*All archives* |  *Admin*

2021 4/30 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日は続伸し高値更新。
日足での上昇再開と言えそうな強い動き。
上有利な状態が続いています。
チャートです。

2021-0430-b.png

1時間足は上昇相場が継続しており現在押し目をつけにいっている局面。
この押し目がどこまでかというのがポイントです。
4月28日の安値を起点と考えるなら値幅は半値押し、時間も61.8%経過で程よい。
上有利のまま。

15分足ははっきりしませんがMAを下抜いているので下有利なトレンドレス。
上位足の1時間足が押し目をつけに行っていますので15分足は崩れています。

総合的に上有利と判断します。
1時間足の押しが終わったと仮定できるポイントで買う方針。
61.8%押しが4月28日の夜間、4月29日の午前につけた高値と重なるのでここが強そうな支持と考えていますが、現在半値押しで時間も程よくこなしているのでここで下げ止まる可能性もあります。

現在15分足は戻してから再下落開始か?という局面で小反発が起きています。
15分足は下有利なので戻り売りするならここから安値更新しなければなりません。
つまり下げるべき下げず反発し、下が否定される場面が買い場です。
安値更新したとしても先程述べた支持帯は買い場。
1時間足75MAを割るまでは買うか様子見かの判断で売りのシナリオは今のところありません。

昨日は上が重い印象でしたがどうやら4月28日朝~4月29日のロンドン時間直前までの鈍い上昇そのものが丸ごと次の上昇に備えての中段保ち合いだったようで、昨日は勢いのある上昇をしました。
後になってからわかったことなので昨日はこの視点は持ち合わせていなかったです。
ただこのような鈍い上昇や調整に見合った高値更新が出来ない場合4月6日のように急激に崩れ出すこともあるので少し警戒していましたね。
全く相場とは到底読み切れるものではないなと再認識しています。
そして面白いものだなーと。(苦しいことも多々ありますけどね)

大きな流れで見ると日足が上昇再開なら4月頭の最高値を更新しなければなりません。
未更新でしっかり跳ね返されるようだとちゃぶつき相場に戻ってしまう可能性が高まります。
5月以降の流れを占う意味でも重要な局面ですね。

話は変わりますが今、外では雪が降っています。
もう明日から5月なんですけど…
早く春になって欲しいものですね。
よいゴールデンウィークをお過ごしください。


スポンサーリンク

2021 4/29 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日はおとといのように1時間足25MAタッチからの反発となり高値更新する動きとなりました。
しかしおとといのような勢いはなく上が重い印象。
チャートです。

2021-0429-b.png

1時間足は上昇相場のチャートで上有利。
連日25MAが支持となっています。

15分足も上昇トレンドですが高値の切り上げ幅が小さく、本日も僅かな値幅を更新したのみ。
やや保ち合い色が出てきました。
それでも上有利。

総合的に上有利と判断します。
おとといは1時間足25MAタッチから大きい上昇となりました。
昨日も似たようなパターンからの上昇となっています。(ピンクの丸をつけましたが似ています)
しかしおとといほど上昇の勢いはありません。
現在1時間足で見てもヨコヨコに近いチャート。
昨日は朝からヨコヨコ調整でその後高値更新していますが、調整に見合った上昇が出来ていないように感じます。
ここから高値更新できず下げるようだとこれまでの上昇に対しての休憩となる可能性が高まります。

以上の背景を踏まえ、おとといと昨日の買いポジの残りがあることもあり無理せず様子見スタート。
このまま高値をしっかり更新するようなら押し目買いを考えていきます。
下げた場合先述したように休憩(押し目をつけに行くかヨコヨコで調整をこなす)となるかもしれません。
となると、これまでの上昇が大きく長かった分1時間足25MAを割るような調整になってもおかしくありません。
しかし、やはり25MAに支持され急反発となると「下げるのかと思ったら上かよ!」となりインパクトのある上昇に繋がる可能性もあります。
したがって15分足75MA~1時間足25MAでは価格の動きを注視し、反発するなら買いを考えます。
その場合下否定の急反発に乗る前提ですので上昇が鈍ければタイムストップをタイトにし撤収も早めに。

1時間足25MAを完全に割り込むようだと一旦様子見に切り返しますが、支持帯で反発するなら買う方針。
昨日の安値151.007を割るようだと様子見でいいでしょう。
買うか様子見の選択で、売りのシナリオは今のところありません。


スポンサーリンク

2021 4/28 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日は1時間足25MAタッチから一段高となりました。
強い動きとなりましたが日足を巻き込む上昇となるのか?
短期的には上優勢。
チャートです。

2021-0428-b.png

1時間足は上昇相場となり上有利。

15分足は上昇トレンドが継続していましたが本日揉み合い色が強くなっています。
高値更新幅は僅か。
75MAタッチからの反発となっていますがこれが高値更新に繋がる上昇なのかがポイントです。

総合的に上有利と判断します。
現在15分足はMA収縮局面で保ち合い色が強くなっています。
となると1時間足ベースでヨコヨコ調整の可能性が浮上します。
1時間足ベースは4月23日から長く強い上昇をしてきましたので調整ならまだ休憩が不十分と言えます。
23日からの上昇に対し調整時間を見積もるなら本日は調整で終了しそう。
仮に昨日の1時間足25MAタッチを起点に時間を考えても調整時間半分経過が17時で61.8%経過が18~19時頃。

以上の背景を踏まえ本日は様子見から入ります。
ロンドンタイム開始後すぐに高値更新になる可能性は低いと考えているので現在の値位置は無理せず様子見。
昨日の買玉(18時台の1時間足25MAタッチはわかりづらく入りそびれ買えませんでしたのでその後22時頃の押し目でなんとか買えました)の残りをトレイリングストップで引っ張っているということもあり様子見。
もしシナリオよりも早く高値更新してしまった場合は非常に強いという可能性と調整不十分のまま出発してしまい咎められるという2通りが考えられますので上昇の勢いと押しの勢いを勘案しつつ買い場探しとします。

調整継続の場合は17時頃から買い目線で行きたいと思いますがヨコヨコ調整は時間がかかることが多く18時以降がメイン。
4月23日からの上昇に対しての調整ならば本日は調整のまま終了という線も頭に入れ対応します。
150.730あたり、150.450あたりは支持帯です。
1時間足75MAを割るまでは買うか様子見の判断で、売りのシナリオは今のところありません。


スポンサーリンク

2021 4/27 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日は1時間足MAを超える動きとなりトレンド転換となりました。
ただそこまで勢いのある上昇とは言えず上は重い印象。
日足の揉み合いが継続するのか?
チャートです。

2021-0427-b.png

1時間足はMAを上回ってきました。
MA拡散開始か?という場面。
上昇は鈍い印象ですが崩れるまでは上を見れるチャート。

15分足は上昇トレンドを描いており上有利。

総合的に上有利と判断します。
押し目買いを考えていきますが、15分足は調整時間が長すぎで上は重く、1時間足ベースでヨコヨコ調整になっている可能性があります。
実際に価格が上昇してから買う、もしくは高値更新した後抵抗が支持に逆転するのを見て買う。
買ったとしても素直に上昇しなければ分割で逃げる。
下げたり方向感のない動きになったりするなら1時間足ベースでヨコヨコ調整の可能性が高く様子見。

ちなみに4時間足はだいたい半値戻しの水準で調整時間は下落期間の半分経過。
ここで値幅を伴って下げるようだと4時間足はMAを超えてから跳ね返される戻り売り有効なチャートでMA拡散が下落を伴った動きに繋がると急落もありえます。
そういう背景を踏まえた上でデイトレは買い場探しです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム