FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXで値動きの予測はできない。頼れるのは統計のデータのみ
FXについて為になりそうな動画があったよと親からメールが来たのですが、「短期の為替予測は無理!アメリカがインフレでも円高にならない理由とは?」というタイトルだったので当然見るわけもありません。
そもそも素人は何が参考になるのか参考にならないのか正確に判断できるわけもありません。
というかYouTubeにトレードで勝てるようになる為に参考になる動画ってあるんでしょうか?
最低限の基礎知識を得られるだけでしょう。
もしくは“知識は身についても肝心の勝ち方がわからない”内容が氾濫していると思います。
再生数を稼ぐために高勝率だとか上っ面の良いことを飾ったものには注意が必要でしょう。

ブログもそうです。
検索の上位にヒットするようなブログは当たり障りのない内容や美味しい事しか言っていないようなものが多く、ちょっとマイナーなブログにキラリと光る良い内容があったりするものです。
少なくともYouTubeやブログを参考にしようと考えている時点でリアルトレードをする資格はありませんので、そういう段階ならばデモトレに徹するべきだと考えます。
車で言えばまだ教習所内のコースしか走れない状況ですので、そういう段階でリアルトレードを開始すると破産まっしぐらです。
私のブログも例外ではありませんよ。
それについてはこの記事にも書いてあります。

ただ誤解してほしくないのは、FXは破産確率がゼロに等しい状況で、大量の試行回数をこなした上でトータルで勝ちさえすればどんなやり方も正解です。
他者の儲け方のスタンスを否定する気は一切ありません。
要するに土俵が全く違うのですね。
その上での私のスタンスを今回の記事で書いてみます。


まず私は為替や株価の値動きを一切予測しようとしません。
経済の状況などファンダメンタルも一切考えていません。
というか、ちんぷんかんぷんです。
金利だとかインフレだとか各国中央銀行の動向なども何も考えていません。
なぜならば「事象は全て価格に織り込まれる」というスタンスだからです。
複雑でごちゃごちゃして難しいことは全部価格に表されるのだから複雑に難しく考える必要はないということですね。

ファンダメンタルが読めればFXで勝てるのでしょうか?
もしそうならば経済評論家や経済学者などは皆FXで大勝し大金持ちになっていないとおかしいはずです。
ですが経済の事がわかっていれば勝てるなんてことはありません。
いくら頭が良くても勝てるとは限りません。

とにかく優先されるのは“価格の動き”
市場、値動きこそ全て正しい。
ファンダメンタルの要素も全て価格に織り込まれます。
指標発表や株の決算発表などの結果が良くても価格が上がるとは限りませんね。
なぜならば事前に結果が価格に織り込まれている場合があるからです。
ファンダメンタルで毎回価格を予測することなど不可能ですし、複雑すぎて再現性が無いのです。

というように私はファンダメンタル一切無視のトレーダーであり、為替のニュースは一切見ることはありません。
ニュースは見ない。シャットアウトする。これは私の厳格なルールでもあります。
何かやばいことがあればすぐ価格は大きく反応しますから見る必要はありません。

じゃあ「ジョニーはバリバリのテクニカル派のトレーダーなんだな」と思われるかもしれませんが、それも微妙なところです。
なぜならばテクニカル指標は価格によって後付けされたパラメーターに過ぎませんので未来を予測できる代物ではないからです。
テクニカルを使って値動きを予測しようなど、まるで信頼できません。
あくまで現在はこういう状況だよという事が把握できるだけです。

私が何を基にトレードをするかというと、それは統計の結果だけです。
ただ何を指針に統計を取ればよいかという材料にテクニカル指標を使うだけです
どういう状況の時にどういう条件で仕掛けをすれば、大数の法則が働いたときに期待値がこれくらいであるという統計のデータを基にトレードするのです。

こういう話をすると「期待値がプラスのルール?そんなのあったら皆大金持ちだよ。そんな聖杯のようなものなんてあるはずがない」という声が聞こえそうですが、じゃあ相場の参加者の9割以上が損する結果となるのはどう説明できるでしょうか?
参加者の9割以上は期待値がマイナスのトレードをきっちりこなしているのですよ(笑)
じゃあその逆のやり方をルールに組み込んでやれば良いという事ですね。

相場で退場するトレーダーの原因は大抵の場合コツコツドカンです。
これの逆をしてやれば気が付いたら利益が残っているという状況が生まれます。
当然不遇の時期はありますし、そういう時期はただ金をドブに捨てている気にしかなりません。
あまりの精神的苦痛に大抵の人は“もっと勝率が高く心地よい手法はないものか?”と投げ出してしまい、聖杯探しの無限ループに嵌ります。
しかしきっちりやり続けると全然勝っている気がしないのに口座残高は増えている。
こういう状況となります。

もちろん期待値がプラスと言っても、あくまで統計を取った時期で機能しただけであって未来永劫機能することを約束するものではありません。
しかし大衆心理は株式市場、為替市場が始まった時から本質は変わらないという歴史がありますので、今後もそれが継続することに賭けてリスクを取るという事になります。
これが私のトレードにおけるスタンスとなります。
当然これが絶対的に正しいと断定するつもりはありません。
私はこのスタンスでしか勝てる術を見つけれられなかっただけであり、人によって合う合わないもあると思います。
よって最初に述べたように“破産確率がゼロに等しい状況で、大量の試行回数をこなした上でトータルで勝ちさえすればどんなやり方も正解”です。


スポンサーリンク

FXトレードルールの執行のみに関心を注げば嫌な値動きにも苛立たなくなる
本日(2022年2月24日)は綺麗な振り落としに遭いました。

GBP/JPY 15分足

2022-0224-b.png

時足は載せていませんが4時間足はペナントの下抜け。
1時間足はMA収縮から拡散開始場面で絶好の売り時。
相場環境的に完全に売り目線でした。
朝から売り場探しで8時過ぎに売りました。

+15pipsで3割利食い出来たのですがその後下落を帳消しにする急騰が起き▲7.8pipsで残りはロスカットとなりました。
朝の高値も超えてきましたのでこういうケースは上も意識され1時間足レベルでの戻しになることは結構あります。
しかし短時間であっさり下落し安値更新。
綺麗に落とされました。

落とされた後ルール上の売りシグナルが出れば売り直せたのですが当てはまる箇所がなく、その後アジア時間が100pipsくらいの下落。
この下落は見ているだけです。

昔はこういう動きとなると苛立っていました。
自分の思惑通りの方向にしっかりポジションを持っていて、結果的に思惑通りに大きく動いたのに嫌らしい振り落としの動きで大きな動きを逃してしまった。
普通なら苛立つことでしょう。

ですが諦めましたよ…
FXってこういうゲームなんです。
そして自分のルールを過去の長期間に当てはめた場合こういう動きは少なからずあるのです。
しかしそういう目に何度も遭っても期待値はプラスという裏付けがある。
検証時は悔しがって追いかけるアクションを起こすという事はありません。
落とされても悔しがることなく淡々と次のチャンスを待つという前提での期待値です。

なので昔は苛立っていたような動きをしても何も感じなくなりました。
これ本当なんです。
正確に言うと“損益の増減に無関心でどうでもいい”
意識は“期待値がプラスのルール通りにトレードを執行し続ける”ことのみ。

損益の増減を意識すると正常なトレードができなくなるのですよ。
私は過去に何度も何度も何度もそれで失敗と反省を繰り返しました。
なのでルール通りに執行するしかないのです。
最低でも400回試行回数をこなすまで途中経過は無関心。
もちろん感情に流された取引は反省すべきですが、ルール通りであれば“仕掛けて秒でロスカットになったような下手なトレード”、“振り落とされた直後に自分の思っていた方向に走るマヌケなトレード”、こういったものも成功トレードなんですよ。
だから個々の結果にいちいち固執する必要はなくなるのです。

このような関門を潜り抜けるのに私は本当に時間がかかりました。
それだけ金銭の増減が人間の感情に与える影響は大きかったということですかね。
なので毎日検証、検証、検証あるのみです。
そして確率で考えるという思考回路を積み上げ、個々の結果に捉われず息をするかのように淡々とトレードを執行するスタイルを構築するのです。
無意識で確率に基づいた行動を取れるようになるまで訓練あるのみです。


スポンサーリンク

FXの売買では毎回スリッページを記録する
ルールの検証時ではわからない隠れコスト。
それはスリッページです。

一般的には成行注文や逆指値注文において、指定したレートより乖離したレートで約定してしまう時の損失となります。
成行注文とはいくらでも構わないから約定させてほしいという注文ですし、逆指値注文はレートが〇〇〇になった瞬間に成行注文という注文形式なのでレートが乖離してしまう事は仕方ないですね。
損切りは逆指値で確実に執行させなければなりませんのでスリッページは避けて通れないものです。

昔日経225先物miniを取引していた頃はスリッページはほぼ起こらないに等しかった(むしろ稀に5円有利な価格で損切りされてラッキーなこともある 笑)のですが、FX、CFD、個別株では頻繁にスリッページが発生しますね。
特にFXやCFDは業者によってスリッページが異なってくるので、これは記録をつけるしかありません。(個別株や先物はどの証券会社で取引しても変わらず平等です)

リアルトレードでは取引するたびにどれだけスリッページが発生したか記録しておきましょう。
積もると結構な額になっていることもあります。

私が現在利用している外為どっとコムでは実際に約定した価格と本来指定したレートが両方取引の履歴で閲覧できますので便利です。

外為どっとコムのツールの取引履歴
(※ここでは新規注文に絞り込みを入れています。ちなみにヒロセ通商とJFXも同じシステムです)

2022-0219-b.png

黄色い枠で囲ってある部分は約定価格と指定レートが異なっていますのでスリッページが発生したことになります。
私の場合通常は分割で4単元程度に分けて注文を出しますのでいくつか約定日時が被っていますが悪しからず。
新規注文はほぼ逆指値なので、新規注文、損切り、トレイリングストップは全てスリッページが発生する可能性があります。(指値の利食いのみスリッページが発生しない)

ちなみに2022年に入ってから外為どっとコムの新規約定の平均スリッページは約0.15pips(GBP/JPYのトレード回数は2月18日までで71回)です。
決済は分割で返済するため計算が細かくなるので省いていますが、だいだい同程度かかっているでしょう。
平均すると僅かですがトレード回数が積もり重なってくると結構な額になると思います。
こればかりは自分の取引するFX業者で記録せねばわからないことですのでしっかりと記録しましょう。
記録したところで未来の事がわかるわけではありませんが、隠れコストがどれだけかかっているか把握できます。

隠れコストを少しでもカバーする方法は、約定した価格ベースで利食い幅を設定するというものがあります。
私の場合ポジションを3割ずつ15pips、45pips、75pips、残り1割をトレイリングストップというように発注することが多いのですが、例えば156.000で約定した場合最初の利食い価格は156.150となります。
しかしスリッページが発生し156.010で約定した場合、最初の3割の利食い価格を156.160にするというものですね。

このやり方のデメリットは利食い価格を引き上げたばかりに僅かに利食いに届かず、損切りになった場合の損失額が引き上げなかった場合に比べ大きくなるというものです。

私の場合は統計上はスリッページなしで約定した場合の期待値を算出しています。
利食いを1pips引き上げたばかりにイグジットの損益が大きく変わるというのは避けたいので、例えばスリッページが1pips発生した場合は素直に当初の利食い価格から1pips減らして+14pipsに指値を出すことにしています。
しかし含み益が45pipsあたりに到達した場合は勢いがあるということですし、その頃にはトレイリングストップも引き上がっており損益のプラスが確定していることが多いです。
なので基本的に残りの+45pipsと+75pipsはスリッページ分減らすことなく+45pips、+75pipsに指すようにしています。

これは決めてしまえば自分の好みで良いと思います。
結局検証によるシミュレーションとリアルトレードは何かしら差が出るものなのでそういうものだと割り切るしかありません。
完璧を求めない事です。
ただ隠れコストがどれだけかかっているかは頭の片隅に置いておくためにも記録しておいた方が良いでしょう。


スポンサーリンク

うまいトレードをしたい”という願望と幻想がFXで勝てない原因
私が昔トレードで勝てず苦しんでいたのは “うまいトレードをしたい”という願望が根底にあったからです。

勝てているトレーダーはエントリーポイントの精度が高いので勝率が高く、損小利大で、ロスカットになりそうなトレードは首尾よく良い位置で撤退し、利食いも適切な位置で上手で、週単位で必ずプラスである。…このような幻想を抱いてしまっていたのが原因です。

このようなトレーダーはいるのでしょうか?
売買譜で他人のこのような凄腕のトレード内容を見たことはあったのですが、それは文面だけの話であって実際の成績は証明されたものではありませんでした。
今思えばそんな内容を見てしまったがゆえに“うまいトレードをしたい”という願望を抱いてしまったのでしょう。
しかし私はそのような凄腕のトレード内容は大なり小なり盛った内容だと考えます。
真実はわかりませんが、少なくとも再現性はまるで無いものだと断定した方が今後の成長のスピードは遥かに上がると考えます。
と言うより途方もなく長い周り道をせずに済みます。

まず勝率を高めようとするならば必然的に利食い幅は小さく、損切り幅は大きめにという設定となります。
これはもはや自然の摂理…いや、相場の摂理です。
しかし“うまいトレード”をしようとした私は勝率が高く、かつ損小利大を狙いに行こうとしていました。

となるとまずは“損切りになる場面を見送るスキル”が必要となります。
明らかにトレンドがはっきりしない場面はともかく、通常時の場面でこのような取捨選択をしようとすると、同時に勝つトレードも見逃すこととなります。

また、“損失を最小限に食い止める手仕舞い”も必要になってきます。
例えばエントリー後思った方向に行かなければ途中撤退するとか、玉の一部を薄利で手仕舞いしたりして残りが損切りになっても損失を最小限にするというようにです。
しかし私はこのようなことをすればするほど取れたはずの利益も逃し、大負けはしないもののジリ貧の状態をずっと繰り返すこととなりました、
そもそも先の“損切りになる場面を見送るスキル”は全然身につきませんでしたし。
チャート分析の精度はどんどん上がっても肝心のトレードの精度はちっとも向上しませんでした(笑)
むしろまだ怖いもの知らずの初心者の頃の方がよほど思い切りのよいトレードが出来ていてその時より勝てているくらいでした。

結果的に裏目が続き、“勝つときはちょびっと”、“勝てたはずのトレードも見逃す”、といった内容になりました。
これらは“損切りになるトレードを避ける”以上のデメリットであったことに気づきませんでした。
更にトレードを絞ろうとするあまり試行回数は激減。
挙句の果てにはどこもエントリーできなくなったのです。

必死に過去のチャートを1日ごとに全て印刷し、利益になるポイントの共通点などはないかと検証しました。
クソ真面目な検証をしていたつもりが、今思えば無意味な検証で大馬鹿者もいいところです。
どんなに目を凝らしたところで所詮未来の事などわからないのです。
未来予知能力でもない限り結局裏目り、そして自分を責め意味のない反省を繰り返し、どんどんトレードがおかしくなっていくのです。
“トレードに確実を求める”ようになると末期患者です。

全ては“うまいトレードをしたい”という願望、“勝っているトレーダーはうまいトレードをしている”という幻想がこのような症状を巻き起こしました。
“うまいトレード”は本当に魅惑的です。
勝率が高く、かつ負ける時も小さいなんて状態ならば毎回のトレードが楽しくウキウキしてしまいそうです。
毎週プラスならどんどん玉を大きくできるのであっという間に大金持ちです。

……ですが、それは幻想です…。

こんなのを目指しても膨大な時間を無駄にしてしまう。
これが現実でした。
まず他人の裁量トレードの売買譜を真に受けない事。
自分の検証したデータのみを信じる事。
未来予知など不可能であること。

これらを肝に銘じておくべきです。
特に初心者の頃は簡単にネットや書籍などの情報を信じ「こんなに儲かるものなのか」と思い込んでしまいます。
売買譜なんて捏造できますし、売買履歴の画像も同じ業者の口座を2つ所持し、買いと売りをそれぞれ両建てで行えば物凄く勝っていると見せかける事も可能です。
勝率70%を謳う裁量手法もシステムとして検証したら30%程度で期待値も大幅マイナスなんてこともありました。
“うまい判断をする”こと前提なのですね。まあ本人がそれをやっているかは知りませんが。
とにかく美味しそうな情報を信用しない事。
うまいトレードを目指そうとすれば抜け出せない迷路に永遠に彷徨う事となります。
下手でもいいんですよ。再現性があり、結果的に口座残高が増えれば。
トレードに心地よさなど求めない事です。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム