FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

7/26
前回の記事で「どうなるかわからないことに賭けるのは博打だ」と書きましたが、相場は先がどうなるかわからないと常々書いているので読み返した時これは矛盾と感じられる方もいるかもしれないと思いました。

相場の値動きは先がどうなるかはわかりません。
しかしある条件の仕掛けと手仕舞いを膨大な数繰り返した時トータルで利益が残る可能性が高いというものはあります。
統計上期待値が正のシステムというわけです。

個々のトレードでは先がどうなるのかはわからないのです。
ですから当然負けトレードや含み益がパーになるトレードがあきれるほどあります。
ですがどこが当たりになるかはわからないので条件がそろえば全て仕掛けます。
そして市場の歪を利用し利益が残るのです。
参加者が退場する典型であるコツコツドカンの逆である損小利大というわけです。(損大利小でも期待値が正の手法はあるかもわかりませんが、私はそのようなシステムを持っていないのでわかりません)

確かに個々のトレードで先の事はわからないが数多くこなしたうえで期待値に収束される可能性が高いとわかっているのでそれは優位性のあるギャンブルと言えます。
ナンピンして塩漬けにして元に戻るのを祈るのは統計の優位性も何もあったものではなく、完全に運任せのギャンブルです。
検証し優位性のあるナンピン手法であれば実行しても良いのですが、多くのトレーダーがナンピンするのは単に平均取得単価を下げたいからではないでしょうか。
そして含み損が拡大したら天に祈ることとなり、完全に丁半博打となります。

トレードはギャンブルだとか、そうでなくてビジネスだか言われますが、ギャンブルでもいいではありませんか。
確率と統計を味方につけた優位性のあるギャンブルなら良いのです。
理解できない人にいくらトレードはビジネスだといっても理解できません。
だったら堂々とギャンブルすればいいのです。
所詮100%勝てる手法というものはありませんし、トレードに限らずビジネスは皆ギャンブルだと思います。
私のトレード手法もトレンド相場というものが万一この世からなくなってしまえば全く利益を出せずに廃業するか新たな手法を検証せねばなりません。

ただし確率と統計を味方につけなければ遅かれ早かれ退場するか諦めることになります。
運任せのギャンブルはただの娯楽です。
ましてやトレードはパチンコや競馬等とは比べ物にならない額で相場を張ることができてしまうので娯楽にとどまらず身を滅ぼすことになります。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム