*All archives* |  *Admin*

2021 7/30 ロンドン時間前 ポンド円 デイトレードの方針
昨日はロンドン時間以降ヨコヨコからの上昇で高値更新。
シナリオ通りの動きでした(笑)
ただ夜間に高値をつけてから深い押しとなってしまい昨日の上昇をほぼ帳消し。
チャートです。

2021-0730-b.png

1時間足…価格は75MAの上 MAは平坦
まだ上昇トレンドですが押しは深く再上昇に時間がかかりすぎておりレンジ相場に移行、あるいはトレンド転換を示唆しています。
今のところはかろうじて上有利ですが75MAを割り込むと厳しいチャートです。

15分足…価格は75MAの下 MAは拡散中
こちらは下有利になっています。
昨日の上昇に孕む位置ですので昨日の安値を割るかが重要です。

総合的にはっきりしない局面です。
1時間足は上昇トレンドは崩れていないものの実際はトレンドレスに近い形。
実質4時間足ベースで押し目をつけにいっている感じです。
デイトレは様子見から入ります。
15分足75MA~1時間足25MAを超える動きとなってくれば昨日みたいにヨコヨコ調整、つまり押しが入ろうとしているのに価格を下げない強い調整の動きが確認できれば買い場探し。
ただレンジ相場に移行という線もありますので力強い上昇の動きを見てからが良いでしょう。
弱々しい上昇で仕方なく上がっているならばトレンド再開は疑われます。

日足75MAからの下落となればそれなりに値幅を伴った下落も考えられるので、昨日の安値を割り込んでくるなら1時間足は崩れたとみなし下落が強く戻しは強くないことを確認して売り方針に切り替えます。
ただ日足75MAが効いても4時間足25MA~75MAは支持として意識されそうなので分割でしっかり利益を確保していきたいところです。
現在の値位置は手出しせず様子見とします。
一応1時間足75MAタッチの局面ですが押しの深さ、調整時間過多であることを勘案し、ここからの買いは見送りです。
多少の反発を狙うのではなく、買うのなら高値更新する動きを狙いたいのです。
ですからトレンドが怪しい場面で博打をするのではなくわかりやすい場面を狙います。


スポンサーリンク

2021 7/29 ロンドン時間前 ポンド円 デイトレードの方針
昨日は保ち合いの動きは早々に終了し高値更新に繋がる上昇に。
ただ切り上げ幅はそれほど大きくなく上は相変わらず重い印象。
次は日足75MAが意識されているようです。
チャートです。

2021-0729-b.png

1時間足…価格は75MAの上 MAは拡散中
上昇相場は継続しています。上有利。

15分足…価格は75MAの上 MAは完全に収縮
午前の動きで崩れかけましたが再びMAの上に価格を出し復活。
はっきりした動きでありません。
上有利なトレンドレスといった感じ。

総合的に上有利と判断します。
午前の動きで15分足75MAを割り込み1時間足ベースの押し目をつけにいくと思われましたが反発。
1時間足で現在再出発か?という場面です。
昨日の安値からの上昇に対する調整だとしたら時間は程よいのですが。おとといの安値からの上昇に対する調整だとしたら再出発が早すぎる感じがします。
どちらが目立つかと言われるとおとといの安値の方が揉み合い区間の中途半端な位置の安値である昨日の安値よりも目立ちます。
デイトレは買いを考えますが1時間足で調整不足で再度1時間足25MA~75MAを試す三角保ち合いやフラッグの可能性を頭に入れておく必要があります。

もし三角持ち合いやフラッグになるのなら本日の高値が頭打ちで一旦下げに行くはずです。
しかし下げない。ヨコヨコになる。
こうなると売り方が苦しい場面です。
デイトレはまず下げない状態を確認し反発を買う方針。
下げてきても収縮した15分足MAが支持になるなら買いを考える。
15分足MAを再度割り込むようだと1時間足75MAあたりまでは1時間足の押し目を捉える買いを考える。
このように考えています。
もし昨日の安値を割り込む強烈な下落となれば戻しが強くないことを確認し売り方針に切り替えます。


スポンサーリンク

2021 7/28 ロンドン時間前 ポンド円 デイトレードの方針
昨日は下落後収縮した4時間足MAが支持となり反発。
しかし直近高値を超えることなく1時間足MAは収縮しトレンドがなくなりつつあります。
1時間足MAの上下を行ったり来たりのボックス圏となり次の動きに備えての充電期間となるか、あるいは日足25MAタッチからの下落トレンド発生が考えられます。
チャートです。

2021-0728-b.png

1時間足…価格は75MAの上 MAは収縮中
前回の押しは61.8%水準と75MAを割るものでした。
更に時間が経過しても直近高値を更新できていません。
上昇トレンドがトレンドレスに転換する際によくみられる動きです。
こうなってくると、
・レンジ相場が続きMAが完全に収縮した後どちらかに大きく動く
・直近安値を割り込み下降トレンドに転換する
というケースがよく見られます。
もちろん即上の動きに繋がるというケースもありますが、日足の状況を考えると下も意識されそうなので仮に上への動きにつなげるためにはまだ休憩が必要ではないでしょうか?
1時間足単体としては上有利なトレンドレスといった相場環境でしょう。

15分足…価格は75MAの上 MAは収縮中
前日の動きに孕む位置ですのでトレンドははっきりしません。
こちらも上有利なトレンドレスといった感じでしょう。

総合的にトレンドレスと判断します。
1時間足MAが収縮していますのでトレンドがはっきりしなくなっています。
デイトレは動き出しを待ちたいと思います。
昨日の高値を超えてくれば押し目買い方針、昨日の安値を割ってくれば戻り売り方針です。
現在のレンジでは手出しせず様子見とします。


スポンサーリンク

2021 7/27 16:40 買いのシナリオが崩れました
ロンドン時間以降下落となったので押し目買いを待ち構えていましたが、反発らしい反発もなくずるずる下落し1時間足75MAを割ってしまいました。
チャートです。

2021-0727-b2.png

151.900あたりは1時間足75MAと61.8%押し151.849、更に昨日の夜間20時台の安値とも重なるので一旦は下げ止まる支持と考えていました。
15分足で16:15の足がここで下げ止まった陽線や下髭線で確定すればその足を上抜けで買うつもりでしたが足の切り上げすらない下落で買えません。
買いのシナリオが崩れたので買いは見送りです。

一方4時間足が収縮した75MAタッチ。
4時間足は既に25MA~75MAを抜けているので25MA~75MAが支持抵抗逆転し反発というケースもありますが、ここは私のスイングの範疇でないので見送りです。
4時間足25MA~75MAを完全に下抜けしてきたら日柄は早い気がしますが日足25MAからの反落が始まった可能性が高まります。

4時間足25MA~75MAのエリアがポイントです。
ここは昨日の安値とも重なってくるので支持として意識されるでしょう。
ここで反発するなら15分足が上有利に転じてから買いを狙いたいところですが、時間的に本日のチャンスはない可能性が高そうです。
逆に下抜けするならデイトレは戻しの勢いを勘案しつつ戻り売り方針に切り替えたいと思います。
現在はトレンド転換か?という難しい場面ですので方向性がはっきりするまでもう少し様子見とします。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム