FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXで淡々とトレードをこなす工夫
期待値がプラスのルールが決まったらとにかく淡々とこなすことが大切です。
しかし実際はつい余計なことをしてしまいます。

連敗して熱くなって余計な仕掛けをしてしまう。
取り返そうと大きな玉を張ってしまう。
逆に連敗して自信をなくし、損失を避けようと次のサインを見送ったら見送った時に限って思った方向に大きく動き機会損失。
直近の損失を引きずり欲張って利食いを引っ張りすぎる。
逆に直近の損失を引きずり少しの含み益で利食いしてしまう。
ロスカットラインにヒットしていないのに恐怖にかられ手仕舞いしてしまう(その後思った方向に飛んで機会損失)。

このようなことが頻繁に起こるわけです。

デモトレではうまくいくのに実弾トレードではつい余計なことをしてしまう。
これは金銭が絡み感情を揺れ動かされ、正常な判断ができなくなってしまうからです。
命よりも大切な金銭を失うことは激しい苦痛を感じます。
仮に現在のポジションサイズが心理的になんら苦痛を感じなかったとしても、将来資金が大きくなった場合必ずこの壁にぶち当たります。
人間には大なり小なり金銭感覚というものがあり、精神的苦痛と感じる金銭感覚までポジションサイズが大きくなるとやはり正常な判断が狂ってしまいます。

この問題を解決するにはトレード中に口座残高を金銭と認識しない事。
伝説のトレーダーBNFさんも「現金はなるべく見ないようにしている」と言っていました。
淡々と正常なトレードをこなすには証券会社の口座残高を実際のお金と認識しないようにするしかありません。
ポイントを稼ぐゲームという感覚でトレードをこなすことが理想です。
リアルトレードとデモトレードの行動の差を限りなくゼロにするのがプロとしての条件と以前も書いていますね。

しかし口で言うことは簡単ですが実行することは難しいです。
暗示、催眠術をかけてお金と思いこまないようにするというのも現実的ではありません。
ですがせめてもの抵抗という事で、ある程度の効果は得られる方法を書きます。

それは、“トレード画面の含み益、含み損は見ることができないように口座残高、建玉の評価損益の項目を隠すこと”です。
「なんだ!そんな単純な事かよ!」と思ったかもしれません。
ですが実際に実行していますか?
私は実行していますがこれは結構効果がありますよ。

個人的に私がやらかすことで一番多いことは
「含み損が長く続くとロスカットラインにヒットしていないのに玉を減らしてしまう」
「含み益になった時のトレイリングストップの引き上げがルールよりも早い時がある(一刻も損失のない状態にして早く楽になりたいという感情)」
といったことでした。
誤解のないように付け加えるとロスカットラインにヒットする前に手仕舞いすることがダメと言っているのではありません。
タイムストップという戦略もあるのでロスカットラインにヒットする前に手仕舞いするという戦略もあります。
ただ、私の場合損小利大を狙いますので、上記の手仕舞いをしてしまうと軽減できる損失の額より機会損失の額の方が大きくなり、期待値が下がってしまうのですね。
ですが金銭が絡むゆえについルールを破って余計な手仕舞いをしてしまうのです。
チキン利食いという言葉がありますが、これらはチキン損切り、チキントレイリングストップといったとこでしょうか。

そこで先程述べたように口座残高や評価損益を一切見ないようにしました。
FXはpipsというポイントを稼ぐゲームだと。
これが私には意外と効果が大きかったのですよ。
含み損の赤字を見ると恐怖心が芽生えてしまうのですが、それを隠すことで感情に駆られた手仕舞いがだいぶ減ったのですね。
そのうち建玉のpipsも非表示にしたりしました。
もっと有効ですよ。
ポジションを取ったら現在どうなっているか曖昧です。
この方が正しいトレードを淡々とゲームのようにこなすには優れた環境だったのです。
なんてことないちょっとした工夫ですが、ぜひ実践してみてください。

…ただし、pipsは再び表示させることにしました。
理由は、万一買いと売りを間違えた誤発注(ここ10年近くで私は1回だけ買いと売りを間違えたことがあります。その時はすぐに気づいて決済しましたが)をした場合、pipsが非表示だと気付かずそのままにしてしまうというリスクを思いついたからです。
そんなわけでpipsくらいは表示させましょうか(笑)
ですがpipsと日本円の評価損益は心理的にかなり別物であると私は感じているので、評価損益や口座残高は絶対に見ない方は良いと思いますね。
デモトレは完璧なのにリアルトレードはダメという方はぜひ実行してみてください。


スポンサーリンク

2021 10/29 ロンドン時間前 ポンド円 デイトレード・スイングトレードの方針
本日のチャートです。

2021-1029-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAのやや上  MAは拡散中(このまま動かず18時に終値が確定すると拡散開始)
1時間足…価格は75MAの上  MAは収縮中

総合的に上有利に傾きつつありますが15分足ははっきりしない展開です。
朝買いを入れていましたが伸びずダメ。
その後4時間足は収縮から再び25MAが右肩上がりになり、上昇に繋がる拡散となることを見越して再度13時過ぎに買いを入れていますがこれもダメ。
トレンドレスといった動きです。
ですが動けばどちらかに大きく動くだろうという場面でもあります。

デイトレードは上への動き出しを待ってからの押し目買いとします。
現在の値位置は様子見。

スイングトレードは日足で見た場合だと買い場探しの局面。
4時間足~1時間足メインでは崩れていますので買えません。
どの時間軸を見るかで基準が変わります。
私は週足が強いチャートという事もあり日足で買うのも面白いと考えています。

たまに書いていますが「ダメなら損切りすればいいだけ」なんですよ。
これって勝つための極意だと思っています。
それを損切りを渋って大きな損失を出したり、損切りとなるトレードをなんとしても避けようと仕掛けを躊躇してしまったりするからトレードがおかしくなってしまうのです。
負けを積極的に受け入れ、勝つべき時はしっかり勝つ。
10回20回のトレード結果はどうでもいいのです。
数百回レベルのトレードでどうだったかが重要です。
なぜなら少ない回数のトレード結果では大数の法則が働かず期待値に収束されないからです。


スポンサーリンク

2021 10/28 ロンドン時間前 ポンド円 デイトレード・スイングトレードの方針
本日のチャートです。
2021-1028-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAの下  MAは収縮中
1時間足…価格は75MAの下  MAは拡散開始

総合的に下有利になりつつありますが4時間足MAはまだ収縮中。
現在日足ベースの調整であることが明確となっています。
4時間足と1時間足の両足が収縮中の時は期待値はほんの僅かにプラスで無理してトレードしてもくたびれ儲け程度なので見送りでも良い。
しかし昨夜は1時間足MAが両方右肩下がりという変則的な収縮だったので戻り売りをしました。
ですが結局先週の金曜の安値を割り込んだのにも関わらず反発となり、こうなってくるとこれまでの大きな上昇に対するフラッグ調整の可能性が浮上します。

大きな流れが強い上昇相場の背景でのデイトレの売りは失望売りのような急落が起きないとなかなか大きな動きを取ることが難しいです。
昨夜もそういう動きを狙いましたがダメなら損切りすればいいだけ、大きく下げれば伸ばす、こんな感じで考えていました。
4時間足は下降トレンドに見えますが明らかにそれまでの上昇に対しては下げが鈍く、下落トレンドが発生しているとは言えません。

デイトレードは4時間足MAが拡散してから出動するのがメインの戦略。
4時間足収縮中+1時間足拡散開始の組み合わせは意外と期待値がマイナスなのでおとなしくしておきます。
本日も我慢の日になるでしょうか。

スイングトレードは4時間足が崩れてしまいましたので様子見とします。
4時間足が復活した後の1時間足押し目を狙うスタンスで。


スポンサーリンク

2021 10/27 ロンドン時間前 ポンド円 デイトレード・スイングトレードの方針
本日のチャートです。

2021-1027-b.png

GBP/JPY
4時間足…価格は75MAの上  MAは収縮中
1時間足…価格は75MAの上  MAは拡散中

総合的に上有利ですがまだ上昇相場の調整の範疇です。
昨日の上昇がトレンド再開なら夜間にこれほど深く押すのは不自然ですね。
よってまだ保ち合いといった感じです。
このまま1時間足75MA付近が支持に逆転し4時間足のトレンドが再開するというケース。
再度下落し三角保ち合いなどのペナントになるケース。
先週末の安値を割ってフラッグの調整になるケース。
よくあるのがこの3パターンです。
現時点では決め打ちできません。

デイトレードは本日も様子見スタート。
今月は中盤までチャンスが多くあったので今週は休息の時でしょうか。
大きいトレンドが一気に出た後停滞することは結構あります。
期待値が高い場面のみ狙うようにします。
買うにしても4時間足25MAが右肩上がりになるまでは待ちたいところですね。

スイングトレードは4時間足が煮詰まってきたら買いの準備をしていきましょうか。
感覚的には本日も様子見になりそうですね。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム