*All archives* |  *Admin*

2021 9/24 ロンドン時間前 ポンド円・オージードル 短期売買の方針
本日のチャートです。

2021-0924-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAの上  MAは収縮中
1時間足…価格は75MAの上  MAは拡散中

総合的に上有利と判断します。
昨日の段階では上昇したとしても4時間足下落相場の戻しの範疇と仮定できたのですが一気に4時間足75MAを突き抜ける上昇となりトレンド転換を示唆。
少なくとも1時間足が崩れない限り売りはなくなりました。
1時間足完全収縮から拡散が強烈に決まったという感じですね。
現状は非常に強い動きをしていますので押し目買い方針。
1時間足が崩れるまでは買いメインで考えたいと思います。

記事には載せていませんが日足は9月21日に8月20日の安値を割り込んだにも関わらず昨日急反発しています。
安値を割り込んだなら下に走らなくてはならないのに急反発するのはセオリーの逆ですのでインパクトがあったのでしょう。
ではこの上昇が何なのか?というのは週足上昇相場の調整中での押し目買いが入ったと仮定することもできますね。
これが調整完了の狼煙なのかはまだわかりません。
やはり調整継続で揉み合いが続くのか、それとも週足トレンド再開で中期的な上昇となるのか。
デイトレのような短期売買では週足まで考慮することはありませんが、たまには長いチャートを見ておくとスイングの補助になることもあります。

AUD/USD
4時間足…価格は75MAの下  MAは収縮中
1時間足…価格は75MAの上  MAは拡散開始

総合的にやや上有利と判断します。
4時間足は75MAタッチで反落してもおかしくないチャート。
1時間足は上昇した後の揉み合いで、たいして価格が下がらない状態から上へ推移してきた25MAタッチから上昇再開になってもよさそうなチャート。
4時間足と1時間足が完全に逆を向いていますのでどちらもありといった感じです。
ただ4時間足は75MAにタッチしても揉み合っているという事は抵抗として機能していないと考えることもできます。
本日は上への動き出しを待ってからの押し目買い方針とします。
難しければ様子見にしたいと思います。


スポンサーリンク

2021 9/23 ロンドン時間前 ポンド円・オージードル 短期売買の方針
本日のチャートです。

2021-0923-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中
1時間足…価格は75MAの上  MAは大概収縮

4時間足下降トレンドの調整中です。
時間も4分の3以上経過しており再下落しても良い頃合い。
1時間足ははっきりしないトレンドレスといったチャート。
MAがほぼ完全に収縮した局面ですのでどちらかに大きく動く前兆です。
4時間足再下落となるなら下。
調整が更に続くのなら上で、61.8%戻しと9月15日の安値がだいたい重なるので戻しの目途。

現時点では1時間足MAの上に価格があり売りは様子見。
1時間足MAを割り込む展開になれば戻しの勢いを勘案しつつ売り場探し。
昨日の高値を超えてくれば4時間足戻し継続と仮定し買い場探しとします。
現在の値位置は方向性がわかりにくいので揉み合い継続の線を考え様子見とします。

AUD/USD
4時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中
1時間足…価格は75MAの下  MAは大概収縮

4時間足下落相場の保ち合い調整と判断します。
現時点ではトレンドがはっきりしません。
4時間足で見てもまだ保ち合い調整が終わりトレンド再開するには時間が浅いです。
昨日の安値を割ったら戻り売り方針。
昨日の高値を超えたら押し目買い方針。
現在の値位置は揉み合い継続の線を考え様子見にします。


スポンサーリンク

2021 9/22 ロンドン時間前 ポンド円・オージードル 短期売買の方針
本日のチャートです。

2021-0922-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中
1時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中

総合的に下有利と判断しますが1時間足は安値更新幅がいまいちですぐ戻してしまいました。
下落が弱まっているいわゆるオシレーターがダイバージェンスになる状態ですね。
更に午前中に調整時間過多の状態から買い方の反撃となりました。
こういうケースではトレンド転換か保ち合いになるケースがありますが、4時間足の下落相場は全く崩れておらず、1時間足は25MAを少し超えた程度までしか戻せていません。
まだ下有利のままです。
しかし1時間足は調整時間がかかりすぎてやや汚いチャートになってしまいましたので暫く保ち合い、つまり4時間足ベースで次なる下落に備えてのヨコヨコ期間、あるいは上昇を伴った調整になるかもしれません。
本日は新規の売りは下への動き出しがなければ見送りとします。
買いのシナリオもありません。
月曜日からの下落は順調に取れたので小休止の日になりそうです。
ただ朝追撃で売ったポジションは10時台の急上昇でしっかりロスカットになっていますが(笑)

AUD/USD
4時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中
1時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中

総合的に下有利と判断します。
こちらもGBP/JPYと似たような状況ですね。
対応はGBP/JPYと大きく変わりません。
ただGBP/JPYと違って昨日の夜間の下落でおとといの安値を割り込んでいませんので目先ではGBP/JPYより若干強いですね。
こちらも4時間足ベースでヨコヨコ調整になるか、あるいは上昇を伴う戻しになるかといったところですので売るのは安値更新した後の戻しを待ってからにします。
保ち合いになってディセンディングトライアングルみたいになると綺麗なのですけど、このまま昨日の高値を上抜きダブルボトムで更に急上昇となると短期的に上有利になりそうです。


スポンサーリンク

2021 9/21 ロンドン時間前 ポンド円・オージードル 短期売買の方針
本日のチャートです。

2021-0921-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中
1時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中

総合的に下有利と判断します。
現在1時間足ベースの戻しで時間的にはもう少しかかりそうです。
時間半分経過が16時、61.8%経過が19時。
最初のポイントである25MAを超えてきていますので、超えた後再びすぐ下抜ければ売り目線。
明確に超えてきたら38.2%が抵抗と重なるので意識されそうです。
時間が更に経過すれば1時間足75MAと半値戻しが重なってきそうです。
1時間足75MAを超えるまでは戻り売り方針です。

AUD/USD
4時間足…価格は75MAの下  MAは拡散中
1時間足…価格は75MAの下  MAは収縮中

総合的に下有利と判断します。
現在1時間足ベースの戻しで時間は約61.8%経過。
更に75MA手前までの戻しで半戻しを少し超えた程度。
そろそろ反落開始になってもおかしくないので売り場。
ただ1時間足25MAが右肩上がりになってきており、25MAが支持に逆転した場合4時間足ベースの調整になる可能性があります。
そうなった時の為にも分割でコストカバーできれば良いですね。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム