FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXで勝てなかった頃の原因
散々こねくり回して考えたトレード結果よりもシステムにただ従い続けるだけの方が圧倒的に結果は良い。
どうしてこんなことになったのでしょうか?
私はスイングトレードは初期のころからそこそこ勝てたのですがデイトレードがいつまで経っても勝てませんでした。
デイトレードはスイングに比べレバレッジを効かせられるので高い収益を出せる可能性があり、なんとしても習得したいと思っていたのですが、なかなかうまく行かなかったのです。

結論から言うと期待値が正のシステムを作成していなかったからだというのが最大の原因なのですが、裁量に頼った手法でトレードしていた頃も今と変わらずトレンドフォロァーだったので、期待値がプラスになるポテンシャルは充分に秘めていたと思います。
大きく負けることはなくジリ貧になっていましたので、いつまで経っても勝てないながら致命傷を負う事はまずない。
損切りは逆指値で自動執行できますので損切りできずコツコツドカンという負けは皆無。
あと一歩何かあればトータルで勝てる状況。
仮にシステムを作成せず裁量に頼りっぱなしだったとしても、“これをこうしていれば勝てていたのではないか?”という仮説はあります。
そこで勝てなかった大きな原因を3つほど挙げてみました。


1つめ  利食いがロスカット幅に比べて小さい

やはりこれが大きな問題でしたね。
当時、玉は分割で返済していました。
4分割程度に返済し、残った僅かはトレイリングストップで徹底的に引っ張る。
一見理に適った方法でしたが、利食い幅が小さぎたのです。

例えばロスカット幅20pipsの仕掛けに対して15pips、30pips、45pipsで3割ずつ、残りを60pipsで利食いしたとしましょう。
平均取得は33pipsとなり、ロスカット幅の1.5倍ちょっとの利益です。
かなりうまくいってこれですから、実際はもっと小さい利幅になる仕掛けは多いです。
なぜ最初の3割を15pips程度で利食いしてしまうのか?
それは勝率を高めたいからです。
ですが勝率の上昇以上に小さい利幅による手仕舞いが全体の期待値を押し下げていることに当時気づいていませんでした。

そりゃ勝率が高い方が精神的に楽です。
しかし小さい利幅で手仕舞いするには極めて高い勝率でないと利益は残りません。
その極めて高い勝率を維持しようと以下2つの問題点への悪循環へ繋がります。


2つめ エントリーした後うまくいかないとすぐ逃げてしまう

当時エントリーしてすぐに含み益にならないとそのトレードはうまくいかない可能性が高いと錯覚していました。
よって、なかなか思惑通りの方向へ行かないとすぐにタイムストップで玉の半分を手仕舞いしたり、エントリー後少し逆行するだけで半分をロスカットしてしまったりしていました。
今思えばこれはチキン利食いならぬチキンロスカットですね。

今では“エントリー後参加者の精神を揺さぶる動きをしてくるのは当たり前だ”と考えています。
確かにグーンと伸びてうまく行くトレードはエントリー後すぐに含み益になっていることが多いです。
ですがエントリー後モタモタじれったい動きを長時間した後大きな利益となるトレードもあるのです。

要するにトータルの期待値なのですね。
仮にタイムストップによる撤退などで助かる局面が3回あったとしても、1回のタイムストップでその助かった3回分以上の機会損失を出してしまったらトータルでは損なのですよ。
これも精神的に楽になりたいという目先の欲に駆られた行動なのです。
玉全てがストレートにロスカットになってしまうのを防ぎたい。僅かな含み損がダラダラ続くポジションを長時間持っていたくないという心理ですね。

誤解しないでいただきたいのはタイムストップ自体を否定しているのではありません。
それでトータルの期待値が改善されるのならばそれに従った方が良いのです。
ですが私の場合は統計的優位性の無い感覚任せのタイムストップによって大きく機会損失を出し、取れる場面で取れなかったのでジリ貧となっていたのです。
要するに“客観的な期待値を把握していない行動は取るな”ということです。


3つめ 相場観でトレードを見送る

これも同じで、機会損失に繋がる行動です。
見送りで3回ロスカットを防げたとしても、1回の見逃しにより助かった3回分以上の機会損失を出してしまったらトータルでは損することとなるのです。
「ロスカットになりたくない」という心理がこのような行動に繋がります。
損失を受け入れていないのですね。
“負けるトレードを首尾よく見送り、勝てるトレードだけしっかりエントリーする”というムシの良いトレードをしたいのです。
ですがそんな“うまいトレード”など、予知能力者でない限り再現性がありません。

更に1つめの問題で指摘したようにロスカット幅に対して利幅がさほど大きくない。
よってうまく負けるトレードを見送ることが前提で利益が残るトレードを目指してしまっていることになります。
負けるたび相場日誌に何がダメだったのか反省文を書きまくっていましたが、今思えば全部無駄な反省です。
なぜならば個々の結果はランダムなのです。
どんなにテクニカル指標で後解釈しようが次に再現できなければその反省は意味がありません。
更に2連敗したらその日は調子が悪いのでトレードを控えるなんてことも平気で行っていました。
もちろんその行動になんら統計的な優位性はありません。
それどころか試行回数を下げるだけです。

勝率を高めるためにトレード回数を限りなく絞ろうとすると墓穴を掘ることとなります。
1回1回のトレードの価値が高くなってしまいますので収益がたった1回の見逃しやロスカットなどにより大きく影響を与えてしまいます。
そして1回1回のトレードの心理的プレッシャーも大きいものとなりイップスになります。
それよりも数多くの試行回数をぶつけて大数の法則を働かせ、トータルで勝つ手段の方が再現性があります。
大数の法則が働くまでこなすと1回1回のトレードの価値が非常に薄くなり、プレッシャーも感じにくくなります。


私の場合上記の3つの行動がいつまでも勝てないままでいる原因を大きく占めるものでした。
裁量トレードでいつまでも勝てないと悩んでいるとしたら、当てはまる要素が少しはあるのではないでしょうか?
基本放置のスイングトレードの方が勝てたのは場中に余計な事をしなかったからなのですね。
デイトレードはあまりにも余計な裁量をしすぎたのです。

インターネットや書籍などであまりにもうますぎるトレードを鵜呑みにし、鍛錬すればいつかは自分もそんなトレードができるのではないか?という誤解がこういった“うまいトレードをしようとして墓穴を掘る”行動に繋がっているのだと思います。
ですがそんなうますぎるトレードは結果を改ざんされている可能性が極めて高いので信用してはいけません。
トレードの世界はあまりにもいい加減な情報や悪質な情報が錯乱しています。
出口のない迷路を彷徨わない為にも自分で検証したデータのみを信じるという事を忘れないでください。


スポンサーリンク

FXはメンタルを鍛えて勝てるトレードができるようになるのではなく、確率を味方につけ勝てるトレードを継続することによってメンタルが鍛えられる
トレードはメンタルが重要である。

よく言われていることです。
確かにその通りで全く否定はしません。

しかし、だからと言ってメンタルについて書かれている投資本をいくら読み漁ったところで全くトレードで勝てるようにはならないのです。
なぜなら本を読んだだけでメンタルを鍛えることは不可能だから
ゾーンだのトレーダーのメンタルエッジなど読んだところで全く勝てるようにはならないのです。(私はそれらの本は売り払ってしまいました)

ではどうすればメンタルは鍛えられるのか?
メンタルが確立していないとトレードを怖くて見送る、欲に負けてポジポジ病になる、チキン利食いする、ルール違反するなどの弊害が生まれてしまいます。
ですが勝てないと言っているトレーダーの大半はメンタル以前の問題があるのだと思います。(私が昔そうだったので)

それは一見テクニカル指標を用いながら客観的に分析してトレードを行っているように見えても、実は相場観に頼ったあやふやなトレードをしているからです。
つまり、期待値が正のルールを持っていないのです。
相場観による裁量判断が冴えていないと利益が残らない。
そういうルールで運用するから、かえって直前の勝ち負けの結果による心理的な影響を受け悪循環に至ります。

統計を取り、期待値が正のシステムを作る。
そして、それに従い続ければ気持ち的に全然勝っている気がしないが何百回もトレードをこなした頃には口座残高が増えている。
こうなると自信がついてきます。
いや、自信と言うより諦めにも近い心理状態でしょうか。

「ああ、今まで散々こねくり回して考えに考えたトレード結果よりもただシステムに従い続けるだけの方が余程結果がいい…今まで俺って何してたんだ…?」

こんな心境でしょうか。

期待値が正のトレードを継続することにより、個々の結果で心理がぶれないようになっていきます。

直近の勝ち負け?どーでもいい。

5連敗?いや、過去のデータだとそんなことしょっちゅうあるし何ら不思議なことでない。


裁量だけに頼ったトレードをしていた頃は5連敗なんてしようものなら「なんて自分は不甲斐ないんだ!」と自責の念に駆られっぱなしでした。
システムに従い続ける行動はこういった自責思考を排除できますので、根が真面目な性格の私にとっては有効でした。(ただしそのシステムがたまたま短期間だけでうまくいったようなものならば結局勝てなかったというケースもありえますから注意が必要です)
自分を責めて落ち込むと次のトレードに悪い影響を与えますからね。

なので、トレードでメンタルを鍛えようと勉強なんてする必要はありません。

そんな暇があれば検証してください。

そして正しいトレードを繰り返せるよう反復してください。
その経験を積むことにより自然とメンタルは鍛えられるのです。
勝てないと嘆くトレーダーの敗因は圧倒的な(面倒で面倒でたまらない)検証作業の不足によるものです。


スポンサーリンク

FXトレードのストレス解消その2 ~人との交流を絶やさない~
トレードの最大のメリットは全て自己完結することではないでしょうか?
従業員を雇う必要もなく、煩わしい人間関係に悩まされることもなく、全て自分で決め実行できることは他の業種に無い大きい魅力です。
アドラー心理学によると人間の悩みの全ては対人関係に原因があるとされているくらいですからね。

メリットであると同時に、誰とも交流しなくても仕事ができるので人間関係が希薄になってしまうというデメリットがあります。
皆さん、トレード仲間はいますか?
私には1人もいません。

私がトレードをしてから知ったのですが、大学時代の先輩がFXをしていました。
しかし流動性の観点から危険な通貨であるトルコリラのスワップを狙うようなキャリートレードスタイルでした。(今はどうなったか知りません)

同級生の知人でもFXをしているやつがいたのですが、久々にチャットで会話したら数百万を溶かし借金までしていました。
お前代わりに運用してくれんか?と言われましたが他人の名義の口座で取引するのは規約違反になりますし、私にはメリットは1つもありませんので当然断っています。
「トレンドって何や?」と言ってくるほど無知な状態でトレードしていて勝てるわけないでしょう。

久々に部活の可愛い後輩の女の子から連絡がきたと思ったら「ジョニーさん株に詳しいですよね?旦那が株で大損してまして、LINEでジョニーさんと繋がれたらいいなと言ってるんですけどいいですか?」とのメッセージ(笑)
なんで全く知らない人とLINEで繋がらなくてはいけないんだ?とか、LINEのメッセージのやり取りだけで勝てるトレーダーにしてくれと言うつもりなのか?とか、ツッコミどころ満載です。
可愛い後輩からの頼みですが丁重にお断りしました。
もしその後輩本人が損しているのならそれ以上損失を出さないよう多少のアドバイスをしたかもしれませんけど。(男ってバカですね)

要するに同じ土俵で相場について語れる知り合いは1人もいません。
仮に手法を確立しているトレーダーなら意見が異なるのは当たり前なので、相場について語ることすら不毛だと考えてしまうでしょうね。(私ならそう思います)

そもそもトレードしている人自体が少ないです。
そして日本では投資の教育が行われませんので偏見もあるでしょう。
怪しそうな事だとか、お金は汗水たらして稼ぐものだからそうでないものはけしからんという論外な風潮もあるでしょう。
儲けたら儲けたでまるでズルして儲けたような目で見られ、損したら損したで「そんな怪しそうな事するからそうなる」というような目で見られることもあるのでしょうね。
投資、投機は周囲からの理解を得られにくいという風潮は少なくても日本ではあるでしょう。

結局トレーダーは孤独なのです。
人間関係が希薄になるのです。
兼業トレーダーであっても、相場にのめりこめばのめりこむほど人間関係は希薄になっていくでしょう。
酔っ払いながら職場の誰かの愚痴を言い合うような不毛な飲み会に参加するくらいならニューヨークタイムにトレードしたり過去のチャートを検証したりする方が圧倒的に有益ですからね(笑)

だからこそ人との交流を絶やさないようにしなくてはなりません。
付き合わなくていい人間と付き合わなくて済むのはトレードのメリットでストレス削減となるのですが、逆に付き合いたい人間とは積極的に交流しましょう。
人間、社会との関係が希薄になりすぎると認知症になりやすいというデータもあります。
また、人は誰を喜ばせ、感謝されることで幸福感を得ます。
数値で表すのは難しいでしょうが自分のためにお金を使うよりも他人のためにお金を使う方が幸福度は高かったという研究結果もあるそうです。
いずれにせよ利他行動は幸福感を生むのですね。

私は料理ができるので友達によく料理を振る舞うランチ会を定期的に開催していました。(タダだと向こうも気を遣うので最低限の材料費は頂いていましたけどね)
引っ越して人間関係がリセットされてもそのたびに娘の幼稚園の保護者同士新しい友達を作ったりしてランチしていましたね。
ただ、私の楽しみの1つであったランチ会が2020年コロナ禍になってから大幅に減ってしまいました。
幼稚園の保護者の懇親会(居酒屋!)も中止になってしまい、あの時はコロナを呪いましたね。

それで大学時代私が麻雀にのめりこんでいた時の盟友(互角に闘える麻雀仲間)に連絡し、4人でオンライン麻雀を1戦やった後、その後LINEのグループ通話を開始。
酒を飲みながらその1戦の牌譜全てをそれぞれオンラインで見ながらあーだこーだと語るオンライン飲み会を定期的に開催することにしました。
便利な世の中です。
オンライン飲み会って楽しいのか?と最初思っていましたが、麻雀という共通の話題があるのでこれがまた非常に楽しい。
麻雀をこよなく愛するメンバーの集いで、それぞれ雀風も確立していますので毎回会話が尽きません。
その中には大学時代いくつも麻雀で伝説を作った尊敬する先輩もいますので、先輩の語りが毎回面白すぎて大きく盛り上がります。
ちなみに今年引っ越してからは新しい友達はまだ1人しかできていませんが、一家全員うちに来てもらってラーメンを振る舞ったりしました。

私にとって、もしこれらの交流がなかったとしたら例えいくらお金があっても幸福度は低いものになるでしょう。
何に幸福を感じるかは人それぞれですが、大抵の人は気が合う他者との交流は楽しいと感じるでしょうし、誰かに喜んでもらう事は自分の喜びにも感じる事でしょう。
トレードにのめりこんで他者との交流を完全にシャットアウトしてしまうと、空虚感を抱いてしまうかもしれません。
付き合いたくない人間はシャットアウトできるならシャットアウトしてしまった方が良いですが、そうでない人との交流は絶やさないようにするべきでしょう。


スポンサーリンク

FXトレードのストレス解消  ~トレードする時間帯をしっかり決める~
トレードは基本的に大きいストレスがかかります。
始めたばかりの時は楽しくて楽しくて仕方がなく、毎朝チャートがどうなっているかつい早起きしてしまうくらいワクワクドキドキしていましたが、それは相場を知らない初心者のうちだけです。
精神的に無くなってもなんともないくらいの金額での取引ならばデイトレだろうが長期投資だろうがストレスはそんなにかかりませんが、資金が増えて複利で増やしていこうとするといずれ精神的に負荷がかかるようになります。

例えばジェイコムショックで有名になったBNFさんのトレードに対する姿勢は私はとても好きですし見習わなければならないと尊敬しているのですが、そのBNFさんも「現金はなるべく見ないようにしている」と仰っていました。
お金をお金だと認識すると正常な取引はできなくなるのでしょう。
淡々と取引しているように見えますがそのストレスは計り知れません。

トレードはお金を儲けようとせず、口座残高というポイントを淡々と増やすゲームだと割り切る必要があるのですが、損切りをした時に頭の中で諭吉がパラパラ飛んで行ってしまうようなイメージを抱くと正常な判断ができなくなります。
頭ではわかっていても感情を完全に制御することなどできません。
私も以前はマウスを投げつけたくなるほど怒りを感じたこともありました。
BNFさんはリーマン株倒産で7億円損した時モニターを叩き壊したという逸話があります。
相場に向き合う上に置いてストレスは避けて通れず、排除しようとしても無駄なのでしょう。

なので、どうせ排除できないならしっかりと解消してやることが大切です。
まず、トレードする時間帯をしっかり決めましょう
メリハリをつけるためです。

為替相場は24時間空いていますし、仮想通貨などは土日も取引可能なところもあるみたいです。(仮想通貨は取引したことがありませんが)
私も以前は夜の12時までずっとトレードしていました。
しかし、娘が小学校に入学すると同時に息子が幼稚園に行くようになってからデイトレに専念できるようになり、デイトレのポジションサイズはそれまでのスイングの5~10倍程度になったため凄くストレスを感じるようになりました。
なので夜の12時まで取引するのをやめ、時間帯ごとの収益の統計を取った結果、新規注文を出していいのは21時29分までと決めました。
21時30分直前になっても約定しなければ注文が出してあったとしても取り消しとなります。
一般的にニューヨークタイムとロンドンタイムが重なる時間帯は利益を出しやすいと言われますが、私のシステムは21時30分以降の利益を排除してもそれほど減少しなかったからです。
アジア時間とロンドン時間が一番機能するようです。

そして21時30分以降(早い時は21時)は熱々の風呂orシャワーの後、キンキンに冷えたビールと美味しい夕飯でトレードのことは忘れて一杯やる。
これを日課にしています。(ロンドン時間はチャンスが発生する頻度が高くなるので呑気に夕飯は食べられません)
私はビールを愛していると言ってもいいくらい好きなので、ささやかですが一番のストレス解消法です。
料理は結構できる方なので、自分好みの美味しいツマミを作ることもできます。
毎晩美味しいものが食べられるので、外食は寿司と蕎麦以外はしたいとは思いません。(寿司と蕎麦打ちは素人にはどうしてもできない…)

トレードの時間帯をしっかり決めメリハリをつけることが大切ですね。
そして、トレードしない時間帯、あるいは土日はしっかりストレス解消する。
美味しいものを食べる事でもスポーツでも趣味でもなんでもいいです。
どうせトレードのストレスは避けて通れないのですから、トレードしない時にしっかりストレスを発散し、トレードする時はしっかり集中する。
くれぐれも相場漬けにならないようにする。
こういう心掛けが長くトレードを続ける秘訣なのかもしれません。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム