FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXで終わったチャートを見て反省しても結果論
大抵の場合トレードを反省したり振り返ったりする時は既に結果が出た後なのですが、この時ポジションを持ってから手仕舞いするまでの値動きは当然ですが終わっています。
ここに罠があります。

エントリーしようか迷っているうちに大きく思惑の方向にぶっ飛んだのを見て「躊躇すべきでなかった。ここは仕掛けるべきだった」と反省したとします。
しかしそれは大きく思惑方向に飛んだ動きを既に見ているから言えることで、もし反対方向に行っていたらこんな反省はなく「見送ってよかった」となるだけです。

エントリーして即ロスカットとなり「エントリーが早すぎた。もう少し待つべきだった」と反省しても、もしそれが順行したならばこのような反省はなく「早めのエントリーをして正解だった」と思うに過ぎません。

同様に利食いして更に大きく飛んだら「もっと伸ばすべきだった」、逆行したら「利食いしといて良かった」、横這いで撤退した瞬間に思惑方向に飛べば「耐えるべきだった」、逆行すれば「逃げておいてよかった」となります。

私も昔の相場日誌を振り返ってみるといかに終わった後のチャートを見ての後解釈による結果論に振り回された反省が多かったことでしょう。
裁量判断の自由度が高すぎるとこうなるのですが、このような反省をするとドツボに嵌ります。
なぜならばこのような反省の解決策の行きつく先は「先の動きを読む精度を上げる」ということになってしまうからです。
しかし先の動きはいつも書いているようにわからないのです。
方向性を当てるだけなら実質2分の1なのですが、実際は自分の設定したストップにヒットせずに順行しなくてはならないということがキモとなるので、このようなことまで予測することは不可能です。
値動きはノイズだらけなのですから。

エントリーする時は先の見えないチャートで行わなくてはならないのですが、トレードの反省は終わったチャートを見てしまえるので値動きを見ながらどうにでも後解釈で反省を書くことが出来ます
しかし相場の動きはランダム性が高く、ランダムなものに対してあーでもないこうでもないと言っても仕方がありません。
極端な話をすると、期待値がプラスの30%が当たり、70%がはずれのくじ引きを引いてはずれが出たとして、何か反省する要素があるでしょうか?
大数の法則が機能するまでは1回1回の結果はランダム要素が高くなります。
はずれたとしてもランダムだから仕方がありません。
大数の法則が機能するまで続けるのみです。
これをあーでもないこうでもないと反省する必要はありません。

しかしトレードは値動きという要素があり、どうしても「どうにかすれば先を読む精度を高めることが出来るのではないか」と考えてしまうので、結果論に過ぎないことでどうにもならない反省をしてしまうのです。
値動きは個々のトレード単位で考えれば所詮ランダムであり、数多くの単位で考えて初めて確率が作用してくるのです。
統計を取り確率論を受け入れるとくじ引きとあまり変わらない感覚になっていきます
期待値がプラスの規律に従い淡々と賭け続けるだけ。
こうなってくると1回1回の結果に固執したり振り回されることも徐々になくなります。

反省すべきことは期待値がプラスのルール・規律に違反してしまった時。
期待値がプラスの行動を取ったのならば、それがロスカットになろうとどんなに下手な利食いや撤退になろうと正解の行動となります。
また、もしルールすら確立していないならばトレードを反省する以前の問題です。

今回の記事のような内容は頻繁に書いていますが、なぜしつこく書いているのか。
私自身がトレードを値動きの結果論による反省をしなくなってから心の負荷がなくなり、トレードの苦しみが激減したからです。
どうにもならないことで反省し続けるのは本当に苦しいです。
なぜならば本当にどうにもならないからです。
結局先の値動きなんてわからない。
結果論に振り回されないためには統計を取り続け確率論を受け入れる必要があります。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム