FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXで機会損失を出さない為にも見送り癖をつけない
※ 現在執筆しているトレードマニュアルから一部抜粋

ある程度相場の経験があると独自の相場観のような感覚を持っていると思います。
すると、ルール上はエントリーのシグナルが出ているが、相場観により「ここは負けそうだな」と考えトレードを見送りたくなります。
他にも連戦連勝してその利益を減らしたくないという感情で守りに入ってトレードを見送ったり、連敗でこれ以上負ける苦痛を味わいたくないからトレードを見送ったりと、様々な要因で見送ってしまいたくなる時があるでしょう。

しかし、見送った箇所がもし大きな勝ちポイントならば、大きい機会損失を出してしまいます。
機会損失よりもトレードを見送って助かった分の金額の方が大きければそれで良いのですが、そんなことを目指してしまうとやはり「負けるトレードを首尾よく見送るための方法はないものか?」と予知能力習得を目指してしまうのはお約束です。
何度も繰り返し述べていますが、そんなものは再現性がないのでしたね。
これまで私は大きい利食いとなるポイントがあった時のチャートをいくつも凝視し、何か共通点は無いか?条件を当てはめれば他の箇所で損失を回避することができないか?と散々考えました。
しかしどれも駄目で、相場環境によっては機能しても他で機能しない事があり、結果試行回数を減らすことは長期間でのトータルの期待値を減らすという事実を思い知らされるだけでした。

たまたま見送ったポイントが損切りになっていた場合、味を占めて見送り癖がついてしまいます。
見送り癖がつくと試行回数は激減し、機会損失も大きいものとなり、やはり期待値に収束されなくなります。
私が過去に長い間勝てなくて苦しんだ時期の一番の原因はこの見送り癖です。
リスクを取ることに億劫となり、スポーツの分野でいうイップスとなっていたのです。

少し前に述べたように「損切りすべき場面に損切りせず様子見した結果買値に戻って助かった!ラッキー!」というのは未来への負債だという表現はピンとくると思います。
同時に「見送ったポイントがもしエントリーしていたら損切りになっていたので1回分の損切りによる損失が浮いた!命拾いした。ラッキー!」というのも未来への負債です。
本手法は損小利大手法なので、大勝ちポイントを見送ってしまうとその機会損失は状況にもよりますがだいたい損切り3回分の損失と同等です。
トレードを見送るという行為は“ルールの3倍の過剰なポジションサイズでトレードして損切りとなる”といった事態と同等の損失を引き起こす可能性があるという事を肝に銘じるようにしてください。
立派なルール違反なのです。

トレードの本質とはリスクを取る行為です。
過剰なポジションで大きなリスクを取ることはいけませんが、小さなリスクを取ることに億劫になっていてはいつまで経っても資産を増やすことは出来ません


スポンサーリンク

私が為替市場を主戦場としている理由
私の場合個別株から始まり日経先物mini、オプション、FX、ダウCFD、原油CFDなど今まで様々な金融商品を取引してきましたが、最終的にFXに落ち着いた理由はいくつかあります。

① 平日は24時間市場が開いている

株式市場は9~15時と最も取引時間が短く、更に昼休みまであります。
日経先物は夜間も取引可能ですが15時15分からナイトセッション開始まではクローズしています。
深夜は以前に比べだいぶ長くまで取引できるようになったみたいですが、それでも数時間クローズしている時間がありますね。
クローズしている時間帯が長いとポジションを持ち越した場合ギャップのリスクが怖いのです。
トレンドフォロァーなのでトレンドが続く限りは長く保有していたいのですが、クローズしてしまうとレバレッジを効かせたデイトレードの場合はリスクを考えて決済しなければなりません。
その点FXは週末以外では利食い、損切り、トレイリングストップにならない限り保有し続ける事ができますね。

② 過去のデータが手に入りやすい

MT4やForex Testerで検証する場合、為替市場だと過去のデータが容易く手に入ります。
ホームページで過去10年分くらいの1分足データが無料配布されているFX業者もあります。
つまり厳密な統計を取りやすいのです。
私は自分の感覚を全く信じていませんので、ただ統計から出した期待値に従った仕掛けと手仕舞いを繰り返すだけです。
なので長期間の過去のデータはトレードに必須なツールなのです。

③ 通常時は取引コストが安い

例えば日経先物miniは呼び値が5円、更に手数料がかかります。
FXは例えばUSD/JPYだとスプレッドが0.2pips前後、私のメインとしているGBP/JPYだと1pips前後で手数料は無料です。
価格に対するスプレッドの比率がFXだと日経先物や個別株に比べ狭い事も魅力です。
トレードはエントリーした時点でスプレッド分の損失が発生しているのですが、そのコストが高いと収益にも影響してきます。


このような理由で為替市場が一番私に合っていたので、現在はFX一本でトレードしています。


逆にFXならではのデメリットもあります。

① 指標発表時のスプレッド拡大

通常時は取引コストが安いのですが、指標発表時はスプレッドが急拡大します。
サプライズニュースや国民投票などのイベントでも広がります。
その点日経先物は指標発表でも広がることはなく、損切りの逆指値が滑るような事は私が過去で取引した経験の中では記憶にありません。
株は流動性にもよりますが板がスカスカになってスリッページが発生することは頻繁にありますね。

② FX業者によってレートがバラバラ

FXの場合レートはくりっく365を除いて各FX業者に委ねられます。
特定の業者のみフラッシュクラッシュが発生したというケースもありました。
ここ最近でも急変動が起きた時に特定の業者だけレート配信が止まってしまっていたという事もありました。
株や日経先物はどこで取引しても同じ価格で公平なのですがFXはある程度信頼できる業者でないと万一の事態が発生した時に想定以上の損害を被ってしまうリスクがあります。
かといってくりっく365はスプレッドが広すぎますし、公平で透明性が高いと言われるくりっく365でさえ異常レートのフラッシュクラッシュが発生したことがあるようです。
FX業者のレート配信によるリスクを秘めていることが悩ましい問題ですね。
ちなみに私は現在SBIFXトレードで取引していますが、そこも絶対に安全と断定はできませんので自己責任と肝に銘じて取引しています。


メリットデメリットを踏まえ、自分のライフスタイルに合った市場を選択できると良いですね。


スポンサーリンク

FXでトレードプランの本当の意味とは?
※ 現在執筆している私のトレード手法の説明書から一部抜粋

トレードプランとはその名の通り、どのようにトレードするのか企画することとなります。
ちなみに私が昔勝てなかった時代に思い込んでいたトレードプランとは以下のようなものです。

「本日は上位足・下位足の時間軸共に上昇トレンドと考えられるので押し目買い方針。
直近の安値から高値まで結んだラインの38.2%押し、半値押し、61.8%のうち、半値押しは〇月〇日で急激に反発した価格と重なり支持線と考えられ、61.8%押しは75本移動平均線と重なるのでだいたいこのあたりを押し目の目途と考え、反発を買うとする。
ただしフィボナッチタイムゾーンを引くと時間が半分経過するのが〇時を過ぎたあたり。
最低でも〇時を過ぎるまでは何もせず様子見とする。
その後〇時を過ぎるようなら61.8%時間が経過するのでいよいよ押し目から高値更新に繋がる動きとなる可能性が高く、積極的に買っていく。
その時間までは枚数を半分に抑えて消極的に買う事にする。」

今思えばなんて複雑なトレードプランを考えていたのかなと感じます。
どんなにこねくり回して考えたところで結局未来のことなどわかりません。
更にこのようなトレードプランを読み返してみると、「損切りとなるトレードをすることは極力避けたい」という意図を感じます。
出来るだけ損切りになるトレードを回避しないと利益が残らない。
かといって逃げてばかりでは駄目で勝ちもしっかり拾う必要があり、“勝ちはしっかり拾い、負けは極力見送ることができる”トレードスタイルを目指していることとなります。
しかしそんな“うまいトレード”はフィクションの世界で再現性が無いのでしたね。

今のトレードプランは「押し目買い方針」、「戻り売り方針」、「〇〇〇足と〇〇〇足のトレンド判断が揃うまでは様子見」、この3つだけです。
テクニカル指標をこねくり回し複雑に考える必要は一切ありません。
しかし、本手法を使用するトレーダーは更にその先に一歩進んだ“真のトレードプラン”を考えていきましょう。

真のトレードプランとは“自分の資金を将来的にどの程度まで増やすのか?”という計画です。
そのためには“自分の手法の期待値は年利何%を見込めるのか?”をしっかりと把握していなければなりません。
もちろん相場環境や人為的ミスにより収益の上下はあるので必ずしも期待値通りの収益を出せるとは限りません。
ですが大雑把にでも先を見通した計画をしておきましょう。
稀に手法が非常に相場環境とマッチするボーナスタイムに巡り合うこともあります。
例えば2020年のコロナショックで大荒れした年だと本手法は他の年に比べ約2~3倍と驚異の期待値となっています。

例えば平均的に年利30%が見込める場合は人為的ミスも想定するとして年利20%を目標にする。
すると資金は1年経過で1.2倍、2年経過で初期資金の1.44倍、3年経過で初期資金の1.72倍、4年経過で初期資金の2.07倍。
前に解説したポジションサイズの増加ルールも使ったりしてトレードを続けていけば、複利の効果により4年で資金が2倍になる可能性がある。
大雑把ではありますが利益目標の目安になります。

あなたがトレードを始めたきっかけは何らかの目的のために“お金を増やしたい”、“お金を自分1人で稼ぐスキルを身につけたい”という動機だったと思います。
しかし、現実的な範囲で具体的にどれくらい増やしたいかという事を漠然とでも考えていた人は少数だったと思います。
例えば身につけることが困難な“うまいトレードを目指す”裁量トレードでは収益はトレーダーの腕次第。
客観的な期待値は全くわからず、そんな状態では具体的にどれくらいお金を増やすことが実現可能かということはさっぱりとわかりません。

本手法は客観的な期待値に基づき、期待値がプラスの行動を繰り返し大数の法則を働かせ期待値に収束させるトレード手法です。
相場環境によって増やせるお金は年々違ってくるものの、何の指針もない状態ではありません。
いくらお金を増やしたいのか、実現可能な範囲なのかを見通しを立てておくことが“真のトレードプラン”であると私は考えています。
私はトレードを始めてからずっとこのような事は考えず、漠然とトレードの腕を上げる事ばかり考えていて多くの時間を無駄にしたので、ぜひ考えていただきたいと思います。(そしてトレードの腕なんてものはどんなに頑張っても収益の期待値を増加できるほど上がりません)


スポンサーリンク

自分のトレード手法の取説を書き始めてみた
自分のFXトレード手法の取説、つまりマニュアルを書いてみようと思いつきました。

私のトレード手法は中学生でも理解可能なシンプルな手法だと思っていましたが、誰にでも理解できるような内容としていざ書いてみると結構細かい取り決めがあって、チャートの例も挙げながら書き進めると本1冊分くらいになってしまいそうです。

ですが自分の知識などをアウトプットするには良い機会です。
まだ2割も書き進めれていませんが、なかなか楽しい作業です。

プロ雀士の佐々木寿人さんは自分の麻雀の手法をまとめたノートを書き、いつか誰かに100万円で売ってやろうと考えていたそうですが(昔佐々木寿人をモデルにした漫画でそのエピソードを読みましたがちょっとうろ覚えです。間違ってたらごめんなさい)、私もそのようなノートを完成させたいですね。

これまで相場に支払った授業料、死にたくなるような辛さ、先の見えない不安や焦燥感、激しいストレス。
それらをひっくるめたらそのノートは100万円でも安いですね(笑)


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム