*All archives* |  *Admin*

7/11
以前負けトレードの分析を必死で行いました。
そして負けトレードの原因を解析し、負けトレードをつぶすことで成績をよくしようとしていました。
しかしそれは悲惨な泥沼への道です。
負けを避けるという事は結局その分勝ちもなくなるということです。
負けを避け勝ちを都合よくつかむということはできません。
そんな方法があるなら教えていただきたいものです。

負けを100%受け入れ、トータルで利益を残すというスタンスになってから私はようやく一貫性のあるトレードを行うことができるようになりました。
今ではトレードで反省するのはルールにないことをした時だけ。それ以外は例え何十連敗しようが一切反省しません。
統計に基づくルールに従ったものなので損失も正しいトレードなのです。

それまでは負けを避けるためトレードの躊躇の連続で試行回数も週に1回~2回とか限りなく少なかったのです。(そこまで絞っても勝率が劇的に上がるわけでもなく良いとこなしです。)
今ではFX、CFD、株式のスイングトレードすべて合わせると月に60~100回程度です。
1年間程度続ければ確率が働くであろう回数です。
月に4~5回のトレードだと確率が働くまでに5~10年程度かかってしまうでしょう。

負けを避けるべくフィルターをあれこれ考える以前に確率というものをまるで理解していませんでした。
何度も繰り返し書いていますが確率は試行回数をこなさないと働きません。
少ないトレードで一発必中を狙うのは予知能力がないと不可能です。
こんな単純なことに気づくのに膨大な時間を要しました。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
指標発表時などにスプレッドが広がりにくい。1通貨単位から売買可能でリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: