FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

不平不満を言う暇があるなら感謝する
トレードに限った話ではありませんが、うまく行かない人ほど不平不満を言う事が多いような気がします。
トレードでは、スプレッドが大きく開いたとか、証券会社のツールのチャートが止まってしまったとか、ロスカットが滑ったとか、自分のルールに向いていない相場でトレードチャンスが全然来ないとか、相場が動いてくれないとか、挙げたらたくさんあると思います。
恵まれすぎた環境が当たり前であると感じているので文句ばかり出てきます。

ですが、どこで売買しようと誰にも文句を言われず自由に売買できます。
例えばツールが止まって苛立つならそこの業者のツールは使わなければいいですし、チャンスがなければトレードしなければいいだけ。
(そこの業者以外)誰も貴方に売買してくれとは思っていません。
自分で責任を持ち、業者選びも含めたプランを立てた上で売買をしています。
不平不満をグチグチ言うならトレードしなければいいのです。
例えば業者に対しこうすればもっと良いという意見として前向きに通達することは良い事だと思います。
また、あまりにも顧客に対し悪質であったり不誠実な対応をするような業者だったら自分の見る目が無かったんだなと見限ればいいだけの話です。
ですが、前向きでない不平不満、愚痴は時間の無駄ですし何一つ向上しません。

むしろ今がどんなに恵まれた環境であるか。
昔は敷居の高かった株、先物、為替など、ネットさえあれば注文をワンクリックで即座に成立させる環境。
昔に比べると別次元と言えるほど大幅に安くなってきている手数料、スプレッド。
リアルタイムに値動きがわかるチャート。
(ジェシーリバモアの本を読むと昔はリアルタイムチャートも無く注文も大幅にタイムラグがあることを思い知ります)
入出金もネットで一瞬。
検証にとても便利なエクセルや再生ソフト。(計算もパソコンに頼らず全部手作業だと時間が何十倍もかかるでしょう)

感謝しかないのではないでしょうか?
あれが悪いこれが悪いと文句ばかり言う人が不思議です(笑)
人間当たり前の事には慣れてしまい感謝する気持ちがなくなってしまいますが、相場に限らず当たり前の事に感謝することはとても有意義です。
誰にも文句を言われず自由に自分の意志で相場を張れる環境。
この根本を忘れてはいけないと思います。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム