*All archives* |  *Admin*

12/24 今年もあと少し
今年も残すところあと数日となりました。
あっという間の1年でした。

今年は引っ越ししたり第二子が誕生したりと色々ありました。
ただ、ブログの更新をさぼりがちだったのが反省です(笑)
ずっと同じような内容ばかり書いているので書き始めても「これ前と全く同じ内容だ」というのが何度もありました。
反復することには意味がありますが、記事を書くモチベーションが途切れてしまった1年でもありました。

そこで来年は相場の開いている日はできるだけ毎日更新できるように、その日のチャートを挙げながらどう考えているのか、どう取引したのかも部分的に記事を書いていこうかなと思いました。
本当はこのような内容の記事は読者の役に立たないのですが日々更新する習慣を元に戻すための独り言みたいな感覚で捉えていただければと。
アクセス数やランキングが大幅に下がってしまったというのもありますが。
他人の相場展望や取引を読んでも役に立ちませんからね(笑)
むしろ悪影響になりかねないのでそこは軽く読み流していただいて、結局はいつもくどくど書いている内容が重要だということです。
全然当たらない相場展望や下手くそな取引が垣間見える記事が続くかもしれませんがご勘弁ください(笑)
全然正しい予測ができなくても、酷いトレードまみれでも気が付けば口座が増えていたといったトレードばかりなもので。

私は東証の大納会の日まではトレードする予定です。
少し早いですが、皆様、良い年をお迎えください。


スポンサーリンク

12/21 勝てなかった原因
私のブログはある程度知識や経験を得たのに勝つことができないトレーダーに向けて書かれた内容が多いです。
全くの初心者はまず証券会社の選び方、注文方法、ツールの使い方などを学びますがこれは現在インターネットで簡単に調べることができます。
そしていよいよ取引を開始し、例外なく痛い目を見ることになります。
そこでもう辞めてしまうトレーダーと、「こりゃいかん。やっぱり真剣に勉強しなければ」と奮起するトレーダーに分かれます。
勉強を始めたトレーダーは相場の基礎知識、テクニカル指標、チャートの見方、資金管理などを学びます。
これも現在インターネットや書籍で簡単に調べることができます。
ここまではなんとか辿り着く。

問題はここから先です。
ここまでインターネットや書籍で簡単に調べることができる内容では“大損せず生存できる”レベルまでは来ることができますが、そこから先である“利益を出す”というレベルになかなか辿り着くことができません。
インターネットや書籍で簡単に調べることのできる内容には高勝率を謳ったものが多くあります。
そして相場観を磨けば勝率を高める、つまり相場を予測する力をつけることができると信じ込みます。
ここに罠があります。
高勝率自体がダメなのではありません。
相場を読むこと前提の高勝率がダメなのです。
相場を予測することなどはできません。
当たったとしても個々の結果はほぼランダムです。
なのに裁量で相場を的確に予測して初めて勝率をキープできる…これに問題があります。
こうなるとドツボにハマります。
個々のトレードに確実を求めるようになり仕掛けの回数が著しく低下します。
確率論に基づきトレードするのならば確率に収束させるための試行回数が必須なのですが、それとは逆行した道に進みます。

私の場合、思うにトレードに精度を求めだしてから一向に勝てなくなりました。
初心者に毛の生えた時期の方がまだマシだった。
知識は必ず必要なのですが、またそれがトレードの邪魔をします。
余計な相場観が邪魔します。
ロスカット=ミスと捉え、できる限りロスカットを減らしたいと考えます。
負けトレードを必死に分析し、同じ過ちを繰り返さないようにと毎回反省します。
しかし今度は勝ちを度々見逃します。
結果機会損失がかさみ勝てるものも勝てなくなっているのを「機会損失は気にしない」などと自分に言い聞かせます。
これでは駄目です。
取れるべき時に取れなくては収支をプラスにできません。
ましてやトレンドフォロァーです。
トレンド相場自体が稀ですので、たたでさえ貴重なトレンド相場を「ここからは高すぎて買えない、安すぎて売れない」なんてことになってしまい見逃し続ければ出番はありません。
更にせっかくトレンドフォロァーでトレードしようとしているのに安易な相場観で早々に利食いしてしまうのです。

こうなってしまった原因を端的に述べると、ロスカット=ミスと考えていたこと、ルールの期待値が不明瞭であったことです。
ルールは相場観が冴えていなければプラスにならず再現性がありませんでした。
だったら期待値が正のシステムを作るのです。
一番単純なのは初心者が必ず損する典型パターンコツコツドカンの逆をやることです。
そしてロスカット=ミスと考えず、負けトレードの分析などする必要はありません。(ルールを破った場合は反省する必要があります)
負けを受け入れその上で勝ちもしっかり拾う。
ロスカットは確実に執行し、利は徹底的に伸ばす。
こんな単純な事で勝てるようになるのです。
裁量を交えだすとその後更に試練が待ち受けていますが、まずはシステムを作りその通りにトレードを執行し、連敗だらけで酷い有様なのに口座残高が気が付いたら増えていたというのを実感することが確率を理解する上の最初のステップです。


スポンサーリンク

トレイリングストップの位置
トレンドに追従して玉を引っ張るというトレードスタイルの手仕舞いはトレイリングストップが最適ですが、大なり小なり最後に決済する時の“含み益の減少”が避けて通れません。
現に私も為替で1000pips以上の利が乗っていたのに決済したときは700pipsくらいだったとか、米国株CFDで3000$以上の利が乗っていたのに決済したらそれより600$程度下で利確だったなんてこともあります。
含み益を失うのは悔しいですよね?
最も含み益が載った瞬間を体感していなければそんな悔しさは起きないのに、なまじその瞬間を味わっているのでそれを失う心理的負担を味わうのです。
これは完全に人間の勝手な都合というか、思い込みです。
ただ悔しいと感情が揺れ動いているだけで戦略とは無関係です。
ですが人間である以上どうしてもこのような感情を抱いてしまい、次からは手法を変えてしまおうと余計な事をしでかします。

発想を転換させ、切り捨てる含み益はトレンドに追従するための保険料だと思いましょう。
ロスカットは破産しないための保険料です。
多くの場合ロスカットしないで助かっても1度の失敗で破産します。だから保険料を払います。
それと同じで、切り捨てる含み益はトレンドにしっかり追従するための保険料なのです。

そもそも買うなら何円以上のゾーンで買うのか?売るのなら何円以下のゾーンで売るのか?(例えば75MAを割らない限り上昇相場継続と仮定し、サインが出たら買う)
買いポジを持っている場合、もし適当にそれを値ごろ感で利確してしまいノーポジになってしまったとしましょう。
でも買うと決めているゾーンまでなら再び買うはずです。
買う前提が崩れていないからです。
さっきうっかり利確してしまったことを後悔しながらも買い玉を建てなくてはなりません。
だったら買う前提が崩れるまで玉を保持し、それが崩れたところをロスカットラインなりトレイリングストップとすればいいのです。
こうすれば撤退したことを後悔し新規にリスクを取る必要はありません。(ピラミッティングする場合は追加仕掛けをしますが)

買いポジを持っていたが撤退し、その後新規にリスクを取りロスカットにかかれば当然損失を出します。
つまり保持した玉の含み益の減少はその新規のリスクと同等に考えればいいのです。
こう考えれば私は含み益の減少でいちいち悔しい・残念な思いをすることが軽減されました。
うっかり利確してしまい、しかしやはり再びサインが出て余計に高い価格で再仕掛けせねばならないということが防止されるのです。
玉を、買う(または売る)前提が崩れていない限り保持すればトレンドに追従できる確率が上がります。
トレンドフォロァーはまず「利確しない」という事が最初の関門でしょう。
しかし利確したくてたまらなくなるのは人間の強烈な本能です。
これに抗うことは容易ではなく統計の裏付けが必要ですが、それでも何度も余計な事をやらかしてしまいます。
やらかしそうになった時は“買う(売る)前提が崩れない限り利確しないことが結果的に得することになる”と言い聞かせるべきです。


スポンサーリンク

12/11 ノイズ
チャートを見るとノイズのような値動きがあります。
まあノイズと言ってもそれは後解釈に過ぎず、例えば買った玉が順調に値上がりしたのに突然急落して振り落とされた後にまた元通りになったような突発的なものをノイズと呼んだりすることがあります。
要するに振り落とされたりしてイライラが募って“ノイズ(雑音)”と呼びつけるような(笑)

ですが私の場合株価は“常に正しい”という考えがあります。
そういうワケのわからない滅茶苦茶な動きも全てひっくるめて、様々な思惑や大衆心理を全て織り込み反映されたのが株価(為替の場合はレート)です。
それに相場というのは金の奪い合いです。
心理を揺さぶり、持っていられなくなるような動きをしてくるのは当たり前なのです。
ですからノイズは多々起こるということを肝に銘じなくてはなりません。
イライラする動きは必ず起こるので、いちいちそれに感情を揺さぶられたら正常な判断ができなくなります。
そもそも相場とはそういうものだと認識することです。

ノイズが発生してイラつく要因に“振り落とされる”ことが挙げられます。
せっかく順行して大なり小なり含み益が増加していたのに急な値動きでトレイリングストップやロスカットラインにヒットした後に何食わぬ顔で元通りになってしまうとイライラします。
そのまま反対方向に行ってしまえば救いがありますが、元に戻ってしまうと機会損失したような気分になりイライラするのですね(笑)
その時場を見ていられれば再仕掛けも可能ですが、突発的で素早い動きとなると再仕掛けを躊躇したり見逃してしまったり、「トレンド転換か!?」と疑って再仕掛けができなくなって置いて行かれることとなります。

これを解決しよう、つまり振り落とされずに済むロスカットラインやトレイリングストップの設定をなんとか決められないかともがくのですが、そのような事は不可能です。
支持線、抵抗線、テクニカル指標など様々な材料を持ち出しても値動きを予測することは不可能なのです。
未来を予知することなどできない我々にできることは統計を取る事であり、良い結果に従い続けることです。
個々の結果は振り落とされようがどうでもよく、トータルで収益を上げることを考えるのです。

トレイリングストップは広ければ広いほど振り落とされずに玉を保持し続けることができ、大きいトレンドが発生すればしっかりと追従できますが、トレイリングストップにヒットした時の含み益の減少は大きいものになります。
トレイリングストップが狭ければその逆となり、すぐ振り落とされてしまい大きいトレンドに乗るには再仕掛けをしなくてはなりませんが、個々のトレードの含み益の減少は小さいものになります。

この前の記事の内容と重複しますが、大きいトレンドがいつ起こるかという事は事前にわかりません。
だから血眼になって完璧なトレイリングストップの水準を考案しようとも、必ず裏目ることになります。
それぞれのトレイリングストップの水準で統計を取り結果が良いものを選び実行し、裏目っても仕方のない事だと納得する必要があります。
また、収益が大きい方法だとドローダウンが大きい、収益の小さい方法だとドローダウンが小さめなどという事もあると思いますので、そういう場合は玉を分割決済するのが最良の方法ですし私もそうしています。
例えば引っ張っている玉の半分は浅め、残りは深めのトレイリングストップとすることにより、大きいトレンドだろうと小さいトレンドだろうとそこそこの結果を得ることができ心理的にも負担が軽減されます。
ノイズを予測することは不可能であると認識したうえで、それを受け入れて程々の収益を得られるよう出口戦略を考案するのが良いです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: