FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXにおいて裁量トレードを他から学んではいけない理由 ~情報商材やオンライン塾の罠~
私は初心者の事からいきなり裁量トレードを勉強し始めましたが大きな間違いでした。
裁量トレードは技術を磨けば安定して稼げるような錯覚に陥ったためです。
値動きを読む精度を上げるという考えが今思えば無理難題もいいところであり、自分で自分の首を絞める愚行だったのです。

ネットなどの情報を見渡すと、

「そのまま機械的に行っただけで勝てる方法は存在しない」

「裁量トレードは安定したリターンを得ることが出来る」


などといった意見や宣伝などがしばしば見られます。
だからといって安易に裁量トレードで儲ける方法を身につけようとしだすと、何年も何年も勝てずに苦しむ、努力が全く報われないという結果になりかねません。

まずトレードはダイレクトにお金の増減が絡んでくるという要素があり、正常な判断を狂わしてきます。

ちょっとの値幅ですぐチキン利食いする。
損失を確定させたくなくて損切りできない。
ポジポジ病になる。
エントリー恐怖症になる。


このような負けパターンに繋がる行動は金銭の増減に影響されて引き起こされるものです。
気合や根性ではどうにもなりません。
初心者は、ましてや経験をかなり積んだトレーダーですら金銭の増減が及ぼす影響を完全に排除することができません。
結果、初心者の裁量トレードはただのヤマ勘トレードと変わらなくなるのです。

更に、値動きの未来は絶対にわかりません。
読む力をつけるなどということは烏滸がましい行動です。
どんなにテクニカル指標を持ち出して精密に分析しても決してチャートの先はわからないのです。


大抵のトレードの情報商材やオンライン塾などは裁量トレードを推奨してくると思います。
システムトレードはドローダウンがあるので安定的に勝つことはできません。
なので、裁量トレードというわけです。

しかし裁量トレードは「このルールをそのままやるだけでは勝つことは出来ない。エントリーポイントを取捨選択できる技術が必要である」という条件付きです。
そしてこの技術の習得がいつまでも身につかず永遠に苦しむこととなります。
実際勝率70%を謳いながらそのルールを過去チャートで検証したら勝率3割台でしかも期待値大幅マイナスなんてのもありました。
都合よく負けるトレードを見送るという実現不可能な技術がないと勝てないのです。

再読する価値もないようなゴミ商材もありますが、そこそこまともな内容のものだと資金管理、テクニカル分析の基礎などをしっかり教え、「退場するレベル」から「生き残るレベル」まではレベルアップ可能なものもあります。
しかし「生き残るレベル」から口座残高の「金を増やすレベル」には到達できません。

サブスクのような形式ならば他人の裁量トレードなど再現し続ける事は不可能なのでいつまでも会費を搾取できます。
いつまでもこの方法で勝てないと文句を言っても「トレードの精度を上げる訓練が必要」と言って、チャート再生ソフトなどでもっともらしい訓練方法を教え言い逃れできます。
裁量トレードなので後付けでどうにでも勝つ道筋を解説することもできます。

このような学習環境で日の目を見ることは無いでしょう。

ではどうすれば良いのか?

くどいほどこのブログで繰り返し述べていますが、期待値が正のシステムを作ることです。
既にテクニカルの基礎を身につけ、資金管理も適切に行う力があるのならこのステップを乗り越えれば「金を増やすレベル」まであと一歩です。
「機械的にやり続けるだけで勝てるわけがない」という意見もありますが、大数の法則が働くまで試行回数をこなせば利益になる可能性が高いルールと言うものはあります。
少なくとも勝てない裁量トレードを続けるよりは余程勝算は高いものとなります。

どんなルールでもいいので、厳密な条件でエントリー・イグジットを繰り返し、大数の法則が働く回数までのデータを集める事から始めるのです。
いきなり勝つルールを見つける必要はありません。
そもそも大数の法則が働く回数は確率分母の300倍と言われます。
3回に1回勝てる、つまり勝率が3分の1ならば、分母の3×300で900回の試行回数が必要です。(私の手法の場合勝率は3割ですが大きく動く相場環境が定期的にやってくる恩恵を受けるせいか、なぜかだいたい300~400回くらいで安定した収益となります)

大量の試行回数が必要なのにたった50回のデータを取っただけマイナスとなったのを見て「これは使えなさそうだな」と放り出してはいつまでもルールを作ることはできません。
だから数百回分の大量のデータを積み上げるまで投げ出さずに取り組む必要があります。
検証結果が大きくマイナスになっても良いのです。
むしろ大きくマイナスならばその逆の発想を組み込んだらどうなるか?などと考えることもできます。

私も今のルールを作り上げるまで途方もない時間を要しました。
今のルールの原型が出来上がったのは確か7年ほど前なのですが、そこから何度も改良を加え大幅にアップデートしています。
今でも日々検証作業をしています。


誤解のないよう付け加えると、全ての情報商材やオンライン塾などを「無駄だ!」と罵倒する気はありません。
「退場するレベル」から「生き残るレベル」になることも非常に大切だからです。
退場さえしなければ失敗してもやり直しができるので、その水準まで成長することだけでも価値のあることです。
しかし、運営側としては利益を出すために売れるよう工夫することは当然であり、初心者が飛びつく高勝率を謳う、いつまでも再現不可能なルールで会費を搾取する、後付けで儲けていると見せかける売買譜を作り出すなど、様々な工夫を凝らすことでしょう。
なので、搾取されないためにも「生き残るレベル」になったのならそういったものはさっさと卒業して自分のルールを作り出す必要があります。

もし他人の裁量トレードルールを学んで勝てるようになったのだとしたら、それは他人の真似でなく自発的に自分のルールをしっかりと構築し、開眼した事が理由でしょう。
他人の物真似をしようとしても10年経っても勝てるようにはなりません。
どんなにチャート再生ソフトで訓練しようとシステムが定まっていないならばいつまでも勝てません。

現在、損切りしようと思っても躊躇してしまう、損切りの逆指値を引き下げてしまう、そもそも損切りの逆指値を発注すらしていないという「退場するレベル」のトレーダーならば他人から基礎を学ぶという姿勢で良いでしょう。
しかしテクニカルの基礎知識はある、資金管理もばっちりなのに勝てないというトレーダーは次のステップへ進む必要があります。
踏み出さないままでいるといつまでも「生き残るレベル」で停滞し続けます


スポンサーリンク

FX短期売買は500~1000回分のトレードを1つの大きな長期投資ポジションと見なすと勝率の低さは気にならない
感覚は一切必要なしで再現性があり、かつ高い利回りの手法を求めるならば低勝率型の損小利大スタイル以外にないと思います。
コツコツドカンの手法でも期待値がプラスならば構わないのですが、ドカンが万一連続して起きた場合を考えると資金管理がシビアになりどうしても利回りは低くなります。
既に莫大な資産を保有しているのなら手堅く低い利回りでも良いのでしょうが、我々弱小個人投資家は少しでも高い利回りの手法を求めた方が資産の増えるスピードは早いので良いと思います。
損小利大は常に負け続ける素人トレーダーの逆を行く行動であり非常に優位性の高い手法です。

しかし、勝率が低いという要素が損小利大の人気の無い理由なのでしょう。
特に初心者は勝率の高さを求めます。
私も昔はそうでした。
勝率が高い方が安定性は高いと感じるからです。

ですが、勝率が高いという事は相場の摂理では必ずコツコツドカンとなります。
勝率が高いのに利益も大きいというスタイルにするには値動きを当てなくてはなりません。
値動きを当てようとすると必ず無理がたたってしまいます。
高勝率の維持がトレーダーの感覚に依存してしまい、心理的影響も大きくなり、大負けはしないまでもいつまでも満足に勝てるようになりません。

私はそれに散々苦しみ、もう低勝率でもいいから損小利大しかないと考えやっと自分で自信を持てるスタイルを築いたのですが、頭ではわかっていてもどうしても低勝率、連敗、一時的に含み益になったのに損切りになってしまうトレードの多発などに耐えられないというトレーダーもいると思います。

それではこう考えてみてはいかがでしょうか?
まず低勝率という固定観念を取っ払いましょう。
デイトレは非常に数多くの取引をします。
大数の法則を働かせ確率に収束させるには試行回数が多いほど良いのでしたね。

これからあなたが行うであろう500~1000回程度のトレードを1つの大きい長期投資ポジションと考えるのです。
トレードって仕掛けてすぐに含み益になって順調に利食いになることは稀ですよね?
勝つトレードでも大抵は一旦含み損になったりヨコヨコになったりじれったい動きをしてから行くものです。
なので、連敗が続いて苦しいとしても、それは1つの大きな長期投資ポジションが一時的に含み損になっているだけだと考えるのです。
連敗じゃなくて一時的な含み損なのです。

そして確率に収束させる頃には口座残高も増え、その1つの大きな長期投資ポジションが晴れて利食い完了になったということです。
1勝0敗で勝率100%ですね(笑)
デイトレで日々忙しく取引をこなしているとどうしても個々の結果にメンタルをやられてしまうかもしれませんが、長距離走でじっくり取り組む心構えが必要になるのです。

このように考えろと言われても精神論になってしまうかもしれません。
しかし、人間の本能に強烈に逆らう行動が相場では優位性を持つので常人とは別の発想で取り組まなければならないのです。

トレードをしている以上損切りとなるトレードを避けることは不可能です。
そして損切りによる一時的な口座残高の減少が多くのトレーダーの精神を打ち砕き、聖杯探しに陥ったり諦めてやめてしまったりするのでしょう。
ですが損切りを負けや失敗とは捉えず、数多くのトレードの集合体の中の単なる一時的な含み損程度に考えられれば少しは気が楽になりませんか?
個々の取引がゴールではなく、大数の法則が働く回数をこなした後にゴールがあるのです。
短期売買と言えど長期投資感覚で気長にじっくり取り組みましょう。


スポンサーリンク

FXで機会損失を出さない為にも見送り癖をつけない
※ 現在執筆しているトレードマニュアルから一部抜粋

ある程度相場の経験があると独自の相場観のような感覚を持っていると思います。
すると、ルール上はエントリーのシグナルが出ているが、相場観により「ここは負けそうだな」と考えトレードを見送りたくなります。
他にも連戦連勝してその利益を減らしたくないという感情で守りに入ってトレードを見送ったり、連敗でこれ以上負ける苦痛を味わいたくないからトレードを見送ったりと、様々な要因で見送ってしまいたくなる時があるでしょう。

しかし、見送った箇所がもし大きな勝ちポイントならば、大きい機会損失を出してしまいます。
機会損失よりもトレードを見送って助かった分の金額の方が大きければそれで良いのですが、そんなことを目指してしまうとやはり「負けるトレードを首尾よく見送るための方法はないものか?」と予知能力習得を目指してしまうのはお約束です。
何度も繰り返し述べていますが、そんなものは再現性がないのでしたね。
これまで私は大きい利食いとなるポイントがあった時のチャートをいくつも凝視し、何か共通点は無いか?条件を当てはめれば他の箇所で損失を回避することができないか?と散々考えました。
しかしどれも駄目で、相場環境によっては機能しても他で機能しない事があり、結果試行回数を減らすことは長期間でのトータルの期待値を減らすという事実を思い知らされるだけでした。

たまたま見送ったポイントが損切りになっていた場合、味を占めて見送り癖がついてしまいます。
見送り癖がつくと試行回数は激減し、機会損失も大きいものとなり、やはり期待値に収束されなくなります。
私が過去に長い間勝てなくて苦しんだ時期の一番の原因はこの見送り癖です。
リスクを取ることに億劫となり、スポーツの分野でいうイップスとなっていたのです。

少し前に述べたように「損切りすべき場面に損切りせず様子見した結果買値に戻って助かった!ラッキー!」というのは未来への負債だという表現はピンとくると思います。
同時に「見送ったポイントがもしエントリーしていたら損切りになっていたので1回分の損切りによる損失が浮いた!命拾いした。ラッキー!」というのも未来への負債です。
本手法は損小利大手法なので、大勝ちポイントを見送ってしまうとその機会損失は状況にもよりますがだいたい損切り3回分の損失と同等です。
トレードを見送るという行為は“ルールの3倍の過剰なポジションサイズでトレードして損切りとなる”といった事態と同等の損失を引き起こす可能性があるという事を肝に銘じるようにしてください。
立派なルール違反なのです。

トレードの本質とはリスクを取る行為です。
過剰なポジションで大きなリスクを取ることはいけませんが、小さなリスクを取ることに億劫になっていてはいつまで経っても資産を増やすことは出来ません


スポンサーリンク

FXで機会損失は気にしなくても良いのか?
機会損失は気にしなくていい。

こう考えていたがゆえ、
昔私は全然勝てなかったのです

そう考えていた原因は、
“勝ち組のトレーダーはトレードを厳選し、勝てるポイントを的確に掴み、負けるポイントは見送り、仮に仕掛けたトレードが負けそうになっても値動きを見ながら上手に同値付近で撤退する”といった幻想です。

こんな神懸ったトレードを目指すとどうなるか?

トレードを厳選する。

→相場環境などを考え見送りや撤退が増え、損失となるトレードを減らすことができる

→同時に負けそうだからと見送ったポイントや途中撤退したポイントが思惑通りの方向へ飛び機会損失となる

→しかし完璧な厳選など無理なので機会損失は気にしないと自分に言い聞かせ、それよりも損失を少しでも減らすことの方が重要だと思い込み続ける

→結果取れるところで取れず、大負けはしないもののいつまでもトントンかジリ貧の状況が続く


私の場合はこのような負のサイクルを繰り返し苦しんでいました。

とにかく損失を減らそう、減らそうとばかり考えていたのです。
ロスカットとなるトレードをゼロにすることは不可能だとはわかっていましたが、できることなら少ない方が精神的に楽ですもんね。
とにかく勝率に拘り、相場を複雑に考えていましたが、結局うまい具合にトレードを厳選することなどできませんでした。

結局エントリーのサインが出たら数打ちゃ当たる作戦で手あたり次第エントリーし、そして(ここが重要なのですが)想定損失額に見合った利食い幅でしっかり利食いなりトレイリングストップすること。
こうした方が圧倒的に収益は高かったのです。

勝率を高めようとするとどうしても利食いが小さくなります。
エントリー後なかなかうまい具合にいかないとすぐ同値付近で玉の半分なり3分の2なり逃げたりして、結果その後思惑通りの方向に飛んで機会損失しても「機会損失は気にしない」と自分に言い聞かせる。
こんなことを繰り返していてもいつまでも勝てません。

重要なのは勝率よりもバランスの良いリスクリワードです。

統計を取り、どのようなエントリー方法、利食い、ロスカットで利益が残るのかを把握する。

負ける場面はしっかりとロスカットして相場に支払う。

しかし勝つ場面も逃さずきっちり取る。

たったこれだけで勝てるようになるのです。

全ては“精神的に楽なトレードをしたい”という自分都合が“機会損失は気にしない”という誤解を生み出してしまったがゆえ。
精神的に楽なトレードなどないんです。
そんな方法があれば素人も簡単に大金持ちです。

トレードの本質は“リスクを取る”ことであり、リスクを取ることに億劫になってはいけないのです。

もちろん破産するようなポジションを持つことは論外なので資金管理をした上での話です。

ルール上取るべきところをきっちり取る。

そのために厳選し負けを回避しようと考える必要はない。

大数の法則が働くまで淡々と繰り返す。

このような意識で取り組めば泥沼にハマっているトレーダーの救いになるかもしれません。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム