FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

3/15
仕掛けにくい時ほど利益に結び付きやすいと言われていますが、私が思うにそれは思い込みだと思います。
どうしても悔しかったことは記憶に残りやすいのでそう思ってしまいます。
しかし頻繁にそう思ってしまう以上事実として仕掛けにくい時は利益に結び付きやすいのでしょうね。
そもそも仕掛けにくいと感じるのはその人の感覚によるところが大きいので。

こういう話をするとチャートの形状とかの話だと思いがちです。
例えば新高値をブレイクしたときは高値圏で買いづらいとか、下げまくった後に大底狙いで買うのは怖いとか。
しかしそれだけではありません。
連敗して嫌になり、監視や仕掛けをやめたときに限って大きい動きを見逃したという事はないでしょうか?
仕掛けづらい局面とはチャートだけでなくロスカット連発で連敗した後というのも心理的に仕掛けづらいです。
調子が悪いからと言ってつい様子見してしまいがちです。

ですが統計を基にトレードするならばトレードに調子が良い悪いは関係ありません。
山勘でトレードを行うならば調子が良い悪いという表現もありえますが、統計に基づきトレードするならば連敗は調子の良し悪しでなく単なるドローダウンです。
連敗したからと言ってトレードを中止せず淡々とこなす必要があります。
口座残高が減っていくとどうしても仕掛けをするのが億劫になってしまいトレードをするモチベーションが下がります。
しかしルールの期待値が正であるのならどれだけ連敗して嫌であろうが続けなくてはならないのです。
トレードはしつこく粘り強くこなしていく必要があります。
しつこくこなした先に大きいリターンがあります。
途中でやめてしまったら期待値に収束されません。
やめたころに大きい当たりが来て逃すのがオチです。

また、雇用統計など指標発表の前とか年末などの閑散期なども心理的に仕掛けづらいです。
しかしそう思うならそこを見送るという条件で統計を取ってみるとどうなるか知ったうえで判断しなくてはなりません。
全ては統計で期待値やドローダウンなどのデータがどうなったかで判断するのです。
なんとなく不安だとかどうせ動かないだろうなという勝手な思い込みで毎回トレードをやめてしまうのは見送りの根拠が曖昧なのです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム