければ途中撤退するとか、玉の一部を薄利で手仕舞いしたりして残りが損切りになっても損失を最小限にするというようにです。
しかし私はこのようなことをすればするほど取れたはずの利益も逃し、大負けはしないもののジリ貧の状態をずっと繰り返すこととなりました、
そもそも先の“損切りになる場面を見送るスキル”は全然身につきませんでしたし。
チャート分析の精度はどんどん上がっても肝心のトレードの精度はちっとも向上しませんでした(笑)
むしろまだ怖いもの知らずの初心者の頃の方がよほど思い切りのよいトレードが出来ていてその時より勝てているくらいでした。

結果的に裏目が続き、“勝つときはちょびっと”、“勝てたはずのトレードも見逃す”、といった内容になりました。
これらは“損切りになるトレードを避ける”以上のデメリットであったことに気づきませんでした。
更にトレードを絞ろうとするあまり試行回数は激減。
挙句の果てにはどこもエントリーできなくなったのです。

必死に過去のチャートを1日ごとに全て印刷し、利益になるポイントの共通点などはないかと検証しました。
クソ真面目な検証をしていたつもりが、今思えば無意味な検証で大馬鹿者もいいところです。
どんなに目を凝らしたところで所詮未来の事などわからないのです。
未来予知能力でもない限り結局裏目り、そして自分を責め意味のない反省を繰り返し、どんどんトレードがおかしくなっていくのです。
“トレードに確実を求める”ようになると末期患者です。

全ては“うまいトレードをしたい”という願望、“勝っているトレーダーはうまいトレードをしている”という幻想がこのような症状を巻き起こしました。
“うまいトレード”は本当に魅惑的です。
勝率が高く、かつ負ける時も小さいなんて状態ならば毎回のトレードが楽しくウキウキしてしまいそうです。
毎週プラスならどんどん玉を大きくできるのであっという間に大金持ちです。

……ですが、それは幻想です…。

こんなのを目指しても膨大な時間を無駄にしてしまう。
これが現実でした。
まず他人の裁量トレードの売買譜を真に受けない事。
自分の検証したデータのみを信じる事。
未来予知など不可能であること。

これらを肝に銘じておくべきです。
特に初心者の頃は簡単にネットや書籍などの情報を信じ「こんなに儲かるものなのか」と思い込んでしまいます。
売買譜なんて捏造できますし、売買履歴の画像も同じ業者の口座を2つ所持し、買いと売りをそれぞれ両建てで行えば物凄く勝っていると見せかける事も可能です。
勝率70%を謳う裁量手法もシステムとして検証したら30%程度で期待値も大幅マイナスなんてこともありました。
“うまい判断をする”こと前提なのですね。まあ本人がそれをやっているかは知りませんが。
とにかく美味しそうな情報を信用しない事。
うまいトレードを目指そうとすれば抜け出せない迷路に永遠に彷徨う事となります。
下手でもいいんですよ。再現性があり、結果的に口座残高が増えれば。
トレードに心地よさなど求めない事です。


スポンサーリンク

FXは殆ど嫌がらせのような値動きをしてくるが、自分のルールが検証済みだと“想定内”で済む
思い通りにいかないものなんですよFXというものは。
しかしそういうゲームだと割り切るべきです。

性格にもよりますが一番イライラする動きの代表例は“ロスカットにヒットした後自分の思った方向に飛ぶ”というものではないでしょうか?
これが嫌でなんとかロスカットにヒットしないロスカットラインを設定しようとしてもそのような動きは決して避けることはできませんし、だいたいロスカットラインを広くすればするほどやられた時のダメージが大きくなるので回収するのが大変となります。
完璧なロスカットラインの設定方法というものはありませんので何百回のトレードという単位でロスカットラインをどのようにしたら期待値がどうなったというトータルで考えるべきです。

そもそもこのような動きでイライラするという事は自分の手法の検証が不十分である、あるいは裁量で都合の良い場面だけを選び取るという事前提でトレードを考えてしまっている場合があります。

自分の手法の検証を上昇相場、下落相場、横ばい相場全て含めた長期間で何百何千回分を充分行なっていればイライラするというより“想定内”の一言で片付きます。

例えば、エントリーした後ロスカットになったが再度エントリーサインが出たのでエントリー。
しかしロスカット。
だが更にエントリーサイン。
またもやロスカット…
3連敗した直後エントリーサインが出ずに自分がさっきポジションを持っていた方向にぶっ飛ぶ…(泣)

このような動きがあったとします。
普通ならこのような動きが起こるとトレードをやめたくなる衝動に駆られたり自己嫌悪に陥ったりするでしょう(笑)
しかし自分の手法のルール通りにエントリーを行ったデータを見てみるとこんな場面は多かれ少なかれあるのではないでしょうか?
一貫したトレード手法というものは必ず不遇の時期がありますので、そのような場面はあるはずです。

そういう場面を自分のデータで保有していればどんなに精神的にイライラする動きが起きようと想定の範囲内ということになります。
過去の統計、データがこのような動きに何度遭ったとしても期待値がプラスであるという裏付けがあるので自分を納得させることができます。
となると個々のトレードでイライラしているということは自分のルールの客観的な期待値が明確でないということになりますね。

また、勝てる時だけエントリーし、負ける場面はうまく避ける裁量判断をする事前提でトレードを考えていても自分の意にそぐわない動きが起こる度にイライラしたり自己嫌悪に陥ります。
うまいトレードをしたいという願望があるので、逆に言うと下手なトレードをするたびに不毛な反省を繰り返すこととなります。
いつも書いているように“うまいトレード”なんてものは未来予知能力がない限り不可能です。
うまいトレードをしようとして何年経っても勝てないのならば下手でもいいからトータルで利益が残る手法でトレードした方が良いと思うのですがいかかでしょうか。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人おすすめのFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム