*All archives* |  *Admin*

5/13
できるだけロスカットを避け勝ちのみを狙っていくという姿勢でトレードに臨むとドツボに嵌ります。
なぜなら先の動きを当てに行こうとしてしまうからです。
裁量判断の精度を上げれば先を読む確率が上がるのではないか?・・・と私も以前考えていましたが、結局のところ先の値動きはわかりません。
方向性を当てるだけでなく自分のストップにヒットせずに順行するのかということが絡むと複雑となり、結局先の事はわからないのです。

高勝率を狙うならストップを広くし利幅を狭めるという単純な方法しかありません。
サポートレジスタンスは実際に反発しないとそこに支持されたという事はわかりませんので、あらかじめサポートレジスタンスを予測しピンポイントで入るという方法は再現性がありません。

裁量判断で勝率を上げようとしても無理がありますしドツボに嵌ります。
こうなると結局、
「入るか迷っていたら大きく順行した。やっぱエントリーしとくべきだったな」
「ロスカットになった。やっぱ無理するんじゃなかったな・・・」
「ルール通りにエントリーしてたらロスカットになってた。危ない危ない、見送ってよかった」
「利食いまで一歩届かずにトントンになった。欲張らずもう少し下で利食いしとくべきだった」
「撤退した途端思惑方向に飛んだ。逃げるんじゃなかった」
・・・といったような、価格が思惑通りに順行したかそうでないかといった結果論に振り回されながらトレードする事になります。

「上がると思うから買う、下がると思うから売っているのに何で結果論で反省しちゃいけないんだ!?」と思うかもしれません。
どうしてかというと、理由の1つとして結局価格の動きはノイズも含めるとランダム性が非常に高いといった要素が挙げられます。
ランダムに動くものに対し精度を求めても結局次に忠実に再現することができません。
結局信頼できるのは確率論であり、それは規律通り全て数多くこなすことで初めて作用します。
1回1回の勝ち負けに精度を求めるのではなく、数多くのトレードが揃った上でのトータルで考えなければなりません。

連続で勝った、良い位置で入れた、良い位置で利食い出来た、などの理由で精度の高いトレードが出来た!と考えるのは無意味です。
それはたまたまで長い目でずっとその精度を保つことが出来るかという問題が生じます。
私の考える精度の高いトレードとは一切感情に振り回されることなくルールに忠実にトレードするというものでしょう。
感覚的なものを使うにしても自分の中で基準、軸が定まっています。
結果ロスカットになってもそれは確率を働かせるために必要なトレードなので正解のトレードです。
1回1回の勝ち負けで精度は判断しないのです。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク