*All archives* |  *Admin*

2021 5/27 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日はレンジをブレイクせずトレンドレスのまま終了。
チャートです。

2021-0527-b.png

1時間足は引き続きトレンドレスのまま。
どんどん小幅な動きになっています。

15分足もMAの上下をいったりきたりでトレンドレスです。

総合的にトレンドレスです。
買うのは昨日の高値を超えてから、売るのは昨日の安値を割ってからです。
4時間足で5月7日の安値からフィボナッチタイムゾーンを引くと調整の限界時間を過ぎていますので一旦崩れる可能性が高いかなといった印象です。
ですがまだ実際にそこまで下げていないのでレンジをブレイクするまでは我慢の日々ですね。
トレンドフォロァーにとってトレンドが無い時期はどうしようもありません。
「休むも相場」です。
今週は今のところノートレードです。

農耕民族であった日本人は頑張って汗水垂らして収益を得るという考え方が根付いているかもしれませんが、相場の世界はこのような考え方は通用しません。
儲からない時期は「何もしない」という選択が非常に大切です。
やればやるほど儲かるのなら私だって毎日必死にトレードしますよ(笑)
ですがやればやるほど損するのが相場なのです。
そもそも相手が百戦錬磨のプロである相場の世界で、99%の参加者が損する相場の世界で安易に勝負しても勝てるわけがないのです。
会社では仕事をロクにしないと怠け者の扱いを受けるかもしれませんが、相場は何もしない事が不要な損失を防ぎ、資金を温存し、次のチャンスに備えるという重要な行動となります。

自分の得意パターンが出現した時のみ出動する。
それ以外は辛抱強く待つ。
このような意識が必要です。
私が損しまくっていた時の頃は「自分の得意パターンという武器を持っていない」、「チャンスが来るまで待てずについ衝動的なトレードをしてしまう」…このような原因で勝てなかったのも頷けます。


スポンサーリンク

2021 5/26 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日は1時間足75MAを超えてきましたが再び割り込む下落となりMAの上下を行ったり来たり。
4時間足が明らかな保ち合い局面であることから典型的なトレンドレス相場。
チャートです。

2021-0526-b.png

1時間足は月曜の安値153.767を割り込めば方針が明確だったのですが割り込まず切り返しています。
再び75MAを超えてくる動きとなりトレンドレス継続でしょう。

15分足は朝から昨夜の安値をチャレンジしましたが更新できずダブルボトムのような形状で反発。
上有利なチャートになりつつあります。

総合的にまだトレンドレスと判断します。
売り方針で考えるのは朝の安値を割り込んでから。
買い方針で考えるのは昨日の高値を超えてきてからとします。

4時間足はMAがほぼ収縮しておりそろそろどちらかに大きく動くでしょう。
今週中には動き出すのではないでしょうか?
この保ち合いがどこからどこまでの上昇に対してのヨコヨコであるのかがわかりづらいです。
5月7日夜間からの上昇に対してのヨコヨコならばそろそろ上に爆発してもおかしくない。
4月23日につけた安値からの上昇に対してのヨコヨコならば明らかに調整時間が足りず、崩れて一旦日足25MAを目指した押しになってもおかしくない。
私の感覚では5月7日の安値がやや中途半端な位置なので後者の可能性がやや高そうと感じていますが如何せん強い相場なので前者も考えられる。
どちらもありと考えているのでスイングトレードはしばらく様子見のつもりです。
わかりやすい場面だけ収益化すればいいでしょう。

そろそろ大きく動きてもおかしくないのでデイトレでも出動できるよう準備しておきます。
動き出しを待ちたいと思います。


スポンサーリンク

2021 5/25 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
昨日は方向感のないまま終了。
日足以外はトレンドレスといった雰囲気。
チャートです。

2021-0525-b.png

1時間足はMA拡散が下の動きに繋がらずMAを超えてきました。
はっきりしない動きでトレンドレスと言えます。

15分足は昨日揉み合った区間を抜けてきそうで上有利なチャートになりつつあります。

総合的にやや上有利なトレンドレスと判断します。
とは言え無理するチャートではないでしょう。
方向性がはっきりするまで様子見にします。

デイトレードで私が重視する時間軸は1時間足です。
1時間足MAを見てみると現在25MA、75MAの傾きが平坦です。
改めて狙うべき動きはどのようなものか振り返ると、

・1時間足MAが完全に収縮している、もしくは殆ど収縮している状態からトレンド方向の初動に乗る
・1時間足MAが拡散開始か?という状態からトレンド方向の初動に乗る
・1時間足MAが拡散しており既にトレンドが出ている状態からトレンド方向の動きに乗る

この3つのケースが小さいリスクで大きなリターンを見込めるポイントです。
もちろんMAは判断材料の1つに過ぎません。
MAの収縮と拡散のみに着目してしまうと、MAの上下を行ったり来たりの横這い相場で損失の嵐となります。
高値と安値は切り上がっているのか?切り下がっているのか?最高値・安値を更新している局面なのか、そうでないのか?様々な判断材料のうちの1つです。

現在1時間足MAは平坦気味です。
仮にこのまま上に走ったなら日足で小さなヨコヨコ調整の後の再上昇開始という線が考えられますが、デイトレベースでは現在決め打ちしてしまう局面ではないと考えています。
もう少し整うのを待つということになります。
なぜなら過去のチャートを見ると私の条件に合うエントリーポイントの殆どが上記3点のケースに当てはまっているからです。
自分の手法の条件・基準に合ったトレードを淡々とこなしていくことが大切です。


スポンサーリンク

2020 5/24 ロンドン時間前 ポンド円デイトレードの方針
先週末は1時間足75MAを超えた後の反落から下落を否定する上昇で朝の高値更新。
しかし4時間足・日足レベルの高値を更新するに至らず方向感のない動きのまま終了。
チャートです。

2021-0522-b.png

1時間足は価格がMAの下で収縮から拡散か?と思わせる場面。
金曜の安値を割り込んでいることにより下有利と判断。
しかし高値は切り上げ、安値は切り下げなのでまだ綺麗な下落相場ではありません。
下有利のトレンドレスといったところ。

15分足は下有利なチャートですが大きな波動に孕む位置での下落相場なのでやや信憑性は低いです。

総合的に下有利と判断します。
デイトレは売りメインで考えますが、4時間足がレンジ相場っぽいのでしっかりとした下げを確認したいところ。
現在の値位置から戻すようだと15分足は僅かな下落更新幅からの戻しとなることと調整時間を計る下落の起点がわかりづらいので様子見。
下げた後の戻しが弱い、あるいは大なり小なりヨコヨコの状態からの売りを考えます。
戻し幅が大きかったり勢いが強かったりしたら様子見。

売った後4時間足が三尊天井のような形で崩れてくれると美味しい場面となりますがまだまだ日足は問題なく上昇相場継続中であり、先週のように潜在的に押し目買いが入りやすい相場環境が予測されます。
方向感に欠ける動きとなれば無理せず様子見の1日とします。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム