*All archives* |  *Admin*

2/29 全速で撤退!
こりゃ凄いですね。
何が怖いって戻りらしい戻りが全然ないからです。
プットのIVが急増しすぎて凄まじいプライスがついています。
これは権利行使価格に到達しそうになった場合に逃げるに逃げれない状況になると判断しナイト寄り後にプットのクレジットスプレッドはロスカットすることにしました。
損失限定ポジションですがこのままオプション売禁とかになって半端ないスリッページで強制決済されるケースもあるからです。
恐怖で投げるのはどこなのか?と思っていましたが投げたのは私でしたね(笑)
100円を超えると呼び値が5円単位となり2つの銘柄を同時決済するのは神経を使い余計な損失も出たので痛かったです。
これで月曜日に反発したらと思うと悔しいですけどトレードで最も重要な事は撤退判断ですので、自分が間違っていたと感じたら全速で逃げることです。

リーマンショックの時の日足を見るとわかりますがここまで下げるとリバウンドも強烈なものになる可能性もあるのでポジションを持ったまま週越えするのは危険と判断し、22000円台からいくつか売っていたCFDのポジも深夜に起きた時20600~21000円間で全て利益確定させました。
「想定外」という言葉はトレーダーにとっての禁句ですが私の実践・検証の経験から外れた相場付きになってしまいました。
何度か暴落相場を経験していますが今までとは異なる雰囲気を感じたからです。
異常事態と感じシナリオが建てられないのに下手に持ち越すのは博打になってしまいますから。
一応CFDの日足は米国株、日経ともに下髭の長い足となりましたので一旦反発しそうな感じではありますが、確実な事は何も言えないのでどちらも考えられます。
一旦ポジションを全てリセットしたのでフラットに相場を見ていきたいですね。(あっ、EUR/USDの買いポジの一部は握ったままでした)
売り禁などの非常事態になる可能性が高まってきたのでここからはオプション売りはタブーだと考えます。
逆にCFDだとロスカット幅が大きい場合プットのロングで短期売買するのもありです。
ただIVが剥げると一気に減価するので注意です。
先物、CFDも50~100円くらい一瞬で動くのでノイズの動きも凄いですね。
ですが綺麗に下落トレンドが出ていますので戻り売り方針は変わりません。
基本に忠実に狙っていきたいです。


スポンサーリンク

2/28 幼稚園自粛要請
珍しく朝の更新です。
昨日から娘の幼稚園を1週間ほど休ませることにしました。
自宅保育が可能な限り登園自粛をお願いされたからです。
行政の今後の対応次第では春休みまで休みになる可能性も出てきましたね。
まあこうなっては仕方ないので慌てず騒がず不要な外出を控え健康的な食事、体づくりをする他ありません。
私は去年からずっと1日2食を続けていますが少食は免疫力を高めるそうです。
元々私は結構体調を壊しやすかったですが、今は軽い風邪は引くこともありますが熱を出し寝こむような病気には全くかかっていません。
今までは栄養のあるものをたくさん食べる「足し算の栄養学」といった感じでしたが今は「引き算の栄養学」ですね。

それはそうと株式市場は凄いことになっていますね。
朝見たら桁が1つ違いました(笑)
私は週足のMA密集地帯である22000円付近で高値更新は無理でも一旦は反発すると考えていましたがあっさり割り込みました。
週足ベースでの押しは結構深めなので月足で暫く中段保ち合いになるかもしれません。
高値24110円の更新は長い期間お預けとなりそうですね。
日足では値幅・日柄ともに一旦底打ちしてもおかしくない水準ですが出来高にも注目ですね。
買い方の投げができってしまうと一旦はリバウンドします。
騰落レシオも昨日の時点で59.36でそろそろ底が出そうな感じではありますが。
CFDの売りポジションを引っ張っていますが含み益が瞬時に消える可能性もありますのでトレイリングストップをしっかり設定しながら引っ張ります。
といいつつも戻り売りチャンスがあればロスカットになるまで売り続けますが…
プットのショートは統計的にまず届かないところをクレジットスプレッドで組んでいますが万一インザマネーになろうものなら折角のCFD売りポジと相殺されてしまいますねえ。
さて、買い方が恐怖で全て投げ切るのはどこになるのか??


スポンサーリンク

2/26 収縮と時間
MAの収縮局面は次に向けてのエネルギー充填期間でチャンスであるという事は何度も書きましたが、そこに時間の概念を当てはめるとより綿密なトレードプランを練ることができます。
上下の値幅も大切ですが、横軸の時間もそれに匹敵するほど重要であることは以前も書いています。
昨日からの動きに当てはめてみます。
方針としては時足をメインに見る私は売り場探しのみですね。

昨日の日中は1時間足ベースで戻しの日となりました。
ここで考えることはこの戻しは“どこまでか”というより“いつまで”続きそうなのかという事。
日本が祝日の時も動いているCFDのチャートの方が考えやすいですね。
2/20日の夜間からの下落とするとだいたい50時間下落しています。
となると少なくとも丸々24時間程度は戻すのではないかと考えました。
CFD15分足は日中引けの時点でMA収縮局面ですが拡散場面では夜間も続いて上昇するのではと見ていました。
しかしナイトセッションにまもなく下落が再開しました。
まだ戻すと考えていたのでこの下落はダマシになる可能性が高いと考えここでは売っていません。
15分足の75MAあたりで止まるだろうと考えました。
しかし75MAを割り込んで深めの押しとなりました。
支持されると考えていた15分足が崩れかけてくると1時間足を巻き込んでの下落再開になる可能性も出てきます。
こうなってくると下落力は強く戻し期間も短く下を試しに行ってもおかしくないと、ここでトレードプランを修正です。
戻り売りを考えることにしました。
15分足MA収縮場面が再びやってきて23時前の売りとなりました。
順次利食いしましたが今日の日中にトレイリングストップ。
現在は下落相場なものの更新値幅もそんなに大きくなくダイバー気味、つまり下落力は弱まりかけている可能性を示唆しています。
売り場探しに変わりはないものの1時間足ベースの収縮局面も視野に入れての対応となります。

現在ボラティリティが高く15分足でも普段の1時間足並の値幅が出ていますので15分足も勘案しています。
強いトレンドが出た場合「押し目待ちに押し目無し」のように押しや戻しが短くなることもありますが昨日みたいに1度チャンスを逃しても値動きが軽くもう1度上を試してくれることも多々あるので焦ってエントリーする必要はありませんね。
短期足であれ中期の足であれ収縮を待つ。そして時間を待つ。煮詰まってきたら仕掛けをする。
普段やることと基本は変わりません。
先物を始めたばかりの頃は相場が荒っぽくなると怖いと感じていましたが慣れですね。
何度も暴落相場を経験すると慣れます。
ボラティリティが高ければいつもより大きい値幅が見込めるのでロスカット幅を大きめに取りその分玉数を減らせばいいだけですね。
トレンドのない荒っぽい動きには手を出す必要はありませんが現在は時足ベースでは下落トレンドの相場です。
一方日足は200MAタッチで日柄・値幅的にも一旦戻してもおかしくない水準です。
週足での値固めが終わるまで日足ベースで一旦リバウンドしても再度売られる可能性が高いと考えていますがどうなるか?
私の場合現在時足では戻り売り、日足ではリバウンド狙いのプット売りのスタンスです。
プット売りと言ってもこの後奈落の底に落ちる可能性もありますので証拠金を少しずつ使いながらの損失限定組み合わせポジションです。


スポンサーリンク

2/25 週足の押し目到来
ついに来ましたね。
日足収縮の局面でどちらかに大きく動きそうだと書いていましたが下へ動きました。
ロングストラングル組もうかと思っていましたがプットのIVが結構高かったので躊躇ってしまいミニ売りとコール買いで挟んでいましたが素直にプット買っとけばよかった(笑)
200日線あたりが目標でしたので先物は寄りで利食いしましたがCFDの売りポジもあったのでこれは含み益を削りながらも引っ張っているところです。
寄り後すぐファーアウトのプットのクレジットスプレッドを少し組もうかと思いましたがSBIのツールが固まって注文エラーを起こし発注できませんでした。(引け前に少し組みましたが)
複数のツールを同時起動させているとたまに落ちますね。
マネックストレーダーは頻繁に落ちるのですがSBIのツールは低負荷モードでそこまで落ちないので意表を突かれました。
こういうことも含めてのトレードですね…

さて、週足では程良い押し目が来ました。
一気に下落したので値固めするのにまだ時間がかかる可能性が高いですがそのうち今年最大の買い場がやってくるかもしれません。
短期的には売り目線ですけど大きな流れはまだ上ですのでそのことも頭に入れて対応したいと思います。
ただ週足MA密集地帯で強力な支持になりそうな22000円をはっきり割り込むと月足での中段保ち合いのようになってしまう可能性もありますので22000円を注視ですね。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: