FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

4/21
終わったチャートを見て「ここは仕掛けしておくポイントだったかな」などと振り返るのは全く無意味です。
ただの結果論だからです。
もしそこがロスカットになるポイントだったらそんなことは思わないはずです。
結局勝つポイントだけを探そうとしているのです。

仕掛けの基準や手仕舞いの基準は誰が見ても客観的にわかるものでなくてはなりません。
そうでなければ常に再現し続けることができないからです。
フィルターをかけるにしてもどういう基準なのか。
仕掛けの方法や手仕舞い方法が状況によって使い分けるのなら具体的にどういう基準なのか。
ケースバイケースと一言でまとめず曖昧さを一切排除した説明ができ、他人が容易に理解できるものでなくてはなりません。
感覚を用いるのは手法を確立した後の応用の話です。
他人が理解できないという事は自分もわかってないという事であり、結局トレードが当て物となってしまいます。
当てれば儲かりますが外れれば儲からず、常に当て続けることは不可能です。


スポンサーリンク

4/20
トレードでうまくいなかないこと続きになると嫌になります。
しかし大抵の場合その“うまくいかない”とは所詮数回数十回のトレードをやった結果の事です。
確率が働く前に嫌になってしまい手法をあれこれ変えたりルール調整してどうにか負けを減らせないものかと試行錯誤するトレーダーは多いと思います。

人間は目先の結果にフォーカスしてしまいます。
長期的なビジョンで捉えるのは難しいことです。
しかし確率論に基づきトレードをするならば大数の法則が働く試行回数をこなした結果で考えなくてはならず、たった数回数十回の結果でどうこう考えるのは害悪にしかなりません。
目先の事で嫌になってトレードする気がなくなってしまう度に取りこぼしも起きます。
期待値に収束されず確率が働かないのです。

資金管理しながらルール通りトレードしているのなら最低数百回程度こなして初めてトレードを振り返ればいいのです。
それまで口座残高の増減はどうでもいいのです。
もし数百回こなしてもうまくいかないのならばそもそもルール自体の期待値がマイナスである可能性があります。
その場合は実弾トレードする以前の段階です。


スポンサーリンク

4/18
ピラミッティングで玉を建てていくと強いトレンドが出れば加速的に含み益が増加していき、まさにナンピン地獄で苦しむのとは逆の状態になります。
しかし、ポジションが膨れ上がっているので一時的な調整(あるいは転換)でちょっと戻すだけで含み益がガクンと減るので慣れないうちはこれに耐えるのは非常に苦しいものです。
つい早く利確してしまった方がいいのではないかと魔が差してしまいます。

そんな時はその行動を他全てのトレードに当てはめた場合収益がどうなるのかを考えるべきです。
トータルで勝てればいいだけの話なので、その1回の結果はどうでもいいのです。
期待値が高い行動をとっているのならばその1回の結果が含み益全帳消しでも構わない。
どういう手仕舞いの仕方をしたらトータルでの収益が良いのか。
これを考えた時に今の自分の行動は統計の結果に沿ったものなのかが肝心です。

臨機応変に手仕舞いをするのは結局のところ感情に流されてしまいます。
それよりは統計に基づき期待値の高いやり方で一貫した方があれこれ考えて手仕舞いするよりもよっぽど結果が良い。
手仕舞い方にいくつかパターンを分けたいのならそのパターンごとに統計を取り、使い分けた方が良い結果となるのか、それを検証したうえで取り入れなくてはなりません。(ちなみにパターンを分けるとしたら何をもってその条件にするのか定義づけするのも大変ですし私は複雑に分けたりはしていませんが)
例えばトレイリングストップはトレンド相場で機能しますがそれ以外の相場環境では機能しません。
ターゲットイグジットの方が良い場合もあるでしょう。
ですがそれも統計を取った上で判断すべきことで、気分であれこれやり方を変えてはいけません。
手法を確立し自分のものにしないうちは、感覚・直感・裁量といったものはまず間違いなく”ただの感情に振り回された判断”となるからです。


スポンサーリンク

FXトレードで今トータルで勝てていないのなら何かに原因があり、そのまま続けていても結果は伴わない
今勝てておらず試行錯誤しながらトレードしているというのならそのまま続けていてもずっと勝てずそのままです。
試行錯誤しながら、日々あれこれ思考しながらトレードをしているという時点でそれはずっと続き何も変わりません。
「今はダメでも経験を積み技術をつければいつかきっと…」という希望は永遠にかなわず勝てない状態が続くだけです。

私の場合、どうやっても値動きを読む精度を高めることなどできず頼れるものは期待値が正のシステムしかないという事に気づいてから変わることができました。
しかしそれに気づかねばずっと惰性でトレードを続けていたことでしょう。
あれこれ考えながらトレードしても結局値動きを見極めることなどできず、余計なことは考えずルールのみに従うというのが理想だと考えています。
そしてそのルールとは期待値が正のシステムに基づくものです。

今勝てていないというのなら何かに原因があるのです。
ポジションサイズが自分の身の丈に合っておらずトレードを躊躇しているのかもしれない。
ルールが厳密でなく感覚に頼るものが多く解釈次第でどうにでもなってしまうルールなので、感情で仕掛けを躊躇したり衝動的に仕掛けをしてしまうのかもしれない。
損切り幅が大きすぎ損益比率が悪く、もっと小さいうちに損を切る必要があるのかもしれない。
利さえ伸ばしていればトータルで勝てているのかもしれない。
投下資金が大きすぎるのかもしれない。
確率を働かすための試行回数が足りていないのかもしれない。
自分のルールに忠実にシミュレーションして統計を取っていないのでそもそもルールの期待値がマイナスなのかもしれない。


…様々な理由が考えられますが、根本的には「統計に基づく期待値が正のルールを持っていない」という事に行き着くのだと思います。(あと資金管理も言うまでもなく重要です)
統計を取るのは非常に面倒ですが少数派に入るためには面倒でもとにかくデータを取りまくらなくてはなりません。
いきなり勝てるルールを作ろうと思っても勝てていない検証結果を見てガックリし諦めそうになります。
しかしそこで更にどうしたらよいのか考え、今負けている自分のやり方をそっくりそのまま反対にすれば良いのではないか?とか気づきを得て、結局「他人が心底やりたくないやり方を続けることに優位性がある」と確信してやっとスタートラインに立てます。

トレードは根性や努力ではどうにでもならず、自分で考え学習し、相場における優位性というものに気づかなくてはなりません。
そこを通過しない限りどれだけ自分は頑張っているつもりでも永遠に結果は伴わず、大半のトレーダーが諦めるか、それとも資金がなくなるまでずっと負け続けるのだと思います。



スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人お勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム