*All archives* |  *Admin*

2020年 12/25 苦手場面の克服
クリスマスでMT4が動いていないので本日のトレードはお休みです。
東京株式市場はやたら多い日本の祝日の度に閉場されますが為替市場は閉場される日が少ないのが魅力ですね。
場が開いている時間が長いというのは大きな魅力です。
収益機会というよりも、クローズしている時間が長いとポジションの持越しがし辛いからです。
トレンドフォロァーの利益の源泉は時間とも言えますので。


相場で安定した収益を上げるにはある程度手法の引き出しの数が必要になります。
多すぎる引き出しは迷いを生むので注意が必要ですが、引き出しが少なすぎると成績にブレが生じやすくなります。

時間軸を例に出しても4時間足が機能している相場、1時間足が機能している相場、15分足が機能している相場、様々です。
更に何をもって機能しているかというのも人、手法により千差万別です。
私の場合移動平均線を結構重視しますので上昇相場の押し、または下落相場の戻しに25MA~75MAのエリアが機能しているかどうかというのが重要になります。
押しが入っても25MA~75MA内で反発してトレンド方向に戻るのを繰り返すというのが綺麗なチャートに見えます。
逆にMAの上下を行ったり来たりの状態はトレンドレスというわけですね。

今年の為替相場は9月までは非常にやりやすかったのですが10~11月は苦戦を強いられました。
といっても手法が全く機能しないわけでなく紙一重で勝敗は別れる…そんな印象でした。
その紙一重で勝つためにはどうする必要があったのか。
それは引き出しの数です。
損小利大スイングトレードの頃はトレンド相場ではサインが出たら手あたり次第全て入り、殆どが負けても1割以下の仕掛けで全てをプラスに持っていく破壊力がありました。
頻繁に負けるのが当たり前なので当てはまったパターンは躊躇なく入ることができました。

ところが高勝率型トレードはエントリーを厳選するあまりエントリーの引き出しの数の低下を招いてしまいました。
得意なパターンのみを仕掛けることは大切ですが、その得意なパターンがまだ少ないので得意なパターンが少ない相場では“たった1回のロスカットでプラスマイナスが決まってしまった、たった1回の波に入り損ねただけでプラスマイナスが決まってしまった”という紙一重になってしまうわけです。

それを克服するために引き出しの数を増やすべく検証しました。
とはいっても新しい事を取り入れるのではなく、損小利大トレードの頃は躊躇なく入れていた浅い押し(戻し)での仕掛けです。
つまり時間主体の調整場面での仕掛けです。
こういうパターンは直近高値(安値)までの値幅が少ない、前提が崩れるロスカットラインまでの値幅が大きいというのがネックで高勝率型トレードでは仕掛けづらかったのです。
そこで今でも毎日フル活用している再生ソフトFOREX TESTERで、“テーマに絞った”検証をしました。
値幅が浅い時間主体の調整の場面に絞った検証です。
特定のテーマに絞ることでその部分でエントリーする判断力を強化します。
そもそもなぜエントリーができなかったのか。
そのパターンの決済方法にも問題があったのでないか。
自信を持って躊躇なくエントリーするには“納得”が必要ですが、どういう方法なら納得してトレードを行えるのか。

色々検証した結果12月では苦手場面も積極的に打って出ることが可能になりました。
具体的には以下のような場面です。

1時間足
2020-1225-b.png


1時間足だと大雑把に見えますが実際は15分足で細部を分析しながらトレードしています。
10~11月はこういうポイントで大きい利益に繋がる場面が多い印象でして、まさに“押し目待ちに押し目無し”のような状態が多かったです。
そこで4時間足~1時間足重視だった視点にもう1つ短期の時間軸15分足をつけ足してやること、更に躊躇してしまう原因だったロスカットラインと利食い幅の調整とタイムストップの導入、このおかげでストライクゾーンを増やすことができました。

10~11月は苦戦しましたが検証のお陰と相場に助けられたこともあって12月は7月以来の大きめな利益。
まあ今年のFXの利益はコロナショックの3~4月での利益が殆どでしたけどね。
非常に大きなボラティリティだったのでトレンドに沿ってさえいれば適当にエントリーしていたとしても大きな利益になる相場でした。
ですがそんな簡単な相場はそう滅多に来ませんのでたまにドカンと儲けるのではなく日々地道にコツコツ築く手法を研究した1年(正確には半年)だったと思います。
理由は以前も書きましたが“勝率が低いと玉をそう簡単に増やせない”ということでしたね。
既に大金を所持している、あるいは負けても給料で資金を補填できる兼業トレーダーならば低勝率損小利大型トレードは非常に有効であると考えますが、そうでなければ低勝率トレードでの限界を感じた1年でした。
新たな試みも今のところうまくいっていますので来年の相場も楽しみです。

年内はあと数日間トレードする予定ですがブログの今年の更新はこれで最後にしたいと思います。
ブログランキングやアクセス数もすっかり低下してしまいましたが読者の皆様、拙い内容のブログをお読みいただきありがとうございました。
良い年をお迎えください。


スポンサーリンク

2020年 12/19 MT4で便利なツール、フィボナッチタイムゾーン
前回MT4についての記事を書いたので今回も。

私の基本戦略は常にシンプルで、上昇相場の押し目買い、下落相場の戻り売り、この2つです。
となると、上昇に対する推し、下落に対する戻し、つまり調整(リトレースメント)がどの程度で完了するのか、これを突き詰めて考えていくことが重要となります。
フィボナッチリトレースメントは為替や先物の相場で機能しやすく今更書くまでもないかなと思い、今日はフィボナッチタイムゾーンについて書いてみます。

フィボナッチタイムゾーンは上昇や下落に対する調整時間をどの程度こなしたかの標識となり、とても便利です。
調整は値幅と時間を消化することにより完了します。(トレンド転換の場合は完了しませんが順張りなのでトレンドが継続することを仮定して考えます)
一般的に値幅を伴った調整は比較的早めに完了し、あまり値幅が出ない調整は時間がかかります。
たまに記事で書く“上昇してヨコヨコ”、“下落してヨコヨコ”とは後者の時間主体の調整のことです。
押し目買いや戻り売りをする際に値幅、つまり価格を必死に考えるトレーダーは多いと思われますが、時間も同等に重要です。
仕掛けが早すぎると押し目だと思って買ってもダマシで調整が継続というケースはザラにあります。
非常にトレンドが強い場合は早く調整が終わることもありますが通常時ならばしっかり時間の消化を待ってから仕掛けをする方が有利なケースが多いし、仕掛けて早めに含み益になり精神的負担も軽減されます。

これは昨日の14時~15時くらいにキャプチャーしたチャートです。

2020-1218-b.png


先週初めから1時間足は順調な上昇相場でした。
この上昇の最中で私は15分足ベースで2回買うポイントがありましたので今週はやりやすい相場でした。
金曜日は1時間足25MAを終値で割り込み、調整っぽい動きとなってきたので買いポジもほぼトレイリングストップとなり、ここからは1時間足ベースで押し目を探る展開となります。
ここでは12/15の安値138.321からその後の最高値140.440にフィボナッチタイムゾーンを引いています。
斜めのピンクのラインの上昇の時間に対し、その50%が経過する地点、61.8%が経過する地点、100%(調整の限界)が経過する地点に縦線が引かれています。(ちょっと細くて見づらいので太めにすればよかった)
これはカスタマイズが可能なのであくまで例です。
この前の記事で紹介したチャートの右端に空白を出す仕様にすればその部分に調整時間経過の目安が出るので早すぎる仕掛けを防ぐことができます。

経験上価格主体の調整は最低でも上昇期間(下落相場の場合は下落期間)に対して半分以上待った方が良い。
通常の調整ならば61.8%程度は待った方が良い。
時間主体の調整ならば61.8%~100%は待った方が良いと考えているのでこのような表示をしてあります。
100%経過してもトレンド方向に再開しないのは不自然なのでその場合はトレンドが変調、もしくは更に上の時間軸でレンジ相場になっていたりと様々なケースがあるでしょう。
これは私の感覚ですので必ずこう考えなくてはならないということではありません。

金曜日のロンドンタイムの前に考えていたシナリオは、
「メインの方針は1時間足ベースでの押し目買い。ただしタイムゾーンを引くと調整完了は来週になりそう。ならば週末は調整継続という線で考え、1時間足75MAを割ってくる動きになれば戻り売り、逆に高値更新してしまう強い動きならば押し目買い。メインシナリオの1時間足ベースの調整完了後の買いは来週にお預け」
というものでした。

結局その後の動きは以下の通りです。(以下は本日キャプチャーしたチャート)

2020-1218-b2.png


1時間足は75MAを割り込み上昇相場は崩れ、4時間足ベースでの調整となりました。
つまり戻り売りのシナリオということになりますね。
しかし金曜深夜は週越え前提となり殆ど売買をしませんので実際はチャートを見ていませんでしたが…
ですが調整時間を加味したシナリオがあったので1時間足75MAタッチからの反発で買ってダマシに遭うのを回避できています。
これがしっかり調整時間をこなした状況であるなら75MAやその他フィボナッチの水準や支持線の根拠が重なれば買いのポイントです。

週明けは“4時間足はMAを跨いだ後の初押し場面で買い場”、“1時間足はMAを割り込んだ後の初戻しで売り場”というわかりづらい状況ですので様子見スタートです。
1時間足が75MAを割り込んでしまいましたので4時間足の直近安値136.785からタイムゾーンを引いた線も考えなくてはならなくなりました。

ちなみにフィボナッチタイムゾーンやフィボナッチリトレースメントはどこを起点として考えて引けば良いかという疑問が出ると思いますが、その正解は私もさっぱりわかりません。
誰が見ても一目瞭然という場合は簡単ですが、多くの場合は迷うものです。
そういう場合は各時間軸に引いてみて多角的に、マルチチャートで考える必要があります。
そもそも迷うということは他のトレーダーも迷いやすいということです。
様々な視点で考え、根拠が複数重なるポイントを重視するというのが良いのではないでしょうか?
ただし複雑に考えすぎるとどこもエントリーできなくなってしまうのである程度の割り切りは必要です。
完璧を求めすぎないことですね。


スポンサーリンク

2020年 12/5 トレードプランを視覚的にするMT4の便利な機能
MT4で地味だけどなかなか便利な機能があるのでそれについての記事を書きます。
上部の真ん中あたりにある「チャートの右側をシフト」するアイコン(下の画像参照)をクリックするとチャートの右端に余白ができます。
ここでは右上の1時間足にその機能を使ってみます。

ここにラインや丸やテキスト等を自由に書き込むことができます。

2020-1205-b.png


裁量トレードを行う際はどういう値動きになったら仕掛けるのか、見送るのかといったトレードプラン、シナリオが必須となります。
私は日誌に細かく書き込んでいますが、文章だけだと視覚的にわかりにくいのでこの機能を使い図でも書くのです。

例えば今週末の相場の状況は、
・日足は大きな波動に孕む位置での上昇トレンドなので弱め上昇トレンド。ただMAは拡散場面なので大きな上昇になるケースも考えられる。
・4時間足は上昇トレンドが継続しており買い有利
・1時間足は上昇トレンドだが上昇時間が短くなっていることと高値更新幅が僅かから75MAタッチの調整入りなのでやや弱りかけている上昇トレンド
…以上により買いメインで考える相場…と方針を練ったとします。(私の場合です)

そして実際どうなれば買うのか。
文で書くと、週末の段階で1時間足75MAで止められ、ここは4時間足ベースの波動で勘案してもだいたい38.2%押しの水準。ここが支持になるなら買う、もしくは更に下落しても61.8%押しと上昇推移してくるであろう4時間足75MAが近くなりそうなのでそこから買う…となります。

日誌にはもっと回りくどい書き方になる事もあります。
ですからシンプルにMT4で出した右側の余白にその値動きを書き込んでしまうという事です。
これでどういう動きを狙うのかが明白になります。
いや、それよりも“それ以外の動きになった場合に思いつきの余計な仕掛けをしない”という効果の方が重要でしょう。
更に“シナリオ通りの動きだったのに相場観や恐怖心でエントリーすべき局面を見送ってしまった”というミスも軽減させることができます。

今回の場合、書いた値動きのパターンは2つだけです。

1つめは週末に止まった水準から反発の動きを見て買う。
ここに買いマークの丸を書いてあります。
それでは反発せずずるずるとヨコヨコが継続してしまった場合は“下落してヨコヨコは更に下”というケースも多いため基本的に見送りです。

2つめは4時間足75MAタッチあたりで買う。
反発を確認するので逆指値か成行きでのエントリーになるでしょう。
逆に指値で待ち伏せる場合は下落している最中に買いマークの丸でもつけておくとか自分で決めておくといいと思います。

ちなみに支持や抵抗は毎回ピッタリ予測する事は困難ですので多少上下の幅は持たせて考えます。
終値ベースで考えた時割り込んでいなければOKだとか感覚的になりますね。
感覚的なものは検証と経験を積む必要があります。

文でプランを書いただけだと私は先述したような“思いつきの余計な仕掛け”、“シナリオ通りの動きだったのに相場観や恐怖心でエントリーすべき局面を見送ってしまった”というミスが多かったのですよ。
しかしチャートの右端を表示させ書きこむようにしてからそういうミスも減らせたと実感しています。
もちろん今も完璧には無理です。
ですが例えばミスを3割軽減できただけでもそのおかげで収益が安定できたなんて時期というのも出てくることでしょう。

裁量トレードにおいてのトレードプラン、シナリオを視覚化する手法。
とてもシンプルで簡単ですが私の場合意外と良い効果をもたらしてくれたので紹介しました。
ぜひこの機能を使ってみてください。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム