*All archives* |  *Admin*

トレードの練習・訓練はルールが厳密に定まってから開始する
練習・訓練というのはルールが固まってからであり、練習しながらルールを構築しようとしてもいつまで経っても決まりません
練習とはデモトレや再生ソフトでの仮想売買および実弾トレードも含まれます。
練習しながら上達していこうと考えるのは愚行と考えています。
ルールが固まっておらず1回1回のトレード結果に固執しあれこれ調整すればするほどドツボにハマります。

まず統計を取り、再生ソフトの過去チャートなどで様々な条件(仕掛けと手仕舞い)の売買の結果のデータを大量に集めます。
そこから試行錯誤し期待値が正のルールを決めます。
それから少額の投下資金で練習を始めます。
これが理想と考えるプロセスです。(当然私は最初理想通りのプロセスはまるで歩んでいませんが、それも貴重な経験です)
ちなみにこの段階で既にルールは決まっているのでデモ口座のデモトレはあまり意味がありません。
少額でもいいので身銭を切る心理的負担を味合わなくては自分の感情がトレードに及ぼす影響を理解できません。

しかし、多くのトレーダーは順序が逆でルールが漠然としか決まっていない状態でデモトレなり実弾トレードをして、そこからルールを作ろうとします。
なぜこれがいけないのかというと、少数の結果に固執してルールをいじってしまうからです。
いつも書いていますが確率と言うのは数百回数千回と大量に数をこなして初めて機能します。
それを「ここはロスカットになってしまった。次回からこういう箇所は見送るべきだろうか?」とか、「仕掛けるか迷っていたら思惑通りの方向に走り置いて行かれた。次からはしっかり仕掛けるべきだ」などといちいち反省しルールを修正することは実に無意味です。
このような反省をして次に生かそうとしても結局見送った時に限って思惑方向に行き、勇気をもって仕掛けをしたときに限ってロスカットになり、また負のスパイラルに陥るのがオチです。

1回1回の結果はどうでもよいのです。
ですから練習しながらルールを固めていこうとしても個々の結果に振り回され、そのままでは一生勝てるようになりません。
人間はどうしても目先の結果にとらわれてしまいます。
トータルで考えるという習慣が日常に無いのです。

まずはルールを厳密に構築してから初めて練習するという土台に立つことができます
ルールが漠然としていたり、期待値が正であるという統計の裏付けがなければ練習以前の問題なのです。
仮決定でもいいので期待値が正のルールをなんでもいいので決める。後からアイデアがあれば修正すればいいのです。
しかし期待値が正のルールが決まっていないのに個々の結果からルールを修正し続けるのは抜け出せない迷宮に迷い込むだけです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク