*All archives* |  *Admin*

わからないことをわかろうとするからおかしくなる
真剣に相場を研究しているほど値動きの先を予測できる精度を高めようとする。
しかし、値動きの先は絶対にわかりません。
上がるか下がるかの単純な問題ではないのです。
トレードには手仕舞いという要素があるため、設定したストップにヒットせずに思惑方向に行かねば利益になりません。
予測するならばどこまで逆行してどこまで思惑方向に行くのかを当てなくてはなりません。
しかしそのようなノイズの動きまで読み切ることは絶対に不可能なのです。

相場は先の動きがわからないのが当然であり、わからないことをわかろうとしようとするからおかしくなるのです。
私は以前「相場がわからない時は何もしないでおこう」と考えていましたが、それは大きな誤りでした。
そもそも値動きなどわかるわけがない。
たまたま読みがうまくいった時があるからと言ってそんなのは偶然でわかった気になっているだけでした。

終わったチャートを見て現在はトレンド相場なのか、レンジ相場なのかは大雑把に判別できます。
例えばトレンドフォロァーの手法はトレンド相場は機能してもレンジ相場では機能しません。
現在はどのような相場環境なのかは判別できるので、それに基づいて手法のサインに従うか否かという事は判断できます。
しかしあくまでも判別できるのはチャートが途切れた現時点までの事であって、結局先の事がどうなるかまでは決してわからないのです。
「例えば上昇相場なら買い有利だから買いが勝ちやすいんじゃないの?」と考えるかもしれませんが、確率が機能するのは数多くの標本が必要であり個々の場面で予測することはナンセンスです。
私にできることは全く不確定の中、統計のデータに従い期待値が正になる行動を淡々と繰り返すことだけです。

相場は常にわからないことが大前提です。
全くわからない中リスクを取るのです。
そこに余計な相場観や感情を挟むとおかしくなります。

値動きの先を予測する精度を高める、すなわち先をわかろうとすると結局いきつくのは極端に少ない試行回数でしかトレードできなくなります。
フィルターをかけまくり、そもそもどんな動きを取りたかったのか有耶無耶です。
統計を基にトレードするのであれば、期待値に収束されるには大数の法則が働くまでの試行回数が必要なのですが、それを極限まで落としてしまっては本末転倒です。
百歩譲ってそのフィルターが厳密な仕掛けと手仕舞い込みで構築されたシステムに基づくものなら良いにしても、大抵は「損失を出したくない」という感情に揺れ動かされた曖昧なものです。
結局機会損失を出しまくり取るべき場面で取れなくなります。

正解をわかろうとする行為は経験上トレードで百害あって一利なしと私は考えています。
しかし初心者の頃は「プロは何か特別なスキルを持っていて値動きを読む精度が高いのではないか?」と考えてしまうのですね。
その考えは長い間トレーダーにこびりつき、徹底的に無駄だと思い知らされ頼れるものは統計・確率しかないことに気づき、初めてスタートラインに立ちます。
(※確率と言うと当たる確率や外れる確率のようなニュアンスに聞こえますが、私がブログで確率という言葉を使う場合それは“期待値”というニュアンスです)



スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク