*All archives* |  *Admin*

2/29
数年前の相場日誌を読み返してみると見送ったポイントが利益になったがゆえに「ここはエントリーすべきだった」という反省や、ロスカットになったがゆえに「ここは見送るべきだった」といった反省がなんと多い事でしょうか。

例えばルール上はエントリーしてもいいポイントだが「上昇がかなり長くなっている。いくらなんでもそろそろ調整入りする可能性が高そうなので買わず様子見だ」などと考え見送ったら大きく上昇したので「やっぱり上昇トレンドが実際に転換するまでは転換を恐れず仕掛け続けるべきだった」と反省し、ルール通りのポイントでエントリーしたのにロスカットになったがゆえに「上昇時間が長すぎたのでそろそろ調整する可能性も考えると見送るべきだった」といったチグハグな反省だらけです。

エントリーして順行すれば正解、ロスカットになれば失敗、
見送って順行すれば失敗、逆行すれば正解
このような図式になってしまっています。
しかし未来を予知する能力が無い限り常に正解を選ぶことは不可能です。

頭ではロスカットは避けられない事をわかっているのに実際はいつの間にか損失を避けようと行動しているのです。
こうなると損失=悪という図式が頭にインプットされてしまい常に疑心暗鬼となりトレードがぶれ、正しい位置でエントリーをすることができなくなります。

どうにもならない反省をずっと繰り返し、いつか技術や分析力が上がればかなりの確率で正解を出すことが出来ると思っていたのですが、結局無理だ!・・・ということがわかりました。

「負けをできるだけ避けて勝ちを拾う」という発想から「負けの中から勝ちを拾う」という発想に切り替わってから、トレード日誌には前述したような反省はすっかりなくなりました。

ルール通りならばどんなエントリーも正解。
勝っても負けても正解。
細則に従い見送ったのならばその後どんなに思惑通りの方向に行っても正解。
イグジットの判断が裏目ってもルール通りなら正解。
期待値がプラスのルールならばトータルで利益が残ります。

毎回勝とうとしないで勝ったり負けたりを繰り返しながら取れるとこだけ取れればいいと理解するとトレードに疑心暗鬼になる事もなくなりました。
負けるのが当たり前だから損失を恐れなくても良いからです。
皮肉にも損失を過度に排除しようとしていた時よりも損失を受け入れた状態の方が精神的にも安定するのだから不思議です。


いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


FXトレード日記 ブログランキングへ


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク